-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2010年BL系感想一覧 | main | 2009年下半期ワースト5 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「このBLがやばい!2010年」の感想
今日から仕事始めのかたが多いかと思いますが、
私は珍しく休みです。ほっほっほ、幸せです。

さて、今年の「このBLがやばい」アンケートには
協力しなかったので自腹で買ってきました。
だから好き勝手言いますよ!(今までも言ってる)

正直、ランキングはさほど読みたいわけではなくて、
ダブルミンツとセブンデイズのショートコミック、
水城さんと須和さんのインタビューが読みたくて…。

期待通り、水城さんのインタビューは良かったです。
BL(男同士の恋愛)だけどBLではない、という話は納得です。
須和さんも…なんつーか、須和さんって感じです。(?)
ダブルミンツとセブンデイズも短いながらも
その後が見れてにやけてしまいましたね、ええ。

そして密かに楽しみだったマルコさんの
帯レビューはさすがの切れ味でした。
BLがネタ扱いされるのは嫌いなんですが、
帯に関してはこちら側でさえつっこみたくて
しかたないからまったく気に障りません。
ほんと面白いな……このひとの帯レビューは…。


さて、メインのランキングは主眼でないにせよ、
載っている以上、比較したくなるのが人情というもの。
で、10位までがどのくらいかぶっているか見てみると、
ほう…ふむ…コミック4点、小説3点ですか。
まあ、ちょうどいいというところでしょうか。

『俎上〜』が一致していたのは嬉しいですが、
しかし、このランキングって毎年疑問が残ります。
まあ、もちろん人それぞれなんですけれど、
「好き」という定義が曖昧というか……、
どういう観点で選んでいるのか謎ですよね。
そうとでも思わなきゃBL有識者の回答の中で
『俎上〜』が46点しかないなんて…ねえ。

好みや萌えはそれぞれですから、それをただ単に
まとめただけでは総意にはならないんですよね。
好みって難しいなと考えざるを得ません。

せめて萌えとして好きなのか、それともそれ以外の
要素(ストーリーとか)で好きなのか、に分けたら
意外と納得できるランキングになるんじゃないかなあ。
(ちなみに自分のベストは萌え度外視。オヤジ偏重になるので)

自分にとっては萌えるものを読みたいときと
純粋に読み物として面白いものを読みたいときって
明らかに違うので、BLの特殊性を鑑みるに
ばっさりと分けちゃってもいい気がします。

去年までマイ定義で答えておいて言うのもなんですが、
今のように単なる平均値をとるよりいいかなと。
って、私はそういう読み方をしているからであって、
分けられない人もいるだろうしなあ……うーん。
他の方の考えも知りたいところです。

あ、せめて有識者全員の選考ポイントや萌えを
一言で書いておいてくれれば納得しやすいかも。


ついでに、BL有識者の中で有識者と多くの人が
認めるのってしをんさんぐらいじゃないのかなあ。
知名度という点でも、レビュアーという点でも。
「BL好き」ぐらいにしとけばいいのに。(それじゃ普通すぎるか)

BLというジャンルの幅広さと萌えの奥深さを
網羅できるガイド本なんて無理でしょうけれど、
もうちょい工夫をお願いします、という長いひとことでした。

P.S.
3位にそれがはいるぐらいなら山中ヒコさんのを
どっちでもいいから入れてくれというのは
それこそ私の好みとわかっていても言いたい。
それにしても小説の不遇っぷりは異常です。
せめて5位まで選ばせてくれればいいのに。追伸長っ!
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 22:54 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:54 | - | - |