-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 興味のゆくえと2010年1月の読書メーターまとめ | main | 歌舞伎『染模様恩愛御書』のもろもろ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『アダルト・エデュケーション―紳士調教』/鳩村衣杏(祭河ななを)
週に約1回のお楽しみ、マンガ喫茶に行ってきました。
『BASARA』をようやく読み終わりました。
骨太なのに少女マンガ。面白かったです。

続けて読みたいのは『7SEED』なんですが、他にも、
『トッキュー!』『BANANA FISH』『摩利と新吾』
『日出る処の天子』『てるてる×少年』などを
読みたくて、どれから読めばいいやら……。

BLは、過去の作品、2000年より前の作品は、
たとえ名作と言われるものでもなかなか買わずに
手に取ることができないのと対照的ですよね。
うーん、うらやましい。

さて、今日は鳩村さんの新刊感想です。
年下攻め&ワーキングでした。
それでは、以下にて。



『アダルト・エデュケーション―紳士調教』/鳩村衣杏
ムービック (2010/1/29)
【Amazon】


☆あらすじ
デザイン会社社長として仕事に追われながらも、
気楽な独身生活を存分に謳歌している巴響市・42歳。
だが今、響市は部下であり、取引会社の社長子息でもある
伏見成(しげる)になぜか組み敷かれ、ベッドの上で拘束されていた。
ひと回り以上も年下の成に「あなたの身体に一目惚れしました。
なので、自分好みに調教します」と宣言されてしまう。
激しく抵抗する響市だったが、立場を利用した脅しと、
男を知りつくした成の巧みな愛撫に屈するしかなく…。

*   *   *   *   *   *   *

「鳩村さんで……調教?スーツを着てるのに
くるぶしソックスな就活生並に違和感だわ」と
思ってしまったこのタイトルとあらすじですが、
中身はさほど調教といった内容ではありませんでした。
(関係ないけど全国の就活生、毎日寒いけど頑張れ〜!
ついでにくるぶしソックスは萌えるけどダメだよ!)

というかいつもよりワーキング色が強いくらいです。
鳩村さんのワーキングは好きですけど、
初ルナノベルス、ちょっと肩すかし……。

まあそれはさておき、ワーキングにおいても、
「教育」がメインだったのではないかと。

伏見は巴の会社のメインクライアントの
社長の息子であるというコネを用いて、
入社への足がかりを作りました。

そのことについては2人とも納得済みで、
むしろ新人としては異常な有能さで、
巴が傍に置いて教育したい!と思うほどで、
コネであることに拘りをもっていませんでした。

しかし、伏見が仕事でコネを持ち込んだとき、
「コネ」に対する2人の捉え方が変わります。

コネを利用しつつも父親に複雑な思惑をもつ伏見は、
コネを使うことで利益と同時に会社に対して
どんな不利益があるかを、巴に諭され知ることができ、
また、コネでの一足飛びを許せないと巴は言いつつも、
いちどは伏見のもたらすコネを受け入れた自分が
矛盾していることに気づくことができたのです。

ワーキングでの意見や考え方の対立って、
反駁しつつ、相手の言い分も正しいと受け入れることで、
お互いの視野が広がることにつながるんですよね。

そのリアリティといい、その後にコネに頼らず
自分の力で仕事をとってくる熱さといい、
ワーキングとして、さすが、良かったです。
教育をすることで教わる側も教える側も成長する、
タイトルのアダルト・エデュケーションって
このことを指していたりして。


もちろんコネはあらすじの調教にも繋がっております。
が、性的な調教では、段々と解されたはずの
3週間くらいがすっ飛ばされていて、体と同時に、
その間に変化したはずの気持ちの描写が弱かったかもです。
もうちょい分厚くてもよかったから(薄いんですこの本)、
そこがもっとあればよかったのになあ、と。

年下の懇切丁寧なエロはよかったですけれどね。
(さすが攻が腰〜尻フェチなだけあるこだわりよう)
ああ、そうだ、年下攻めでもあるので、
嫉妬深く青い若さを楽しむことも出来ました。

というわけで、調教ものとしては弱いですが、
ワーキング&年下攻めとして楽しめた1冊でした。

P.S.
オヤジ成分が弱いのも残念……。
| [BL・小説]鳩村衣杏 | 22:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:09 | - | - |