-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『恋ひめやも』/英田サキ(小山田あみ) | main | 『夜をわたる月の船』/木原音瀬(日高ショーコ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『そして続きがあるのなら』/内田カヲル
昨日が麗人の発売日だということを忘れ、
今朝買いに行った書店に取り扱いが無くて、
帰りに寄った書店でも麗人と萩尾望都さんの
新刊を買うのを忘れてしまいました。
忘れすぎだろ自分!

まあ、いちばん悪いのは昨日行った書店に
麗人が無いことですけれど。(責任転嫁)
一番好きな雑誌なんだけどなあ…。

小冊子フェアもやっていることですし、
ここいらでドーンと!取扱店を増やそうとも
思わなさそうなのが麗人ぽくもある気がします。

さて、今日は麗人で連載中も楽しみに読んでいた
内田カヲルさんの漫画家×編集者シリーズものです。




『そして続きがあるのなら』/内田カヲル
竹書房 (2009/11/27)
【Amazon】

☆あらすじ
やる気のない麻雀漫画誌の編集者・坂口は、打ち合わせ途中に
立ち寄ったコンビニで偶然、高校時代の後輩・藤代と再会する。
藤代は坂口に漫画家になることを諦めさせた才能の持ち主だったが、
漫画を辞めバイト生活を送っていた。
もう一度、藤代に漫画を描かせるためにあれこれ世話を焼く坂口。
代原で書かせた藤代の漫画が評判になり、大手に引き抜かれて
ふたりの関係は終わったかと思われたが―。

*   *   *   *   *   *

私が内田さんにはまったのは「内田かおる」名義時代、
受けが筋肉ムキムキ、すね毛ケツ毛ボーボーかつオヤジ、
という萌えツボがっつりパラダイスのころでした。

なので、ここのところ路線変更気味な内田さんの
向かっている方向と合わなくなってきたかな?と
思っていたところに、この作品です。
クリエータのワーキングが入ってる〜!

ごついオヤジなのに乙女ちっくな受けが
「オヤジの俺なんかあいつには似合わない……」と
逡巡するのももちろん好きでした。

が、しっかりとしたワーキングが入ったこと、
「マンガの才能」という軸があるおかげで、
仕事の領域を超えて面倒を見てしまうのは
才能に惚れているのかそれとも違うのか、
また逆に才能だけを目当てにされているのかどうか、
などのより葛藤のある心理が描かれています。
照れた顔、寂しそうな顔、幸せそうな顔、
表情の豊かさがさらにそれを増幅しています。

もちろん、内田さんの特長である乙女成分や
筋肉・エロい毛の名残はありますけれども、
そちらは若干薄めになり、心理描写が深めの
比較的標準のBLっぽい印象になっています。

……そう、このゲイコミにちょっと近い絵柄で、
けれどBLとしての心理描写はしっかりとしている、
こういう作品が読みたかったのですよ!

このラインの作家さんなんてほとんどいないですもん。
リアルのゲイに近い話が読みたいんじゃなくて、
BLのゲイ+ゲイコミの絵柄が読みたい、
そんな私にはぴったりでした。


それに本誌派として嬉しいことに、やはり加筆多数です。
本誌のときは髪の毛のベタすらなくなっていたページも
ありましたので、さすがに入れて欲しいな、と
思っていた箇所がきちんと完成されていたのが嬉しかったです。
(まあ、髪の毛のベタはなくても陰毛やらヒゲやらは
描いてあるのには尊敬しましたけれど(笑))


おまけマンガも入り、カバー下のお楽しみもあり、
オヤジ受けになりそうな短編一つも入っていて、
とてもお得な1冊でした。

やっぱり麗人はいいクオリティしてるわー。
というわけで、麗人のまわしもののようですが、
スジ筋の絵柄が苦手でなければオススメいたします。


P.S.
同じ竹書房でもラヴァーズはさほど応援もしていません。
| [BL・コミック]内田かおる | 00:43 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:43 | - | - |