-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 2009年下半期ワースト5 | main | 『成澤准教授の最後の恋』/高遠琉加(高永ひなこ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『華やかな迷宮』/松岡なつき(よしながふみ)
衝撃の事実!というほどでもないのですが、
「ワーストだから苦手な方はお引き返しください☆」
と普段書かない注意を書いているのに、
なんでまれにみるページアクセス数なのよ!
そしてユニークアクセスも冬休み中の
どの日よりも多い……まったくもう!

そんな皆さんが大好きです。ありがとうございます。

さて、『華やかな迷宮』を休み中に読み終わりました。
やっぱり面白いな、松岡さんの歴史ものは。
既に周知の作品ですが、感想です。




【Amazon】
(5巻で完結)


☆あらすじ
叔母を頼って王宮へやってきた青年貴族・ガブリエル。
彼の美しい姿と心は、快楽に倦んだ王宮でいきなりの嵐を呼び、
決闘を申し込まれることとなった。ガブリエルの立会人に
指名されたのは、妻をなくし恋心をも喪ったベルナール。
心も身体も生まれたての産毛をまとったガブリエルの手をとり、
剣と王宮暮らしを指南するベルナールだが……。

*   *   *   *   *   *

実はこの作品の1〜2巻は2007年に読んでいたのですが、
なぜか3巻以降は読んでなかったんですよね。
まったくつまらないわけがないのに不思議です。

F&Bとほぼ同年代、ヴァロワ朝最後の王・アンリ三世が
君臨していた頃のフランスを舞台にした歴史ものBLです。

まず圧巻なのは、沈みゆく王朝に仕える貴族の描写です。

王が王として適任でなく、政治が立ち行かなくても、
他の有力者に移行すれば内乱が起こるのは必須、
そうして弱体化した国の末に待っているのは他国の侵略、
よって王が健在でなければ国そのものが滅びる……
そんな絶対君主制のマイナス面が全開の時代に、
一介の貴族が、いかに生きていたかというリアリティが凄いです。

F&Bのようなタイムスリップものの要素はありませんが、
その時代の人間しか登場しない分、登場人物の考え方も
「その時代の常識」にのっとっているわけで、
より現実味のある歴史ものになっていると思います。

史実とちょっと変えている部分もあるそうですが、
そこで資料を探そうというほどの熱意は無くて
ただ歴史ロマンに浸りたい、という程度の
歴史好き(=私)にはぴったりです。

そのわりに、書かれている時代は1580〜1590くらいの
約10年弱と長くはなく(途中でけっこう飛んでますし)、
1冊1冊のページ数も歴史ものとしては多くなく、
三連休費やして読むのにちょうどよいボリュームかと。


BL面においてはどちらかといえばあっさりです。
美青年ガブリエルがベルナールと友人となったのち、
事故のようなきっかけで肉体関係が発生してから、
次第に伴侶としての愛情を着実に深めてゆくという、
ゆっくりとしていて派手でもありません。

しかし面白いのは、歴史もの、特にフランスのせいか、
普段だったら甘すぎて歯が飛んでいくセリフも
気にならずむしろノリノリで楽しめるところ。
「あなたを得るためだったら、誰よりも頑強で
我慢強い狩人になりますよ」(1巻 p.192)
「私の守護天使……きっと、その魂は黄金で
できているに違いない」(2巻 p.94)
うひょー!狩人!守護天使!書き出すとこそばゆい!
けれど本の中で読むとしっくりくるんですよね、ふふふ。


ただ、よしながさんの挿絵はカラーは良いんですが、
モノクロになるとさほど華がないというか、
なぜかこのひとの裸絵を見ると、見てはいけないものを
見た気になるんですよね……なんでだろう。苦手です。
服装とか小物は素晴らしいんですけれどね。

というわけで今年の抱負1つクリアー、
かつ、楽しめた歴史ものBLでした。
| [BL・小説]松岡なつき | 00:13 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:13 | - | - |