-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ボクの彼氏はどこにいる?』/石川大我 | main | 2010年2月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『Jの総て』1〜3/中村明日美子
昨日は一日中引きこもりだったので、
今日は健康的に外でいきいきと!ということで
図書館・マンガ喫茶・書店へ行ってきました。

そしたら、残念な事を2つ発見してしまいました。
1つめは、古書店そのものがなくなっていたこと。
別のテナントが入ってる!全然知らなかった…。

世知辛い世の中だぜ、と、他の古書店に
行きましたら、2つめの発見、レイアウトが
大幅に変わっていたことです。

今まで独立していたBLをなぜラノベと
少女マンガの間に置くかな、もう!
しかも、ニア/BL、小説/コミックがごっちゃで、
全部嗜む派ならいいけれど、そうでない人には
非常にめずらしくて嫌なレイアウトですよ。
昼番のいつもの女性店員がいない&この有様は、
あの店員でもっていたということか……?
変わらない限り、2度と行きません。
さようならレイペンバー。

さて、前書きが長くなりましたが、
今日はいまだに読んでいなかった『Jの総て』です。
なんで今まで!と思う反面、今読めてよかった、
とも思いました。以下、感想です。




『Jの総て』1〜3/中村明日美子
太田出版 (2004/06)
【Amazon】
(画像とリンクは1巻)

☆あらすじ
父と母を失い、寄宿舎学校で新たな日々を
歩み始めたJだったが、運命の人・ポールとの
出逢いが彼を変えてゆく…真実の愛と
自分の姿を求め、彷徨う魂の物語。

*   *   *   *   *   *

実は1巻だけ(3年ぐらい)前に読んでいたのですが、
なんだかグロいと思ってやめちゃったんですよね。
(いまだに黒明日美子さんはあまり得意ではないですが)

しかし今、改めて読み返し2巻3巻と続けて読んで、
3年前の自分、バカちん!と後悔するくらい面白かったです。

どこが面白い!というのは、多すぎてひとことでは
上手くいえないんですが、巻ごとに違う要素が
デカ盛りにつめこまれているからかと思います。

たとえば、1巻は、非常に重い過去(父親に犯され、
そのシーンを見た母親が父親を殺した)を
背負い、危ういものを含んだJUNE的雰囲気や、
トーマの心臓のオマージュとも思える描写により、
少年愛的な雰囲気を味わうことができます。
(ポールとモーガン/ユーリとオスカーの立ち位置、
キリスト系の宗教観……似てますよね。
まあ、番外の『ばら色の頬のころ』を読むと
2人の関係が全然違うことがわかりましたが)

2巻は、1960年前後のアメリカのニューヨーク。
ソドミー法が施行されていて、キリスト教の観念よりも
「正しくて強いアメリカ」を求める世相の時代、
オカマ(Jは狭義でのトランスジェンダー?)が
異端扱いされ、表紙のようにどれだけ縛られ、
混迷した人生を送ったかという、1巻の雰囲気とは
まったく違った衝撃を与えてくれます。

そして3巻はゲイ編(もっとも今のBLっぽくはある)で、
宗教観・偏見を乗り越えてJとポールが愛し合い、
家族の新しい形態までが描かれています。

以上のように、それぞれまったく違う要素を
個別で描ける作家はたくさんいると思いますが、
純情から退廃までを1つの話で、しかも、
Jという1人の人生を通して描ける作家が
いたでしょうか、いやいないでしょう。
やっぱり明日美子さんは、すごい。


BLから出たのではなくても、このような
素晴らしい作品が出てとても嬉しいです。
そのあとここからピュアだけ汲み取ったような
『同級生』も出してくれたわけですしね!
(あ、そういやJ・ポール・モーガンのビジュアルって
受攻は逆ですが草壁・佐条・原センと近似ですねー)

こういう受け入れ方ができるようになったのも、
『同級生』で白い明日美子さんを読めるように
なったからですかね。継続は力なり。(ちょっと違うか)

いちおう「BL」ですけれどBLではない、という表現が
これだけ似合うのはめずらしい作品でした。

P.S.
番外の『ばら色の頬のころ』はハードだけどピュアピュア。
矛盾してるけど萌えという点ではこちらが強いかも。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:23 | - | - |