-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 歌舞伎『染模様恩愛御書』のもろもろ | main | 『好きで好きで好きで』/高遠琉加(六芦かえで) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『妄想弁護士 〜あぶない法律相談所〜』/白金あろは(七瀬かい)
こんばんは…今日は特別寒いですね。
珍しく祝日にお休みをいただいたので、
ぬくぬくしておりました。これぞまさに休日!

ところ、総記事数がいつのまにか1100件を超えていました。
ここのところ、1月に15件ペースで更新しているので、
このまま続けば、今年中に1200件になるのか…。
また気づいたら1200件だった、なんて思えるように、
ちんたらちんたら続けたいと思います。

さーて、タイトルでもうお分かりのように、
トンデモです。しかもツンデレ攻×妄想受!
それでは感想は以下にて。



『妄想弁護士 〜あぶない法律相談所〜』/白金あろは
オークラ出版 (2006/05)
【Amazon】


☆あらすじ
正義感に燃える新米弁護士、瀬川泉――空想癖あり。
就職先のボス、神田――見かけはやくざ&拝金主義者。
理想とまったく違う弁護士、神田の下で頑張る泉はある日、
神田にHを迫られる夢を…!以来エスカレートする妄想に
戸惑う泉が担当することになったのは、
『男同士の痴情のもつれによる殺人未遂事件』。
泉は依頼人を守れるのか――?

*   *   *   *   *   *

妄想受といえばこのは……Unit Vanilla の
『胡蝶の誘惑 アーサーズ・ガーディアン』が
記憶に新しいですが、いい勝負の受です。

夢でセックスするシチュエーションはたまに見かけますが、
夢を見たあと、クスリも入っていないのに、

/静弔棒楜劵好據璽垢鮖悗靴萄造譟△
 言われて誰かに見られる場所、と連想
△修譴法嵬瓦涼罎離スを思い出す」を加える
 →キスされているところを誰かに見られる

という仮想をし、そしてさらに、
→い修譴鬚燭討肪かに脅されたら…
→ザ爾気譴燭里鬚發形覆┐燭蕁
→Π瞳錣世間に面白おかしく扱われて…
→γ輒椶気譴匿靴靴ぅ殴ぅ織譽鵐箸箸靴匿べていけるかも…

と、わけのわからない連想妄想をしているのです。
……これって生活に支障が出るレベルじゃ?

また、連想だけでなく、残業後にタクシーを呼んでもらい、
一緒に乗ってラブホに降りて新品でない下着の懸念をして
シャワーを浴びつつ神田さんが受だったらどうしよう……!

という中学生も真っ青のどピンクな妄想(タクシーを呼んで
一緒に乗るところまでが事実)をするのです。
……やっぱり生活に支障あるだろ!!

こんな妄想がたびたびで、しかも現実と妄想の区別が
非常にわかりにくく(意図的?)に書かれているため、
ミステリでもないのになんでこんなに語り手を
疑わなきゃいけないんだか、もう!(にこにこ)

とはいえ、受は支障がありそうなのに
仕事はちゃんとしているようで、あらすじの
事件の弁護をきっちりとこなしています。
無罪を勝ち取る!とゲームのようにはいかないものの、
現実味のある判決ときれいなオチがつき、
意外にも軽い弁護ものとしても楽しめました。


また、見逃してはいけないのが攻のツンデレぶり。
見た目はいかにも傲慢系の攻様なのですが、
もうわかりやすすぎるくらいに万事ツンデレです。
たとえば、こんな感じです。

弁護士の志望動機:
表面:「儲かるからに決まってるだろうが」
真実:「父が他界した後ひとりで育ててくれた母への親孝行」

ケーキを買ってきた動機:
表面:「ヒマだからネット見て遊んでたんだ」
真実:「わざわざ受の誕生日のために美味しいのを検索して予約」

このギャップ……あからさますぎるけど笑える!
妄想しまくりの受と組み合わせると妙味です。

というわけで、トンデモ部分はのみならず、
それ以外の部分も楽しめた1冊でした。

P.S.
この作家さん、1冊しか著作が無いのが残念です…。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:10 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - |