-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2010年2月新刊購入予定リスト | main | 『卒業生(冬・春)』/中村明日美子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『夜毎の鎖』/暁由宇(小路龍流)
ああ……憂鬱です。なにがって、明日、
急な飲みになってしまいました。

一週間頑張った自分へのご褒美♪に
明日美子さんの『卒業生』を金曜の夜に読んで、
思う存分萌え萌えしようと思っていたのに!

正直断りたいけれど、断れない事情がありまして、でも、
「相談は就業中にお願いします。(BLで)忙しいので!」
といって逃げてしまいたい衝動に駆られています。
土曜日に回すか……うう。ジレンマです。

さて、今日は暁さんの3P本です。
この方、やっぱり普通じゃないものを感じさせますね。
以下、感想です。



『夜毎の鎖』/暁由宇
雄飛 (2001/09)
【Amazon】



☆あらすじ
多額の借金を抱え込んだ桐原郁(かおる)。彼はその返済のため、
ある資産家の邸宅に、住み込みで働くことになった。
数日は何事もなく未来への希望も見えてきていた郁だったが、
恋人同士だと思っていた雇用主の宗太郎とその秘書的な
立場の将(すすむ)のセックスに参加しろという命令に驚愕し、
またいくら雇われている身とはいえ、と抵抗を示す。
だが、その態度に憤った宗太郎は、郁にではなく将に罰を与え始めて…

*   *   *   *   *   *

いままで3PBL小説を何十冊と読んできて、
遅まきながらようやく確信がもてました。
「3P」とは、パターンのバリエーションはあっても、
あくまでシチュエーションです。(ほんとに遅い!)

多くの作品では、シチュエーション以上でも以下でもなく、
幼馴染み・先輩後輩・ライバルなどの対比した性質を持つ
2人の攻に愛される受(このパターンがほとんど)という
シチュエーションのために書いているという気がします。

あ、それは悪いってわけではなくて、そういうお約束も好きです。

……が、やっぱりシチュエーションの一言では
言い切れないもの、なんらかの意図が
こめられた作品も読みたい、というのが人情。

で、この作品では、体の関係から入った3人だったら
いったいどうなるか、というテーマで描かれています。
あとがきで、このプロットを提出したところ、
「こういう設定について、データがないもので」と
編集者さんが当惑気味だったらしい…それほど、
テーマが練りこまれた3Pは少ないってことでしょうかね。

話の進みがちょっとプロットそのままっぽくもあり、
片方の攻の心境が読みづらい点もあるのですが、
それでもテーマがこめられていることに喜びを感じます。

で、結局落ち着くところは1対1の関係であり、
表紙を見れば本命はわかりきっているんですけれど、
片方がお釈迦様の手のひらで踊っていると思えば、
逆に想定外の働きをして北風と太陽チックになっていたり、
「どちらが本命になってもタイミングによっては
おかしくなかった」という受けの本音のとおり、
もしかしたらこっちに……?と思わせるような、
3人でいるころのバランスがとてもいいのですね。

それでもって、落ち着いた後も、固定ではなく、
ちょっとずれた位相で関わっているのがまたいいのです。
型破りといいますか、あまりお目にかかれないなあ。

そういえば、著者の『ワインレッドの誘惑』も
三角関係がかなり変わった位相でした。
『ワインレッドの誘惑』は終わり方が中途半端でしたが、
今作はちゃんとオチているので満足でした。


萌えや、感動とはちょっと次元が違うんですけれど、
こういった話もあるんだなあ、という感慨を覚えました。
なんかどっぷり3P愛好家って感じの感想ですねえ、はは。
Don't be afraid! 3Pどんと来い!

ちょっと変わった3Pをお求めのときは、どうぞ。
| [BL・小説]暁由宇 | 23:37 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:37 | - | - |