-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< BLアワード2005を纏めてみた | main | 「ハンサムは嫌い。」/榎田尤利(杜山まこ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「Don't worry mama」/木原音瀬(志水ゆき)
先日初めて買った木原さんです。
本当は「今年の抱負」にてオススメしていただいたものを
先に読んでみようと思っていたのですが
待ちきれなくて期待を胸に先に読んでしまいました。

…裏の「BL界屈指の話題作」の意味がよく分かりました。
凄いなこれ…BLにおいてこれはありなのか?…

とつぶやいていても仕方ないので早速感想です。



Don’t worry mama
Don’t worry mama

木原 音瀬著
ビブロス (2005.3)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細をみる

★衝撃作…?トンチキ作…?

・ ・ ・ ・ ・ ・

☆人物とあらすじ

東山裕一…製薬会社に勤める25歳。
友人曰く外見は「背高く、細くてかっこいい」うえに
人格者と重宝されて信頼されているが
中身はけっこうな粗雑な性格で短気。
しかも紫の君願望があり、美白な美少年がタイプのゲイ。

今蔵(イマクラ)隆…裕一の上司、30歳。
30歳受と言えば働き盛りの美人さん…が定番ですが
「三段首、四段顎」という100キロ超クラスのデブ。
しかも卑屈、頑固、マザコンと、
まるでBL界ではヘレン・ケラークラスの三重苦。
さらにアソコは完全包茎で短小というおまけつき。
とりえはつやつやとした美肌だけである。

この2人が無人島に出張したことが発端でした。
手違いで迎えも来ず、ケータイも使えない状態に陥ります。
お菓子は独り占め、口は悪い。
こんなサイテー上司とどうやって暮らせと言うんだ?
短気な裕一は早速キレて別行動します。

しかし今蔵が死んでやしないかと不安になった裕一が1週間後に戻ってみると
案の定というか生活能力も低い今蔵は野草を食べて下痢をしていました。
しかたなしに自社製品をあげて助けます。

助けたことから段々素直になっていく今蔵。
それに加えきめ細やかな肌、ぷっくりとした腕などに
なぜかムラムラしてしまいます。
あの最低の今蔵にムラムラするなんてっ!と嘆きますが
それでも気持ちは止められず、手を出してしまい・・・。

一方助救助は今蔵ママンと裕一弟が探していますが情勢的には悪いです。
なぜなら、裕一たちの勤める製薬会社が倒産したため。
ほぼ会社からは見放されて、2人の仲は、将来は果たして・・・。

・ ・ ・ ・ ・ ・

表紙が変わってますよねこの本。
一般的にBLの表紙は受けと攻めがバン!とでているのに
この表紙は攻めがメインで受けは後ろから手を回しているだけ。
しかも微妙に太目の手。腹。
ここで気づくべきでしたね。
志水ゆきさんのいい仕事にだまされました。
文に入っても挿絵で今蔵の顔が全身うつることはありません。
お話の最後でやせた後のときだけです。

でも脳裏に焼きついたのは130キロデブ!
ええい、脳裏に焼きついて離れない〜!
あたいはデブ専じゃないのっ!むしろダメ。
書き下ろしの時の顔が可愛かろうと
30超えてても美少年風だろうと
もとがもとだけに萌えない・・・っ!

お話自体は嫌いじゃないです。

ただ分度器の端から端へ転じたような変身ぶりですからね、
これだけの変身は是か非かといわれると…。
裕一が今蔵に惹かれるのもこの緊急状態だからという
免罪符が無いとありえないと思いますしね。
そこは皆様の器量しだいですw

突っ込まないでいられる方、または
「吾こそは兵」と言う方はお読みくださいませ。
| [BL・小説]木原音瀬 | 22:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:59 | - | - |