-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 年に1度くらいはCD感想でも書いてみようか | main | 『放水開始! 許可証をください !6』/烏城あきら(文月あつよ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『最果ての空』/英田サキ(奈良千春)
よく寝た…買い逃していた新刊を買いにも行かず、
外に行ったのはインフルエンザの注射のみの土曜でした。
(ただし季節性。少し供給されたらしいです。)

ただ、日曜もがっつり寝るぞと思いきや、
甥っ子という名の台風があらわれて、
強制的に起こされてしまいました。
若い男子(幼児)は無駄に元気ですね……
世の中の母親すべてを尊敬する勢いです。

さて、年末も差し迫ってまいりました時節、
「今年の読み逃したくない新刊を片付けようフェア」
というひとりフェアをおこなっております。
なので新刊感想が増えるかもしれません。

その第1弾、英田さんの『エス』シリーズの
最終巻にしてお義兄ちゃんのスピンオフです。
BLと言えるのか謎ですが面白かった!
以下、感想です。



『最果ての空』/英田サキ
大洋図書 (2009/12/9)
【Amazon】

☆あらすじ
警視庁公安部外事第一課第四係の刑事であり、
ウラに属する江波郁彦は、秘匿追尾していた男に
尾行を見破られるという失敗をおかしてしまう。
そしてその日、上司に呼び出された江波は、
そこで警視正・篠塚英之からある事件の班員に指名される。
篠塚は若くして公安部部長に次ぐ地位にあり、一見穏和だが
常に冷静で、なにを考えているのかわからない男だ。
江波はある事実から篠塚に反抗にも似た感情を持っており…

*   *   *   *   *   *

お義兄ちゃんこと篠塚のためだけの1冊でした。
ただしBL的な意味で幸せになり、江波とイチャコラ……
なんてありがちなスピンオフではありません。
BLに慣れた自分から見れば、流されちゃおうよ!
そっち選んじゃおうよ!と方向を示したくなるほど、
人並みに幸せとは思えない展開です。

けれど、なにも選ばないことを選んでしまう、
茨の道を選ぶ男・篠塚らしいといえばらしいのです。

自分の立ち位置を冷徹に理性的に判断しながら、
すべてを受け止めたうえで、易きに流れず、
ただそこで独りでうつろい生きてゆこうとする、
そんな篠塚の心が少しわかった気がしました。
(理解は出来ないですけれどね…耐えられないもの)

うん……篠塚は、誰も選ばず、生きていくんでしょうね…。
江波が少しは篠塚のテリトリーに入れていたことが嬉しくも、
結局は入り切れはしないのが、とてもせつない。
BLとしてはとてつもないかたやぶりですけれど、
納得させられてしまいました。


でもって、そんな篠塚をあらわす詩歌の引用が
とてもうまかったです。キャラ文庫の『恋ひめやも』でも
詩歌がうまく使われていましたが、こちらでも、
寂しさを表現するツールとして見事でした。

ちなみに引用されていた詩歌は以下の2つです。
「いざ行かむ行きてまだ見ぬ山を見むこのさびしさに君は耐ふるや」
「白鳥は哀しからずや空の青海の青にも染まずただよう」

正しい解釈は知りませんが、篠塚のえもいわれぬ寂しさを
ただただ感じました。詩歌は圧縮された言葉を
自分で解凍して思い思いに受け取れるのがいいですね。
2009年せつなさナンバー1といっても過言ではない!


あと、読み終わったあとに表紙を見返すと、
素晴らしいネタバレ=真髄を表していることがわかりました。
奈良さんの絵は美麗なだけでなく、小説の本質や
世界を1枚で描いているところがプロです。
絵の変遷はどうあれ、この抽出力は凄すぎる!

と、書いたところで、1個だけマイナスを挙げれば、
エス/デコイシリーズを読んでいないと、
カップリングもなにもないので楽しめないかも。
まあ、エスシリーズ読まずに読む人は少ないでしょうが。

エスシリーズを読んだひとだけが楽しめる1冊ですが、
堂々のエスシリーズ完結編でした。
(でも同人誌で続きを期待しています…。)
| [BL・小説]英田サキ | 21:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:56 | - | - |