-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『妄想弁護士 〜あぶない法律相談所〜』/白金あろは(七瀬かい) | main | 『キャンバスにくちづけを』/南国ばなな >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『好きで好きで好きで』/高遠琉加(六芦かえで)
曇天

金曜日:暴飲暴食
土曜日:プチ断食(二日酔い)
日曜日:ナチュラルハイ

となった今週末、どん底から
ハイにあがった機運にまかせて
擬人化王国3に行ってきました。
脈絡ねえ!



雑感として。
メインがヘタリアなせいか、周りを見る限り全体的に若い!
年齢的な意味(25才以下が多いと見受けられました)でも、
精神的な意味(甲高い声でキャッキャしたりイメソン聴いて
奇声を発したり「〜は俺の嫁」などをのたまったり)でも。
庭のときってあんまりこういうひといないもんなあ……、
だが、ククク……二次創作&ほぼ女性&萌温度的に考えて
圧倒的なアウェー感……このアウェー感がたまらない!
(ドMじゃありません、念のため)

開催時間ギリギリで行ったため、欲しいかなあ、と
思っていたお目当てが厳しいかも?と思いましたが、
メイン級のカプでないせいか全く問題なく買えて、
会場をひとまわりして帰りました。買ったのはこれだけ(↓)。

土×希(リバ可)しか興味ありません

ま、ほとんどお金も使わず、余計な時間も使わず、
行き帰りの電車で本も集中して読めて、
なかなか有意義な日曜日でした。(土曜は無かったことにする)
明日、頑張って暴言を吐いちゃった上司に謝るぞお。


さて、前置きが長くなりましたが、行き帰りに
読んだこちらの作品で涙腺がやばかったです。
再読なのに……以下、感想です。



『好きで好きで好きで』/高遠琉加
角川書店(2010/2/1)
【Amazon】

☆あらすじ
花屋に勤める三浦は、高校時代に片思いをしていた同級生の
堂島と偶然再会する。昔と変わらぬ堂島の笑顔を見た途端、
今でも彼が好きな気持ちが溢れてしまった三浦。
しかし、不幸にも堂島はその店の娘の恋人だった。
せめてそばにいたいと、必死に想いを隠して友人に戻ろうとするが、
次第に堂島への熱い想いが抑えられなくなり、三浦は店を辞める。
そんな三浦を心配し追ってきた堂島に、この恋を終わらせるため
三浦は「一度だけ」と堂島と身体を重ねてしまい…。

*   *   *   *   *   *

雑誌掲載(あらすじ部分のみ)を読んだ人は、
「ちょっと、本気でここで終わり!?」と
思ったのではないでしょうか。

終わらせるため1度だけ体を重ねる
→攻「実はお前のことが…」というコンボが定石なのに、
完全な失恋話で一旦終わるんですもの。
しかも、この失恋は、高校時代に続き2度の失恋です。

この後の続編「ラブソングみたいに」で
コンボが遅ればせながら成立するのですが、
時間差があるというか「終わり」があるため、
それまでの失恋話がものすごく切ないのです。

片思いは楽、なんていいますけれど、
1度ぶつかって失恋していたとしても、
可能性がないとわかっていても恋しく思い、
堂島の彼女に対して嫉妬して比較して、
そんなマイナスの感情に自己嫌悪して……
たとえハッピーエンドになるとわかっていても、
全然楽じゃない「片思いの苦しさ」が本当に苦しい。
(だからこそ、好きな話なのに感情が揺さぶられすぎて
再読できなかった1冊でもありました)

どこまでも妥協なく失恋の心情を突き詰めた描写は、
この作品を不朽の名作としていると思います。

なお、「ラブソングみたいに」では、堂島視点です。
以前読んだときは「おせーんだよ堂島のばかやろー!」と
堂島の都合よさが嫌いでしかたなかったのですけれど、
読み返してみたら、けっこう受け入れられました。
どこかが加筆されたおかげなのか、それとも
自分のコンディションが変わったせいなのかは
わかりませんが、彼が三浦に恋愛のベクトルを
向けられなかった重みもわかったような気がします。

……や、いまでもちょっと憎らしいけどさ、
感情の動くタイミングは合わせようがないもんね…。
おざなりに付き合うよりは誠実だとは思います。


あと、高遠さんの作品はタイトルも素晴らしいですね。
「好きで好きで好きで」と3回リピートしている
タイトルは、2回振られてもまだ好きだ、という
三浦の心情がこめられているようにも思えますし、
3度目の恋がようやく叶った、というようにもとれます。
他のも捨てがたいですが、『最後から一番目の恋』
『世界の果てで待っていて』、そして
『好きで好きで好きで』がタイトル3強かな…。

自分に酔わない、自己憐憫のない片思いは両思いと
同じくらい維持が大変なんじゃないかと思わされた作品でした。

挿絵は佐々さんのほうが好きですが、書き下ろしのためにも、
小冊子のためにも、再読する価値ありかと思います。
| [BL・小説]高遠琉加 | 22:02 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:02 | - | - |