-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『卒業生(冬・春)』/中村明日美子 | main | 『隣人には秘密がある』/秀香穂里(山田ユギ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『永遠のボーイフレンド』/吉池マスコ
今朝寒かったから布団をなかなか出れなくて、
そのせいで、出勤時にマンガと読みかけの小説の
2冊しかバックの中に入れてなくて、やばーい、
これじゃお昼休みで読むものを切らしちゃうわ!と
乗換駅の書店で何かおよこし、と物色していたら、
『チャンネルはそのまま!』の2巻を見つけて
助かったのよねえ、やっぱり書店は頼りになるわ。
BLがヘンな品揃えなのはカンベンして欲しいけどね!

こんばんは。
今日の感想の作品の主人公がオネエなので、
珍しくオネエ言葉で書いてみました。
オネエが素に近いので、普段よりも
ずっと書きやすいくらいなのよね。
せっかくだから今日はずっとこれで行こうかしら?
…うーん、より僻地になりそうだからやめておくわ。

普通の言葉に戻して、それでは以下、感想です。



『永遠のボーイフレンド』/吉池マスコ
竹書房 (2010/1/27)
【Amazon】

☆あらすじ
繁華街で小さな花屋を営む、顔はゴツいけど、
心はオトメなみちる姉さん。惚れっぽくて世話焼きな
彼女を慕って今日も沢山の人々が店を訪れる。
バイト店員の学校の先輩・克彦もその一人で、
毎日見せに顔を出してはみちるに憎まれ口を叩いて帰っていく。
克彦を見ているとなぜか懐かしい気持ちになるみちるだったが……

*   *   *   *   *   *

えー、表紙イラスト左の人物がみちる姉さんです。
お分かりですね、さほど美しくはありません。
「イケメンだけど喋り方はオネエな攻」だとか、
「オネエっぽいけど芯は男らしい受」だとか、
そんなBL的オネエの概念に縛られていない……
というか現実ならこっちが圧倒的に多いタイプです。
BL的な役割だと二丁目のバーのママにしかいないタイプ。
……やってくれるぜ吉池さん+バンブー!

しかし、このみちるさん、主役ではありますが、
みちるさんシリーズ(と帯に書いてある)では、
ずっとカップリングに属しているわけではありません。

3話で構成されているなか、1話目は、
みちるさんが親同然に育てた比呂樹(ひろき)と
元先生がカップリングとなっており、いわば、
「親」として悩む姿が描かれています。

2話目では、イケメンバイト店員・祐太と
彼のいとこのひっくんの間とりもつ、
「ネエさん」として人の好い面が描かれています。

3話目で一応カップリングには属しますが、
激しい描写はなく、しかも、過去の恋愛が
メインなので主人公らしからぬポジションです。
…むしろカップリングに属しない時間のほうが多いですね。

しかし、前述のとおり「親」として悩みながら
息子の幸せを思うがゆえに憎い男に頭を下げたり、
「ネエさん」として人の気持ちを汲み取ってあげたりと、
単なる攻/受の魅力とは別の、人としての
魅力が存分に描かれてします。

そして重ねて3話目で苦々しくも美しい過去の恋が
描かれることで、「みちるさん」という人物の魅力が
3方向、立方体のように浮かび上がってくるのです。
吉池さんは連作での人物の描き方がうまい!

それに過去の恋も、嫌いで別れたんじゃない恋人同士が、
今でも互いに相手のものをとっておいた、って
それだけで泣けてきちゃうじゃないのよ!反則だわ…。


あと、みちるさんが正真正銘のオネエだからこそ、
お仲間とかけあいをする場面がよくあります。
これがまた面白いんです!たとえば、
お気に入りのを例にあげてみますと。
(お仲間):「何かこう… 甘酸っぱ系? 恋愛の匂いを感じるわ〜!」
みちるさん:「それはアンタの鼻が腐ってる匂いよ」
(お仲間):「根性腐ってるアンタに言われたくないィ〜〜!!」(p.46)
……こういうの大好き!
こんなとこもみちるさんの魅力の一角です。

もう1シリーズの大学生×塾講師は吉池さんらしく
エロくて、でもどこか可愛げのある話でした。


表紙だけで判断するとなかなか手が伸びづらいかも
しれませんが、1回手に取ればこっち(?)のものです。
ぜひお試しを。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:17 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:17 | - | - |