-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『そして続きがあるのなら』/内田カヲル | main | 年に1度くらいはCD感想でも書いてみようか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『夜をわたる月の船』/木原音瀬(日高ショーコ)
このごろ、土曜日になると決まって
体調を崩しているような気がします。
平日のツケが来ているのかしら……。

よってまたほぼ布団の中に居たわけでして、
睡眠6割、ゲーム2割、本を読むこと2割、
とどのつまり、ダメ人間でした。

うーん、そろそろ脱却したいなあ、と思いつつ、
聴く音楽は「鬼束ちひろ」、読む本は「木原音瀬」。
憂鬱なときはとことん落ちたほうが治りが早いと
思い手に取りましたが、予想以上に気が塞ぐ話でした。
以下、とりとめのない感想です。



『夜をわたる月の船』/木原音瀬
蒼竜社 (2009/11/20)
【Amazon】




☆あらすじ
ある日河瀬は、上司の柴岡に人事異動をたてにセックスを強要された。
どうしても企画部に異動したい河瀬は、たった一度寝るだけで
自分の望みが叶うならと、嫌々ながらも男の条件を飲んでしまう。
しかし、企画部に移動になったのは河瀬ではなかった。
河瀬は自分の体を弄んだ柴岡を憎み、殺意を抱く。
…それから数年後、河瀬は北海道支部長になった男に再会し…。
心の闇を描いたヒューマンラブストーリー。

*   *   *   *   *   *

「殺してくれないか」ってBLの帯で初めて見たよ!
「美しいことのコンビだから買って大丈夫…よね…?」
と買い手を躊躇させる帯ですよ、もう!
そして中身ときたら帯のまた上を行く話で、
萌えとかキュンとかが遠すぎる話でした。
人によってはラブすら感じられないと思います。

なぜそうかというと、柴岡がわからないから。
彼は、どんなに衝撃的な「事実」を話しても、
「本音」を話すことは本当に少なく、
バンバン挑発と嘘で本音を糊塗します。

むしろ喋らずに態度のほうがわかりやすいのですが、
その態度でさえ賢い彼なら演技しているのでは?と
少なくとも私は疑心暗鬼になってしまいました。
河瀬に対して、愛情があるのかないのか、
その真偽が本当にわかりにくいのです。


河瀬のほうも、最初は嫌悪感丸出しで愛情など
存在せず(木原さんならデフォルトかもですが)、
途中からも何度も死のうとする柴岡を引き戻したり、
どうしようもない感情に引っ張られただけで
なかなかわかりやすい「恋」や「愛」には
繋がってくれず、なんとも言えない気鬱な感情に
読んでいる私も気鬱になってしまいました。

が、なぜかやっぱり引き込まれてしまう木原節。

この話のテーマは「心の闇」だと思いますが、
ブラックホールの中にはなにも「見えない」、
けれど吸い込まれた物質は「ある」ように、
作中で「心の闇などない、他人を理解できないだけ」と
言いつつも、次々に見えてくる河瀬の心の闇に
すっかり取り込まれたような気がします。

そしてラストで柴岡のようやくちらと見えた本音と
ほのかに感じる恋愛感情に救われました。
というか、2人とも救われたと思いたい……。
というかこんなにつらい思いをしてまで読んで
救われない終わりなんて信じたくないです(苦笑)


本はどんな本でもそうですけれど、中でもきわめて、
読みたいように読むしかない作品だと思いました。
世の中の「BLなんて……」と思っている人に
無理やり読ませたい本でもあります。

Boysではないし(50代男性の淫乱受シーン満載)、
Loveさえあやうく見失いそうになりますが、
木原さんの苦くて鬱な味を味わいたいときはどうぞ。

P.S.
一番共感したのが、「空気が読めない人間というのは、
確実に人の怒りツボを押す才能に長けている」でした。
…いや、現にいま、仕事でそういうひとが
いるだなんてああ私の心の闇があばばば(略)
| [BL・小説]木原音瀬 | 23:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |