-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2009年BLコミックベスト10 | main | 2010年のごあいさつと抱負 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2009年BL小説ベスト10
大晦日の今日、大掃除を途中でほっぽりだして、
書店とマンガ喫茶で現実逃避してきました。

こんなに本が溢れているのになんでまた外で
本を買ったり読んだりしてるんだか……。
本読みはみんなそうかと思いますが、
自ら率先して賽の河原で罰を受けてるみたいですね。

まあ、帰ってきて一応片付けも終わり、
いい気分で新年を迎えられそうです。

それでは昨日に続き、BL小説ベスト10です。
もんのすっごく、迷いました!
選んだ今もまだ順位に迷いがあります。
それほど良作に恵まれた年でした。

それでは、以下にて。


読了数(母数):356冊(前年比約-19%)
-----------------------------------------------------------
・今年の新刊のみではありません。2009年刊の作品は 印です。
・リンクのタイトルは感想へ飛びます。画像はAmazonに飛びます。
・1作家につき1作品のみランクインするルールにしました。
-----------------------------------------------------------

☆10位
『追憶の獅子 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla 追憶の獅子


単品としても素晴らしい出来ですが、3作目までの
「駄作・凡作・斜め上作」のあとでよくぞここまで
こぎつけたなあという、「よく頑張ったで賞」も
含めてのランクインです。


☆9位
『嘘と誤解は恋のせい』/小林典雅


「コメディ部門」なら紛れもなく1位です。
計算しつくされた典雅節の率は若干減りましたが、
典雅さんへの門戸が広くなった作品かと思います。
私はこのくらいのBL配合率、好きだなー…。


☆8位
『貴公子の求婚』/和泉桂


「日本の歴史もの部門」「不細工受け部門」でダブル1位!
平安時代の優雅な世界と、不細工で平凡な朝家の
とんでもない可愛さが素晴らしかったです。


☆7位
『最果ての空』/英田サキ


12月に滑り込みランクイン1冊め!
エス/デコイシリーズを見事にしめくくった
スピンオフ完結編。義兄ちゃんの孤独と美しさ。
装丁も含め、2000年代の必読シリーズのひとつかと。


☆6位
『茅島氏の優雅な生活』1〜3/遠野春日

(画像・リンクは1巻)

5位に続き、部門では区分できない作品ですね。
無理やり分けるなら「茅島氏部門」というくらい、
茅島氏の不可思議な魅力にやられた作品でした。


☆5位
『COLDシリーズ』/木原音瀬

(画像・リンクは1巻めの『COLD SLEEP』)

大好きで、記憶障害にならない限り一生忘れられない作品に
なりそうなのですが、『COLD FEVER』の衝撃が強すぎて、
読み返せそうにないという点でマイナスしてこの位置に。
でも一度は読んでおくべき作品でした。出会えてよかった!


☆4位
『上海』/かわい有美子


12月に滑り込みランクイン2冊め!(29日に読んだ…)
近年「執事」がはやりですが、過去にもこんなに
すばらしい執事ものがあっただなんて!
人種差別、身分違いの恋、激動の歴史、
当事者にとってはたまったもんじゃありませんが、
悲劇であればあるほど盛り上がる素晴らしいロマンスで、
電車の中で涙がこみ上げてきてとまりませんでした。


☆3位
『交渉人は振り返る』/榎田尤利


総合的なエンターテイメントという点で、
榎田さんのこのシリーズの右に出るものはありません。
CDも抜かりなく面白く、どちらもオススメです。
次の作品は来年に出るのかな?楽しみです!


☆2位
『唇にキス 舌の上に愛』/高遠琉加


最後まで1位にするか2位にするかで激しく迷いました。
「人間は愛とメシ」を繊細に描いた究極の完結編です。
短編で入っていた一(いち)のスピンオフも来年中に
出てくれると嬉しいなあ……。


☆1位
『放水開始! 許可証をください !6』/烏城あきら


迷いましたが、1位は許可証シリーズです!
出たというだけでもランクイン必至ですし、
面白さが全く衰えてないということで堂々の1位です。
こちらも2000年代の必読シリーズですね!

*   *   *   *   *  *

以上、BL小説ベスト10でした。
ちなみに他のノミネート作は以下のとおりです。
・『恋ひめやも』/英田サキ
・『快楽の支配者』『罪深き誓約』/暁由宇
・『初心者マークの恋だから』/いつき朔夜
・『はつ恋』『蛇とワルツ』/榎田尤利
・『お仕事ください!』/音理雄
・『プレイス』/木原音瀬
・『棒投げ橋で待ってて』/小林典雅
・『オレ以外立入禁止っ!』/月夜野亮
・『愛しているにもほどがある』/中原一也
・『花嫁はマリッジブルー』『花嫁は今夜もブルー』/凪良ゆう
・『恋愛・教師~Color of Snow』『ナルシストの憂鬱』/西江彩夏
・『楢崎先生とまんじ君』/椹野道流
・『忘れないでいてくれ』/夜光花

今年の特徴でもありますが、シリーズが多いので
どうしても思い入れ的に単品は選びづらかったです。
どれも面白かったんですけれどね!

また、ビーボーイやルチルから絶え間なく
出された新装版が複数ランクインしました。(4位〜6位)
純粋に2009年の作品と呼んでいいのが微妙ですが、
新装版にならなければ出会わなかった作品も
多いですし、名作が埋もれるよりはずっといいですよね。
来年も新刊・新装版問わずよい本に出会えるといいなあ。


今年は後半から記事数・内容ともにパワーダウンした感が
否めません(アンケートとかできなかったしね!)が、
続けられたのは見てくださる皆様がいるからです。
見てくれている人がいる、コメントや拍手をくれる人がいる、
そういった気持ちでの支えがなければ、
正直、心が折れてしまっていたかもしれません。
ほんとうに、どうもありがとうございました。

それではよいお年をお迎えください!
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

P.S.
たぶん明日も新年の挨拶がてら更新しますけどね!
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2009年 | 23:21 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:21 | - | - |