-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『最果ての空』/英田サキ(奈良千春) | main | 『一途な夜』/砂床あい(亜樹良のりかず) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『放水開始! 許可証をください !6』/烏城あきら(文月あつよ)
今日はいつもよりちょっと早く家を出ました。
タ○ーズで優雅に朝食☆なんてことはなくて、
注文もそこそこに朝からおお振りガン読みしてました。

2期!2期!

13巻も来たけど来ましたよアニメ2期!監督の名前も
同じですし、これは期待していいんですよね!?
来年の春からか、甲子園前のいい時期にやるなあ。
私、来年の春までは頑張れそうな気がします。

さて、「今年の読み逃しちゃあかんだろ新刊フェア」を
ひとり開催中、楽しみすぎて積んでおいた
この作品をついに読みました。
もう読み終わっちゃったのがもったいないよー…。
以下、感想です。




『放水開始! 許可証をください !6』/烏城あきら
【Amazon】
二見書房 (2009/11/24)

☆あらすじ
取引先である大東亜有機の要請でISOの取得に乗り出した喜美津化学。
実質的な先導役を務める弘はその膨大な作業に追われているが、
悩みの種は遅々として進まない製造部の文書作成。
ところが当の本人たちは弘の目を盗み、時を同じくして
行われる消火栓大会の練習に熱中。
しかもプライベートでは前原が母・佐知子に弘との関係を
明かしたことで、弘と佐知子は口もきけない気まずい状況が続いていて…。
次々持ち上がる難題に煮詰まった弘に、前原が施した解決方法とは!?

*   *   *   *   *   *

気づいたら5巻からもう3年も経っていたのですね。
まずは、出してくれてありがとうとしか言えません、
ありがとう烏城さん!ありがとうシャレード!

……なんか信者的発言ですね。でもいいのです、
このシリーズには信者にならざるを得ません。
個性的なキャラクターたちの感情といい、
プッと吹き出す笑いといい(ゲンキデルデルとか)、
そして骨身を削られるように苦しくも、
同時に力強くカッコいいワーキングといい、
この中にしかない面白さがあるのですから!

でも正直、いまの仕事が忙しいテンションで読むと
精神的に来ちゃうんじゃないかなと危惧していたのですが、
むしろ熱いものがこみ上げてきて涙ぐんでしまいました。

共通の利益を求めるためという前提があっても、
それをもとに頼りにして頼りにされ、議論し、
思いやることが出来る信頼関係って、
なんて素晴らしいんだろうと。
(えっと、私は働くのは好きでもないんですが、
スポーツ嫌いがスポーツ小説に感動するように、
ワーキング嫌いがワーキング小説に感動するのは
ありだと思うんですよ、ええ。)
就職活動中の学生にぜひ読んでもらいたいなあ…。


また、今作では「弘と前原の恋愛」だけの枠を超え、
カムアウト済みの前原の母・佐知子や、弘の両親の、
それぞれの感情が吐露されることになります。

急激に関係がよくなるというわけでもないのですが、
それでも、考えて受け入れようとしてくれているところが、
同じ身分(彼氏は居ないが)としては、身にせまって、
また泣かせるんですよ…!(ただし弘の親には笑い込)

うーん、ワーキングと根底にあるのは同じといいますか、
感情にがつんと訴求する真摯さがあるんですよね。

荒っぽくて泥臭くてそれがとても良いエロも健在で、
3年ものブランクを感じさせない大満足の1冊でした。
あと1冊で大団円かあ……いつまでも待ってます。


(20)00年代のBLを代表するシリーズの1つ、
といっても過言では無いと思います。
読みはじめたら面白くて今年中には読めると思うので、
ぜひ未読の方は最初から全巻読むべし!です。
| [BL・小説]烏城あきら | 00:33 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:33 | - | - |