-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2009年非BL小説ベスト10 | main | 2009年BL小説ベスト10 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2009年BLコミックベスト10
部屋片づけを半日近くやっているのに終わりません…。
本以外の片付けは1時間ちょっとで終わったんですが、
本の片付けだけはつい読んでしまって終わらない!
今は目をそらしてこちらを優先してます。

しかし今年は心を鬼にして、
「いつか再読するかもしれないのでとりあえずとっておこう枠」
「再読しないだろうけどちょっとお気に入りだからとっておこう枠」
のリストラをしました。すごくもったいないですけれど、
スペースは有限だし、買い戻そうと思えばたいていの本は
買い戻せるし、とダンボール3箱分を処分することにしました。

……まだ心が躊躇してます。忘れようと思うものの、
忘れようと思ってる=忘れてない証明なんだよなあ。

まあそれは忘れて、↑の処分の範囲には決して入らない、
2009年コミックベスト10です。
今年も豊作だった…!それでは以下にて。


読了数(母数):218冊(前年比約-17%)
-----------------------------------------------------------
・今年の新刊のみではありません。2009年刊の作品は 印です。
・リンクのタイトルは感想へ飛びます。画像はAmazonに飛びます。
・1作家につき1作品のみランクインするルールにしました。
-----------------------------------------------------------

☆10位
『そして続きがあるのなら』/内田カヲル


内田かおるさん、もとい内田カヲルさんの
新境地への面白さをこめてのランクインです。
毛と肉体の描写量は以前の30%減ですが、
そのぶん創作という軸を通しての関係が繊細で良い!
ただし毛と肉体の描写量比は当社比なのでやや注意を。

☆9位
『アイツの大本命2』/田中鈴木


2冊目、ということでどうしても新奇性に欠けてしまうので
ここになってしまいますが、それでも安定した面白さのある、
不細工受けBLの代表格ともいうべきコミックスです。
来年早々の3巻が待ち遠しいシリーズですね!
(あ、上半期ベストに挙げた作品はコメント比較的短めです。)


☆8位
『幸せになってみませんか?』/腰乃


8位〜6位の順位はどれも同率5位といってもいいくらい、
迷いに迷いました…これが8位だなんて豊作すぎるぞBL!
というわけで腰乃さんの2冊目がランクインです。
1冊目よりエロスは控えめですが、テンポのよさと
ノンケが意表を突かれつづけるリアルな展開にやられました。
腰乃さんも1月に新刊があるので嬉しいなあ。


☆7位
『丸角屋の嫁とり』/山中ヒコ


今年初読みだった作家さんはこの方くらいかな?
『初恋の70%は、』からはまり、『王子と小鳥』も読み、
どの作品も面白かったですが、『丸角屋』が一番好みでした。
「間」のとり方が非常に上手いため、簡潔で読みやすく、
けれど読後感に心地よい余韻が残ります。


☆6位
『窓際の林檎ちゃん』/恋煩シビト


今年は、商業BLコミックに擬人化の波が来た年かと思います。
『Baby Vol.10』、『肉体派 Vol.14』などアンソロの特集、
駅、ニッポン、七福神、カレンダー…etc.、そんな中で、
もっともオススメしたい作品が『窓際の林檎ちゃん』です。
表題のWinとMacだけでなく、ホテル/旅館擬人化も、
歴史や性質や客観的印象を的確に捉え、キャラクタを
絡ませる擬人化力(いま名づけた)が抜群に素晴らしく、
擬人化が苦手なかたでも楽しめる作品だと思います。


☆5位
『プライベート・ジムナスティックス』1〜3/藤たまき


むちゃくちゃ切ねえーッ!
今年の泣きコミックスNo.2でした。(No.1は後ほど)
モノローグと童話のような絵で、少年達の揺れ動く心に
どっぷりと集中できます。ディアプラスらしい!


☆4位
『セブンデイズFRIDAY→SUNDAY』


上半期ベストでも書きましたが、2年越しにようやく完結です。
1週間だけなのに心情の移り変わりが絶妙で、
とても長い1週間のように感じられました。


☆3位
『子連れオオカミ』/井上佐藤


最萌えという意味ではこれが1位かもしれません。
子持ちバツイチ同士というシチュエーション、
子供達への無償の愛情、大人同士の愛情と葛藤、
どれもこれも素晴らしい……!


☆2位
『猿喰山疑獄事件』/遙々アルク


「なんか絵が苦手」ですって?
ええ、そう仰る気持ちもわかります、私もですから。
読みなれた今もなおこの方の絵は苦手なんです、正直。
けれど、最後の5ページの破壊力は、この作品を
今年の泣きコミックスNo.1に押し上げる威力です。
これはキャッキャイチャイチャBLではなくて、
BLを通して人間を描こうとする、いわばBLの純文学。
堅いのが苦手でも、ぜひ1度覗いていただきたい世界です。


☆1位
『俎上の鯉は二度跳ねる』/水城せとな


与太話からさせてください。
非腐女子(と思われる)の同僚O(仮名)と本屋に行ったとき、
M:「あ、この人知ってます?ダークで面白いんですよー」
自分:「知ってますー。黒くて重いけどいいですよね」
M:「さすが(?)ですねー。私は放課後保健室が好きなんですけど。
 このひと、ボーイズラブっぽいのも描いてるみたいなんですよ」
自分:「そうなの、知らなかった(そっけなくさらりと嘘)」
M:「私もちょっと読んだことないんですけど…」

喝ーーーッ!!

これを読まずに語るんじゃあないわよーッ!
(彼女も隠してるとも考えられるが、なら自分から話を振らないはず。)
と、言ってもいいくらいの壮絶な作品です。
BLレーベルではないけれど、1位にせざるを得ません。
『窮鼠はチーズの夢を見る』をさらに濃密にした
ドロドロの展開と結末の美しさは一生残る……!
文句なしに確定の、2009年マイベストワンです。

*   *   *   *   *   *

以上、コミックベスト10でした。

他にも上半期で挙げていてもランクインしてない作品や
『人はなぜ働かなければならないのか』、『ダブルミンツ』、
『兎オトコ虎オトコ 1』、『千夜一夜-しとねのひめごと』など
たくさんいい作品があるんですけどね。

自分のベストを見ると、商業ではあまりコミックスを
出されていない作家さんが多いなと思いました。
(2位〜4位、6〜8位すべて著作が5冊以下)

それだけでは安易に「BLの将来は明るい!」とは
考えられませんが、来年も、面白いコミックを
描く方がたくさん出てこられるといいな…と思います。

それではまた明日、小説ベスト10にて。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2009年 | 00:18 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:18 | - | - |