-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『茅島氏の優雅な生活』/麻々原絵里依(原作・遠野春日) | main | 『心まで縛りたい』/砂床あい(小山田あみ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『いじめて、そして愛して!』/賀田まいと(桑原祐子)
「あなたは何のためにBLを読んでいますか?」と
問われてもひとことで言い返すことはできません。
しかし、読んでいる理由のうちの1つとして、
「トンデモBLに出会うため!」と答えることは出来ます。

こんばんは、タイトルと出だしでおわかりのとおり、
トンデモアワーのお時間です。

賀田まいとさんは以前オヤジ本を探していたときに、
『おじさんと呼ばないで』という作品を
手に取ったのですが、面白いもののそこまで
印象を残す作品ではありませんでした。

が、この作品はものすごーく面白かったです。
もちろんトンデモ的な意味で。

(Tさん、いつも私のトンデモツボを的確に押す本を
オススメしてくださり、ありがとうございます。)

というわけで、以下、笑ったら負けな感想です。



『いじめて、そして愛して!』/賀田まいと
ビブロス (1998/07)
【Amazon】

☆あらすじ
養父兼ご主人様を亡くして悲嘆にくれるぼく・友里の前に
現れた狼のような男・リュウ。彼はご主人様への復讐の為、
ぼくをいたぶろうとするのだけど……
実はぼく、いじめられると感じちゃうの!
お願いリュウ、ぼくのこともっといじめて、そして愛して!!

*   *   *   *   *   *   *

あらすじからフルスロットルですねー、はい。

本編に入りましても勢いは衰えることなく、
ご主人様とのプレイ描写、しかもトゲをとったバラを
尿道に挿すトンデモプレイからはじまります。
その様子を見てご主人様曰く、
「なんて綺麗な一輪挿しだろう」(p.11)
日本古来から嗜まれている見立てですね、わかります。
これだからセレブは!

ただ、これは読み手に苦痛でもなんでもないのです。
なぜなら友里がドMで喜びまくっているからであり、
コメディだとわかるからです。
(なお、友里は天性のMであり、ご主人様にもらった3歳時の
誕生日プレゼントは三角木馬です。……恐ろしい子!)

かようにしあわせな日々を送っていた友里でしたが、
しかしセレブなご主人様はあわれSM中に腹上死。
当然途方にくれる友里曰く、
「どうして、どうしてぼくを残して逝ってしまったんですか?
ぼくは、まだまだ性機能のピークにも達していないんですよ!」(p.32)
心配する方向違うから!
というように、友里は見た目は天使なはずなのに、
中身はドライでしたたかでネジがとんでるのです。
(ある意味英才教育の賜物ともいえるけれど…)

そして、その思考回路は、ご主人様に代わるSが
いないことを危ぶませ、友里は憂鬱になってしまいます。
その気鬱を、襲ってきたリュウの一派で発散します。
といっても普通の発散方法じゃありません。逆です。

ふつうBL的に、というか一般的に考えても、
襲われるのは受身側への冒涜であり屈辱ですが、
彼はもうこの世の春とばかりに喜びます。
きょうは、ぼくのラッキーデーだろうか!? (p.65)
くっ…この受、史上最強すぎる!

そしてその一件でリュウにSの素質と自らの初恋を
見出し、持ち前の策略と演技で見事ゲットするのでした。
めでたしめでたし!(やけくそ)


なのですが、そんな最強の友里にも試練が訪れます。
それは、リュウにドSになってほしいのに、
リュウが非常に心優しき攻だということです。
愛すれば愛するほどやさしくなってゆくセックス…、
さて、その欲求不満はいかに解消する!?
というのが、書き下ろし分の後編です。

まあ、これ以降は読んでのお楽しみですが、
こっちも電車の中で笑いを抑えるのが大変でした!
友里の言い回しというかトンデモな思考回路から
紡がれるヘンな筋が通った考えがとてもいい。
1か月分の笑いをかみ殺してしまいましたよ…。

そのほかにも、
・勉強やスポーツで性衝動が抑えられるなら、世の中これほどエッチな雑誌やビデオがあふれてないよ。(p.49)
・想像力さえあれば、書斎も立派な拷問部屋。文具も素敵な責め道具。(p.74)
・(略)ブランコに、こんな使い方があったとは――(略)人間の創造力には底がないね。(p.91)
など、ある種の哲学を感じさせる、
すばらしい名言が書かれております。

こんな突き抜けたトンデモ、めったにありません!
トンデモ好きなかた、とにかく笑いたい方にぜひオススメです。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:21 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:21 | - | - |