-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『夜をわたる月の船』/木原音瀬(日高ショーコ) | main | 『最果ての空』/英田サキ(奈良千春) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
年に1度くらいはCD感想でも書いてみようか
四日連続帰宅時間が1時越えひゃっほーい!
というわけのわからない状態です、お久しぶりです。

えっと、まずは謝罪とお知らせを。
最近WEB拍手がリニューアルしたためか、
なぜか今までのアカウントでログインが
できなくなってしまいました。

取り急ぎ新規アカウントをとって原因を
調べていますが、12/2〜13の期間の総計と
コメントのログを取得するのは難しそうです…
拍手orコメントくださった方、大変申し訳ありません。

もう一度コメントしてあげるという方がいらっしゃいましたら、
メールフォームかWEB拍手(現在のは新しいアカウントで
貼り付けなおしてあります)でご連絡くださいませ。

それからお知らせですが、JUGEMの仕様として、
検索してこのサイトに来たのでなくても、
広告が全部の記事に入るようになりました。
金儲けに走ったわけではありません。
別のブログサイトに移動しようかな、と
思うくらいじゃまくさい!改悪だなあ、もう。


さて、こんな時間に帰宅するとさすがに
あんまり本を読む時間が取れないぶん、
残業中にかなりの確率でBLCDを聞いています。

以前は周りにひとがいないときだけでしたが、
最近は濡れ場も平気で聴けるようになりました。
人間の順応性って恐ろしいです。

で、たまには最近ヘビロテで聴いているBLCDの
感想を書いてみようかな、と。
まあ、「CD」と感想一覧に入れてあるのに
今年は1枚も感想を書かないのはどうかと思いますしね…。


では、まず1作目は『座布団』/剛しいら原作。
【寒也(神谷浩史)×要(山口勝平) + 初助師匠(三木眞一郎)】

CD化すると聞いて、初助師匠は難しいだろうな、
誰がやるのでも納得するのには
時間がいるなあと思っていただけに、
三木さんの色気のある初助師匠にやられました……!
(えっ、カップリング?そんなのはどうでもよろしい。)

前述のとおり聴くまでの積んでいる期間が
かなり長かったのですが、聴いてからは
結構な回数を聴いている気がします。

「しょうがないねえ……」と要(勝平さん)を窘める声に
父性とも母性ともつかない優しさを感じたり、
「かなめ……女ってのはね、…」と自らの中の女を
芸事に生かす噺家の苛烈さを感じたりと、
原作に負けず劣らず師匠ワールドでした。
噺の部分は流さないのが残念だけれど…すごくいいです。

あと、要のタマゴ産みとちん筆がノーカットで
来るとは思いませんでした。
声優さんってすごいですね、ほんと。


ヘビロテその2は、『交渉人は疑わない』/榎田尤利原作。
【兵頭(子安武人)×芽吹(平川大輔)】

原作も一級のエンターテイメントですけれど、
CDも素晴らしいエンターテイメントですね!

奈良さんの絵が自然に動くような声のはまり具合、
芽吹と兵頭の掛け合いからはじまるコメディ、
シリアス、エロ、人情話、アクション、の
移行のスムーズさと緩急の付けぐあいといい、
何度聴いても飽きずに聴けました。

それにしても兵頭は声だとなおさら、
ヘタレでかっこかわいいのう……!

とくに芽吹と溝呂木が手錠をかけられた状態で
視姦プレイになだれこみそうになったとき、
自分で仕掛けたのに溝呂木に「勝手に見るな声も聞くな」、
芽吹に「乳首出してんじゃねえよ」ってもう、
芽吹ラブがとまらない感じがすごくいいー!と
残業中のハイテンションがなくてもニヤニヤしちゃいます。
2枚組でボリュームがあるのも嬉しいところ。


さて、最後の3本目は『どうしようもないけれど』/夏目イサク原作。
【黒川(楠大典)×島野(武内健)】

黒川の「仕事のできるゴリラ」が素晴らしい……。
すごく自然で何回も聴きたくなるオヤジっぷりです。

島野視点から見た、下品でガサツでデリカシーない、
けれど必要なところはきゅっと締め、
嫉妬むらむらで余裕がなくなる攻め…。
はいはいどうせ私の好みはテンプレですよと思いつつ、
理想の萌え(のひとつ)という感じがします。

また、なぜかエロシーンから視点が黒川にいれかわって、
島野が外から見てツンデレ全開になった瞬間に、
「かわいいなあもう」と思うシーンは、
本当に島野(と黒川)がかわいいんだもう!

原作で何度も読んでいるシーンのはずなのに、
声で聞くとさらにニヤニヤ度が増してしまいます。
続編は難しいかもですが、出るならまた聞きたいなあ。


と、いうわけでCD三本立て感想でした。
『Sex Pistols』とかもかなりのヘビロテでは
あるんですけどね…、とりあえずこの3本でした。
| [その他]BL・CD | 02:44 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:44 | - | - |