-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ミクロレベルまで愛して」/中原一也(夏目イサク) | main | 「君のために泣こう」/英田サキ(北畠あけ乃) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「脱がない男(上・下)」/木原音瀬(志水ゆき)
記事が2冊目になりましたので
木原さんの個人カテゴリを追加しました。

またもや中古書店で発見しました。
それが不思議なんですよ。
この前「Don't worry mama」を買ったときは
無かったのに次の日行ったら棚にあったんですよっ。
ラッキーだったから文句はないですけどね。

それでは早速ネタバレ感想です。



脱がない男 上
脱がない男 上

木原 音瀬著
ビブロス (2005.8)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細をみる

脱がない男 下
脱がない男 下

木原 音瀬著
ビブロス (2005.10)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細をみる

☆紹介文
上・お洒落とはほど遠い学生生活を送ってきた甲斐谷は、大手化粧品会社に入って三年目。ふわりと甘い香りをさせる美貌の男・藤原が上司だ。仕事はできるし、付き合いたがる女の子は数知れぬ藤原だけど、甲斐谷には気障でイヤミな男としか思えない。おまけに新発売の男性化粧品をめぐって藤原と対立。そんな折、藤原がエッチの時にも決して服を脱がないという話を聞いた甲斐谷は…!?

下・コネで入社した大手化粧品会社で、やっと思い入れたっぷりに取り組める仕事に出会えた甲斐谷。だが、その新製品への意気込みは、男前だけどとことん気障でイヤミな上司・藤原に挫かれまくる。藤原の弱みを握ろうと企んでみたものの、同僚からの勘違いも手伝って、事態は思わぬ方向に! 思ってもみなかった藤原の秘密とそして壮絶な色香。甲斐谷の運命は…!?

☆オススメ!!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

上巻の話の流れは甲斐谷と藤原が新しい化粧品について対立して、
甲斐谷が卑怯な作戦をとると言う端的に言えばそういうストーリーですね。
もっとあるんですけど長いので自主的にカット!ほぼ感想だけ書きます。

上巻はアマちゃんの甲斐谷にイライラします。
どんなに藤原がイヤミでも本人も仰るように
社会人として当たり前のことばっかりです。
それに仕事のことで対立して通らなそうだからって
藤原の弱みを握ろうとする魂胆も最低の一言に尽きます。
仕事は仕事で見返せや!
嫌な上司なんてどこにでも居るんだよぉ(泣)

藤原さんがどんなに気障っちくてもここは
仕事ができる藤原さんの圧勝ですね。

彼の服を脱がない理由には脱帽しましたw
片○○ねぇ…。そりゃ恥ずかしいわね。
コンプレックスも手伝えば余計にね。


下巻の流れは片○○を知られてしまい脅迫されたものの
それがきっかけとなって藤原は甲斐谷に対して打ち解けて
そのうちに藤原に恋してしまった甲斐谷が
またもや片○○をネタに脅迫する感じです。

甲斐谷…成長しない子ねっ!仕事の面では随分大人になったけれど
そっちの方面では攻め方を知らないと言うか…。

ただ、甲斐谷のいいところは志水ゆきさんの表紙絵が
かっこいいところ(かっこよすぎない?)…だけでなく、
藤原の幼い頃から高校まで虐められてた原因で、
大人になってからも服を脱がないくらいの劣等感をもっている
片○○をはっきりと可愛いと宣言することです

自分の欠点を愛してくれる、肯定されるのって
なによりも嬉しいことです。相手が本心から言ってくれれば。
根が深ければ深いほど、救済の力も強いはず。
肯定の愛情に藤原さんもついに陥落。

彼のいいところはそういう好き、可愛い、と
必死にストレートにワンコのように攻めるところが良いですね。
つーか、それだけしかいいところ無い。
こういう卑怯な奴は嫌いなんだよねー、私。
(それでも可愛いと思えるところもあるから不思議ですがw)

まったくもって下巻でも藤原さんのほうが素敵…。
片○○のことで泣く藤原さんも、女連れの甲斐谷に嫉妬する藤原さんも、
甲斐谷に対して気取らず素直な藤原さんもマジ萌え

ともに藤原の悩殺魅力に溺れましょう…。
仕事は厳しく体は淫乱な受けが好きな方に☆オススメ!!

P.S.上巻の表紙が藤原さんで下巻が甲斐谷です。
| [BL・小説]木原音瀬 | 00:17 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:17 | - | - |