-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 不遇は現実に即しているか | main | 『いじめて、そして愛して!』/賀田まいと(桑原祐子) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『茅島氏の優雅な生活』/麻々原絵里依(原作・遠野春日)
ひさしぶりに2日とも家に居られた週末のせいか、
ものすごーく長い睡眠時間をとってしまいました。

今日なんて、2時就寝→10時起床→14時に昼寝→20時起床と
14時間もベッドの中にいたことになります。
なんという非生産的生活……!
でも、本を読みつつぐーたらするのって
なににもかえがたい幸せなんですよね……ぐー。

あ、麗人の申し込みはその隙間にやっておきました。
届くのが楽しみだな〜。

さて、今日はようやく読んだ茅島氏コミックス版です。
こちら「も」すてきな茅島氏でした!
それでは、以下にて。




『茅島氏の優雅な生活』/麻々原絵里依
芳文社 (2009/3/28)
【Amazon】


☆あらすじ
茅島氏はやんごとなき筋とも縁が深い孤独な資産家。
そんな茅島氏が何を思ったか、嵐の夜に突然、
ずぶ濡れで庭師の家を訪れ…告白をした。
高飛車で一方的な求愛に庭師は怒り、意地悪な注文を
つけたが、世俗に疎い主人は驚くほど素直で……

*   *   *   *   *   *

別の茅島氏なのに、ちゃんと茅島氏だ……!

小説における挿絵が、とても重要なファクターなのは、
読み手がその挿絵の顔でキャラを脳内で動かすためであり、
作品のイメージそのものであったりもします。
だからこそ挿絵が変わると非常に抵抗感があります。

よって、新装版の日高さんの絵で「茅島氏」を
動かしていた自分にとって、麻々原さんの茅島氏を
茅島氏として受け入れられるか微妙でしたが、
大丈夫でした。っていうかこれ「も」、いい!

旧版の史堂さん版(私はこれを読んだことはないけれど
茅島氏はこの絵!という人もいる)、新装版の日高さんの挿絵、
そしてコミックス版の麻々原さんの絵……、
どの茅島氏にも支持者が存在している、
こんなに幸せな挿絵遍歴を持つ作品は、
BL広しといえどこの「茅島氏」だけではないかと。


受け入れられた理由として、麻々原さんの絵が
もっている独特の堅さが、浮世離れしていて、
そして硬質な茅島氏にぴったりだったからかと思います。

もちろん、硬質なだけではなく、庭師の彼には
一途で、非常に可愛らしくなる茅島氏も
これまたぴったりです。かわいいよ茅島氏!と
原作でも思ったことを、そのまま描いてある感じです。
絵が違うのにこのシンクロ率は凄いなあ!

庭師の彼は、どっちかというと日高さんのほうが
好きなんですけれど、それでも麻々原さんの
コミックスにしては多い肌色シーンで、
茅島氏にベタ惚れになってゆく描写が
はしばしに見られたのは良かったです。

また、以前わからん!と書いていた風景部分が
補足されたのがとても嬉しい!
セレブな家セレブな生活、そして、庭師の彼が
手をかけている庭……両親を亡くした茅島氏が
庭で泣く一連のシーンは風景あってこその素晴らしさ。
どうしても貧困な脳内のイメージでは
補えない部分を見事に描写してありました。


毎日晴天シリーズや木原さんのergo掲載作のように、
挿絵の方がシンクロ率の高いコミカライズを
されている作品はありますが、挿絵と異なる方による、
こんな高シンクロ率の作品はおそらく稀有でしょう。
幸せなコミカライズだと思います。

受け入れられるかはわかりませんが、原作ファンなら
読んでおいて損は無い作品だと思います。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 21:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:55 | - | - |