-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『華やかな迷宮』/松岡なつき(よしながふみ) | main | 『つる草の封淫』/沙野風結子(朝南かつみ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『成澤准教授の最後の恋』/高遠琉加(高永ひなこ)
ワースト記事で申しましたとおり、
親戚関係の法事へ行ってきました。疲れた…。

故人が亡くなったことへの悲しい気持ちも、
移動した距離が長かったのももちろんですが、
親戚の老人どもの「そろそろ嫁はまだか」
「子供はまだか」コールが老人+酒=リピートで
なによりこたえましたよ!

20代で嫁、30までに子供、という現代の未婚率と
出生率をまったく反映していない認識が
田舎ではいまだに根強く残ってるものですねえ。
心の中で供養するから四十九日はパスさせてね、○○(故人)。

さて、疲れきった復路の車内で読んでいたのが
こちらでした。癒されるゥしびれるゥ…。
以下、短めに感想です。



『成澤准教授の最後の恋』/高遠琉加
角川書店(2010/1/1付)
【Amazon】

うちのPCは「准教授」が変換候補に出ません。
「助教授」がいい!という主人の影響でしょうか。
成澤には「准教授」が似合ってますけれど。

☆あらすじ
フランス文学部准教授兼有名翻訳家の成澤は、強い雨の夜、
非常階段で死のうとしていた蒼井を助ける。
彼は馴染みの出版社の新米編集者だった。
その時の思い詰めた表情が気になり、次の仕事を
受ける代わりに、無理やり蒼井を担当に指名した成澤。
厭世的で人との関わりを避けてきた自分とは違い、
純粋で常に前向きな彼に、恋に堕ちたと自覚した成澤は、
どうしても君が欲しいと、蒼井に想いを告げる。
しかし、頑なに自分を拒む彼には、癒えない心の傷があると知り…。

*   *   *   *   *   *

ルビー文庫の感想なんていつぶり?と
思い出せないほどにルビー文庫の作品には
とんと食指が動きません。
なぜかというと、ひとことで言えば典型的だから。
紙(これは全部)も内容も分量も薄くって、
「出会ってセックスして誤解してすれちがって、
ハッピーエンド」という共通の雛形が、
よりはっきりと見えてしまうというか……。

けれど、それでもやっぱり贔屓の作家さんだと
ひと味もふた味も違うなと感じました。
それこそがご贔屓なのかもしれませんけれど(笑)、
まず、本編ががっちりと攻めの成澤視点であること。
これが、受け視点が圧倒的に多い雛形は異なります。

第二に、「誤解」も「すれちがい」も成澤側、
上に立っていた(アレのポジション的意味ではなくて)と
思われ、選択していた側が痛手を受けていること。

自己中な成澤は「笑う顔が見たい」と蒼井にハマり、
それでも自分が選択してあげたと思っていたのに、
実は蒼井は成澤を代替として利用していたという、
ショッキングさが、1つめの成澤視点とあいまって、
小気味よくも痛切に響きました。

木原さんの小説ではよく見られることですが、
追われる者の側がいつのまにか追う側になっている、
この転換はいつ読んでも気持ちがいいです。


蒼井の心境の真相については激しくネタバレなので
避けますが、「初恋+良心の呵責」が高遠さんの
文章で綴られると…切なさがこみあげます……。

それだけに、最後に付け加えられた蒼井視点で、
過去を受け止めたうえで今を大切にする姿に、
ああ、成澤と幸せであってほしいなあ、と
より好感を覚えたキャラクタでした。
(ちなみに成澤を利用したのは好感度に影響ありませんでした。
それよりも成澤が当初いけ好かないやつだったからね!)


「攻に愛される受」を「受けを愛する攻」の視点にして、
遊びから次第に本気になる気持ちの変化を細やかに
美しい文章で彩るとこのような作品になる、
というお手本のような作品でした。
普段ルビー文庫を手に取らない方にもオススメです。
| [BL・小説]高遠琉加 | 00:06 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:06 | - | - |