-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『永遠のボーイフレンド』/吉池マスコ | main | 興味のゆくえと2010年1月の読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『隣人には秘密がある』/秀香穂里(山田ユギ)
バレンタイン商戦が始まっている今日このごろ、
見ていると気分が華やいでいいものですが、
ついつい買い物欲が出てしまいます。

しかし、4粒で可愛いチャームもついてお得な1500円です!
なんてのは庶民感覚がはたらいて買えません。
が、そのハイプライスのコーナーの先に構えている
ロ○ズを見ると、あらお安いなんて錯覚して
買ってしまうのですよ……くっ、やり手だな。

まあ、要は比較すると安く見えちゃうわけで、
キャラ文庫は昨今のBL文庫事情から考えると
500円台でお得に感じるなあということです。
ページ数もないのに600円代はきついよなあ……。

まあ、それはさておき、秀さんの新刊は
いい意味で期待を裏切られました。
以下、感想です。




『隣人には秘密がある』/秀香穂里
徳間書店 (2010/1/27)
【Amazon】

☆あらすじ
祖父が病に倒れ、ボロアパートの管理人を任された大学生の太一。
クセ者揃いの住人は売れっ子ホストにパチプロ、
中でも一番厄介なのがポルノ作家の吉住だ。
クールな眼鏡越しに「どの場面で発情する?」と
自分の新作を読ませて、反応を観察してくる。
始めは反発していた太一だけれどある夜、吉住が密かに住人達と
アパートを抜け出す現場を目撃!!彼が隠す秘密に好奇心を煽られて…。

*   *   *   *   *   *

ポルノ作家攻めでこのあらすじで秀さんだったので、
ポルノを読み聞かせたり同じセリフを言わせたり、な
B級臭ただよう作品を想像していました。
表紙がそう言ってるんですもの!(早とちり)

実際のところは、意外にも温まるお話でした。

家族の縁が薄い太一にはじまり、ボロアパートの
すばる荘に集まる人々は程度の差はあれど、
それぞれなんらかの傷を抱えています。
それだけだと暗い話にもなりかねないのですが、
皆で共通に打ち込めることがあったため、
傷の舐め合いなど暗い展開にはなりません。

むしろこれから太一を含めた住人全員が
ひとつのことに打ち込むことで刺激を受け、
変わってゆく様子を描いているので、
ちょっと(年齢的に)遅めだけれど、
心地よい青春群像劇と言えるかと思います。

この作品、たしか仮題が「すばる荘の絆」だったかと
記憶していますが、今回はそれくらい照れちゃう
タイトルでもよかったんじゃないかなあ。

また、意外意外といってばかりなんですけれど、
意外にエロがそのぶん控えめ、抑えめです。
作品全体にはあっていると思います。
ユギさんの挿絵もエロは少なめながら素晴らしい。

あ、ユギさんの挿絵といえば。
住人全員が登場している絵が2点もあります。
想像できるとはいえ、ワキの個性も重要なので、
そういう挿絵があるとイメージしやすくて嬉しいところ。
サブカップル未満この先未定な関係の2人も
含まれていますから、よけいにありがたいです。


あと、あまりこれは感想と関係ありませんが、
太一のポルノ小説についての述懐ににやっとしました。
吉住の仕事にけちをつける気は毛頭ないが、惜しい。
これでもう少しミステリ要素を増やし、そのぶんポルノ部分を
抑えめにすれば、一般エンタメの世界でもハードな物語が
売れているいま、きっともっと多くの読者がついてくれるはずだ。
しかし、カバーから堂々とヌードの女性が絡み合っているとなると、
手に取るひとはかなり絞られてしまう。とはいえ、
本人が楽しんで書いているものを、傍から『もったいない』
というのも図々しいことこのうえない――(p.71)
よいミステリ風BLに対して抱える心境そのものですな(笑)

というわけで、秀さんの新しい一面を見られた作品でした。
秀さんを読んだことのないかたにも、オススメです。
| [BL・小説]秀香穂里 | 00:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:28 | - | - |