-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2010年1月新刊購入予定リスト | main | 2009年BLコミックベスト10 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2009年非BL小説ベスト10
納会のあとに残業してる私って……私って…!
まあ、とりあえず今年の業務も終わりました。
明日の祭りには参加しませんが、参加される方は
体調に十分お気をつけていってらっしゃいませ〜。


さてこのブログ的に需要があるのかどうかわかりませんが、
せっかく豊作でしたし、記録もとっていることですし、
5年目にして初の非BL小説ベストを選んでみました。

今年は図書館通いをしていたせいか、
ここ10年で2番目に多い冊数でしたが、
けっこうあっさりと決まりました。
(BL小説/コミックは迷って選べないのに……。
萌えとかあんまり考えないからかなあ。)

それでは早速ですが以下にて10位からです。

<リンク・画像について>---------------------
□ タイトルは(あれば)過去の感想に飛びます。
  画像はAmazonに飛びます。
---------------------------------------------

☆10位
『サイン会はいかが?』『平台がおまちかね』/大崎梢
(↑記事中の2番。『サイン会〜』のみ。)
サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ (ミステリ・フロンティア) 平台がおまちかね (創元クライム・クラブ)

日常系ミステリという枠に入るんでしょうけれど、
本屋さん/出版社の営業さんにまつわる事件のみを
描いているという特長があります。
「凄い!」というほどではないですが本屋さん好きなら。
(『サイン会はいかが?』とその前作『配達あかずきん』は
久世番子さんによるコミカライズもあります。)


☆9位
『ガンパレード・マーチ』シリーズ/榊涼介


以前少し触れたことがあるシリーズですが、
設定を生かしつつ魅力的なキャラが活きる原作の序盤、
オリジナル要素・裏設定を盛り込んだ中盤-終盤、
そして現在はゲームのノベライズを超えて、
原作をはなれて新機軸で動く小説です。
昨年末から一気に読みましたが、1つ1つの戦争に
たるみがなく、メッセージも克明で刺激的です。
「原作と違うのはちょっと…」と思われる方も
読む価値アリだと思います。(ただし未プレイの方は
わけがわからない内容なので避けた方が無難です。)


☆8位
『フライ、ダディ、フライ』/金城一紀


勧善懲悪とまではいかなくとも、清々しさと爽快感、
そしてスピーディでユーモラスな展開は随一でした。
映画版でも、クーデレ高校生×ヘタレオヤジに
不覚にもハァハァさせられてしまいました。
劇場で見なくてよかった…!(あやしいひとになるから)


☆7位
『チョコレートコスモス』/恩田陸
チョコレートコスモス

陸、恐ろしい子…!とガラかめファンは
亜弓さんばりの白目をして読むべき作品です。
あれが小説になるとこうなるのね、という
むちゃくちゃ熱い女同士の演技が描かれます。
どう見てもマヤと亜弓さんなのですが、
インスパイアじゃなくてちゃんとオマージュ!
500ページを1日かからずに「読まされ」ました。
ところで亜弓さんにはなぜさんづけしてしまうのでしょうね。


☆6位
『詩羽のいる街』/山本弘


お金も家もないけれど、わらしべ長者のように、
ひとを紹介し循環させ、その報酬をものでもらい、
ひいては幸せをつくりだしてゆく女性「詩羽」を
軸にして描かれる、現代のわらしべ物語です。

ありえないんだけれど、ありえて欲しい「詩羽」が
とても魅力的です。善人も居れば悪人も居るし、
犯罪も当然あるけれど、それでもみんなが
つながることで少しずつ幸せになれる。
現代に欠けている何かが描かれているように思います。


☆5位
『フロント・ランナー』/パトリシア・ネル・ウォーレン


感想を書いてますので手短に。エイズ問題の前時代、
宗教的価値観において差別されていた時代の、
ゲイリブのさきがけ的ゲイ小説です。
女性が著者というのも素晴らしいところ。


☆4位
『武士道シックスティーン』/誉田哲也


「剛の女の子」と「柔の女の子」、言い換えれば、
「今時ハエを箸でつかむ人の兵法にこだわるヘンな子」と
「日舞の影響で動きがヘンなチャンバラ剣道の子」と
お互いに評しそうな女の子達が出会い、その対比、
剣道に対するスタンスの対立、そして理解、
はたして剣道を含む「道」とはなんぞや、ということを
双方の目を通して感じることができます。

本の作りも面白く、紅と白の2本のひもがついており、
剣道にふさわしいつくりになっています。
こういうのはハードカバーならではのあそびですよね。
なお続編の『武士道セブンティーン』『武士道エイティーン』、
コミカライズ作品もあり、映画化も予定されています。
(エイティーンは私は未だ読んでません。来年のお楽しみに。)


☆3位
『新版 小説道場』/中島梓


これも感想を長々と書いているのでここでは軽めに…。
小説では無いですけれど、そこらの小説よりも
読み応えがあります。特に、1巻〜2巻あたりの
テンションの高さと熱気は一読の価値ありです。
これがあっての今のBL、ひいてはこのブログがありますね。


☆2位
『ななつのこ』/加納朋子(←記事中の5番)


こちらも軽めに。今年は、『シンデレラ・ティース』(坂木司)、
『タルト・タタンの夢』『ヴァン・ショーをあなたに』(近藤史恵)
など、多くの日常系ミステリに手を出しましたが、
その中で、構成の妙に驚かされた作品でした。
続編の『魔法飛行』『スペース』も素敵でした。


☆1位
『十二国記シリーズ』/小野不由美
図南の翼―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)
(↑これはシリーズ中最も燃えた作品。珠晶大好きです。)

何年か前に2冊ぐらい読んでやめちゃった自分を
説得しに行きたい。もっと早くに読んでおけっ!
ええ、いまさらはまったんです、ええ。
……面白いものに出会うのは何時だっていいじゃない!
というわけで主上のご慈悲(新刊)を希う民草の仲間入りです。

異世界の雰囲気がいい、異世界での冒険が楽しい、
キャラクタの個性が面白い、ショタ黒麒麟萌え…とか
色々と理由はありますけれど、ファンタジーの中で、
麒麟(宰相)と選ばれた王により国が栄え衰退する
システムの不合理さ理不尽さなど、神や政治への
提議も描き出しているところがたまりません。
この作品ほど、「突然王に選ばれた」というドリーム設定が
嬉しいと思えないファンタジーがあるのでしょうか(笑)

でもって恐ろしいことにまだ完結してない……!
どのくらい待てば完結するのでしょうね、これ。
最近は短編をいくつか書かれてはいるようですけれど、
単行本になるのはまだ先だろうし……
続きが読みたくてたまらないよう。
来年こそ出してくだされー!という念もコミで1位です。


というわけで、豊作だった非BL小説ベストでした。
明日はBLコミックベストかな…それでは、また明日。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2009年 | 23:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:28 | - | - |