-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『いじめて、そして愛して!』/賀田まいと(桑原祐子) | main | 『ボクの彼氏はどこにいる?』/石川大我 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『心まで縛りたい』/砂床あい(小山田あみ)
今日は木曜日、あと1日で週末!
もうだいぶ作業が落ち着いてきたためか、
今週は1週間がなんとなく長かったなあ。

しかし今年も、はや20日が過ぎたわけでして、
12分の1の3分の2だから、えーと18分の1が
終わってしまったわけですね。
そう言い換えると早い気もするんですよね…。
早く積読を減らそう。(なんでもそこに帰結)

さて、『いじめて、そして愛して!』に続き、
ツッコミがいのあるやばいタイトルですが、
中身は比較的普通に面白かったです。
それでは、以下にて。




『心まで縛りたい』/砂床あい
白泉社 (2009/4/17)
【Amazon】


☆あらすじ
相坂千宗は会社の先輩に誘われ訪れたハプニングバー『es』で、
凄腕の緊縛師レイと出逢う。レイにステージに上げられた挙句、
緊縛されて未知の快感に襲われた千宗はすべてを忘れようとするが、
後日、千宗の勤務先にフリーのSE兼ITコンサルタントとして
現れた久我玲一こそがレイだった。
そして久我と共に勤務する3ヵ月間で、千宗の中にあった
久我の評価は次第に変化してゆくが……

*   *   *   *   *   *

表紙も(エロス的賞賛の意味で)「やべえ!」ですが、
中身はどちらかといえば柔らかめです。

というのも、ハプニングバーだの緊縛師だの、
妖しい単語は出てきますが、攻めのレイいわく、
「緊縛とSMは必ずしも一致しない」そうでして、
彼は緊縛専門のプレイヤーだからなのです。
だから、ただ縛るだけでして、SMにつきものの
言葉攻めやSMっぽいだけの傲慢な攻め方は皆無です。

それに加え、インサートを含んだ山場的濡れ場が
比較的遅め、しかも、それは思いが通じた後で
無理やりでもなんでもないラブラブだからです。
SM系の話にしては珍しいですよね、そういうの。

かといってエロくないわけではなく、
十分に、縛りシーンはエロいです。
残念ながら私は緊縛については興味がないので、
「そういうのもあるのか!(by 孤独のグルメ)」としか
思わないんですが、縛りの描写がこまやかで、
それだけでもエロスを感じるものがありました。

あ、挿絵の力も多分にあると思いますけれどね!
とくに緊縛絵は、エロティックを通り越して
鑑賞に値する麗しさがあるほどです。
ボクサーブリーフに食い込んだ縄は凄い!
(そしてカバーをかけたら大変な中表紙も!)

ただ、特殊な性癖をもった者同士の満足感ですから、
SMと根本的には近い味わいとはいえ、
SMを期待したら物足りないかもしれません。
が、私はこういう新奇性は嫌いじゃありません。
ロープアーティストなんてはじめて聞いたよ!


そこそこページが割かれたワーキングも地味ながら
興味深く、さすが『一途な夜』を書いた方です。
特殊職業ものや一風変わった設定を、設定だけで
終わらせない作家さんとして認識してよいかな……?

でもこの間の花丸のフィギュアスケートものは
それほどでもなかったからな……うーん。
あと1作、様子見といったところでしょうか。
あとがきで書かれているように、それがスカ○ロで、
しかも面白かったら確定でしょう、きっと(笑)

久しぶりに花丸BLACKで満足した作品でした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:47 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:47 | - | - |