-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「このBLがやばい!2010年」の感想 | main | 『華やかな迷宮』/松岡なつき(よしながふみ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2009年下半期ワースト5
こんばんは、半年に一度のうっぷん晴らし企画、
またの名をワースト5のお時間がやって参りました。

…といいつつ、上半期もそうでしたが、
さほどひどい本にあたりませんでした。
ストライクゾーンが広がったこともありますが、
「あっ、これはトンデモ的に面白そう!」と
なんでもかんでも飛びついていたのを、
ネットで真なるトンデモかただの駄作かを
調べてから買うようになったのもあります。
これって進化?いいえ、深化です。

というわけで、どちらかといえば、
日頃からどうかと思うことに言及するための
やつあたり企画として捉えていただければと思います。
それでは、苦手な方は以下お引き返しください。




5位・『極道さん、治療中!?』/永谷圓さくら


☆視点がわかりづらかったで賞



タイトルと表紙どおり、ヤクザ攻×歯科医受。
自分より年上なのに、そんなにもおばかさんで
大丈夫なのかなと思ってしまう受はよくいるし、
そういうものが読みたいときはいいと思います。

がしかし、これはもう好みなんでしょうけれど、
自分にとって読みにくくてかなわない……。
自分で文章の勉強をしているわけではないし、
どこが合わないとはうまくいえないのですが、
混乱してしまいました。たとえば、こんな文章です。
もう二度と会えないと、奢られたまま会えなくなるのだと、胸が痛んだのを思い出す。
だから少しでも警察から遠ざけるように、多くの鍵の扉の向こうに行きたくて、二階まで行こうとしたと鳴海は言う。 (p.39)
えーっと……?「思い出」したのは鳴海だから、一人称?
でも「鳴海が言う」から三人称で鳴海視点か、
でも鳴海視点なら普通に喋らせればいいのに
なんでわざわざ地の文で伝聞ぽくなってるの?

……という風にどこの視点で見ているのか混乱して、
読むのにものすごく時間がかかってしまいました。
自分の頭がよろしくないのとスルーできないしつこさが
原因なのでかなり八つ当たりです。

また、地の文での「だって、〜」「〜とか」の多用、
「態々」「奇怪しい」「豪い」などの読みづらい言葉や
常用外の言葉もあいまって、リタイアしかけた作品でした。


4位・『姫巫子は王の腕に抱かれる』/月夜野亮


☆物語以前の問題で賞



王と巫女が身分を知らず草原の一夜で惹かれあい、
王が巫女を街へ連れて行き受けが悩むといった話で、
舞台設定は奇抜でしたが、BLらしい話です。
全体的にほややーんとした雰囲気は嫌いではありません。

けれど、誤字がひどすぎる!
何ページだかメモるのは忘れてしまいましたが、
たとえばこんなものがありました。
「どうなされなのです」
お前がどうなされたと聞きたい。
「居てきれます」
きれちゃあかんやろ。
「人工の川の囲まれている○○」
『人口の川「に」〜』か。一瞬川の中にあるのかと思っちゃった。

私は誤字はあまり気にしないほうなのですが、
目立つセリフ中や、一瞬意味がわからないレベルの
誤字ってどうなんでしょう。著者だけの問題じゃなくて
編集者側の校正も杜撰としか言いようがありません。

1つ1つは取るに足らないけれど確実に読む気が
失せてしまうというか、ドラ○エでマホトラを
連発するザコにあったような気分です。

物語自体は普通なのでワーストに入るかは微妙ですが、
気分を害するという点では確かに上位な5位でした。


3位・『恋愛の条件』/金田えびな
画像なし

☆一番裏切られたのはだれで賞

裏切られました!もちろん、悪い意味で。
恋人の浮気に憤慨する性格が悪い受けが、
生徒であり一企業の社長でもある高校生とともに、
復讐をしようとするというお話です。

そんなスーパー高校生が予備校に通うの?とか、
恋人には攻だったのにノンケに流されて受に変化するのは
どうなんだ、その転換って大変なんだぞ、という部分も
大いに突っ込み甲斐がありますが、さておくとして。

なんだかんだでその生徒に惹かれてしまって、
そして仕事も彼氏との関係も危うくなってきて、
おお、この危ない展開はいい感じ!と思ったら、
なんで投げっぱなしなんだ!アイアム置いてけぼり?

あんまり展開に突っ込むのは好きじゃないですが、
なんでそのタイミングでスーパー攻にありがちな
テンプレ(買収)が発動する…復讐劇はどこへ…
性格悪い受が単なる流され受で終わりじゃないか……。

ありがちではない獣道展開を走っていたはずだったのに、
実はアスファルトの道路を走っていたような気分です。
期待させられた分、落差が大きかった1冊でした。


2位・『ヴィレッジの掟』/クリストファー・モーガン
画像なし

☆下品すぎて耐えられなかったで賞

ここからは八つ当たり成分一切なしですよ!
皆様は「ラヴェンダーロマンスシリーズ」という
白夜書房のゲイポルノ翻訳小説をご存知でしょうか。
私も全然知りませんでしたがこちらの記事が面白いですよ、
というお知らせをいただいて初めて知りました。
(ワースト記事なんでリンクしづらいなあ……)
こんなダメそうなシリーズがあったとは…!
その中でも一番くだらなそうなのを選んでみました。

大失敗。

マッチョ志願がフィットネスジムでマッチョに罠にはめられて
盗撮されたビデオを奪還せんとする話なんですが、
登場人物が信奉するマッチョイズムに反吐を吐きそうでした。

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」んだったら
毎年のように起こる体育会系部員の暴行事件は
どうなんのよ、という考え方の私なので、
登場人物が受け付けなくてダメでした。

そして、原文からなのか翻訳からなのか知りませんが、
言葉が下品すぎる!「パイオツ」などのように
響きはまだ笑えるような単語はマシにせよ、
「おま●こ野郎」だの「チン●ス」だの、
あ、もちろん本では伏字なしでの下品な言葉が
野郎系ゲイビデオのノリみたいで苦痛でした。
ターゲット層が非常に謎な作品でした。


1位・『夜を統べるジョーカー』/高岡ミズミ


☆ワーストも統べたで賞



毎年恒例の『Charaバースデーフェア』は
露骨な在庫処分だなあと思うのですけれど、
それは大人の事情で、福袋だって抱き合わせの
在庫処分だけれど喜ばれているじゃないか、
フェアとはそういうものだろうと思わなくもないので、
どうせ小冊子に踊るしかないなら、普段読まない作家や
あまり読まない作風の作品を読むのにいい機会だ、と
考え方を逆転させるようにしています。

けれど、これはちょっと、上記の欺瞞で自分を
騙していられないほどにつまらなかったです。
今まで読んだ高岡さんの作品は合わなくても
超絶つまらないと思ったことはなかったんですけど…。

何が、っていわれても「全部!」としか言えませんが、
ヤクザ×ジャーナリストでドラッグ問題も絡んだ
裏社会ものなのに、どうみても凄腕には見えない攻と、
フリーとしてやっていけそうにない受が、
理由もわからないうちに惹かれあっちゃって、
ぬるーくぬるーく何が解決したかもわからず終わり。

この裏社会ものBLというジャンルには『エス』という
素晴らしい前例(『エス 残光』が2006年、この本は2008年)が
あるわけで、読者の目も非常に厳しくなるジャンルなのに、
リアリティもかっこよさも萌えもない裏社会ものなんて
ムスカにとってのラピュタから落ちてゆく人だよ!

2009年の上半期に勝るとも劣らぬ、
まさにワースト1を統べる作品でした。

*   *   *   *   *   *

あーすっきりした。
こんな個人的理由も含む否定的な記事を
ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

明日から仕事が通常営業&週末は遠方での法事が
あるため更新がちょっと途切れるかもしれません。
お知らせまで…。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2009年 | 22:07 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:07 | - | - |