-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 買いすぎたと思ったので | main | 『雀荘恋愛事情』/中原一也(宮本佳野) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『Hipな関係』/姫野百合(三津谷葵)
この本の感想を書くついでとして、
hipな関係 BL』で検索してみたら、
なんとあのカフェオレライターさんで
帯レビューをされていた作品でした。
(検索結果の1ページ目にあります。いつ読んでも面白い!)

私が買った古本は帯が付いていなかったんですが、
そうか、こんな帯がついていたのですか…。
帯が無かろうとヒップホップのことなんて
思いもしない自分が穢れている気がしました。
ふつーに尻のことだよね。尻で何が悪い!

中身もまさに尻賛美のための話でした。
以下、引用多めなトンデモ感想です。




『Hipな関係』/姫野百合
心交社 (1999/12)
【Amazon】






☆あらすじ
俺・各務隆也のすべての厄災は、ヤツとの出会いから始まった。
バイト先のイベント会場にいたのがヤツ・弓削(ゆげ)丈二。
女性用下着メーカー『カレン』の偉い人で、
見た目は男の俺から見てもカッコイイ大人の男、
だけど中身は無類の尻好きというとんでもないオヤジ。
こんな変態に関わっちゃイカン、そう思った俺の背後に
忍び寄るいやな気配―あろうことか、ヤツが俺の尻を
撫でまわしたあげく、「きみが欲しい」だと!?
こいつ、女だけじゃなく男の尻にもフェチるヤツだったのか…。

*   *   *   *   *   *

まさに尻フェチ攻による尻賛美本でした。

あらすじの「きみが欲しい」というのは、
実は下着メーカーのモデルとしてきみが欲しい、
という意味で最初からエロエロではありません。
(まあ、後にモデル起用だけでは我慢できなくなって
事に至るわけですが、それはお約束なので善し。)

むしろ、この尻フェチ攻が生粋の尻フェチで、
性的興奮を含まないんですね。とても純粋。
そして、隆也をモデルにするためには手段を選びません。

尻の美しさを賛美したせいで気味悪がられて逃げられるも、
日参してコミュニケーションをはかって口説き落とそうとし、
うまく行かないと見るやしおらしい演技で騙そうとし、
終いには過失を装い死ぬ死ぬ詐欺で契約をとります。

三十路ちょいすぎでオヤジは言いすぎだと思いますが、
この仕事、ひいては尻にかける情熱と、のちのち
隆也をからかっては楽しむ性悪なやり手能力は、
後のクセモノオヤジ候補と言えるでしょう。

また、彼の尻への賛美は衒いがありません。
・まるで、熟す直前の青い果実のようなこの充実感。
 内側にぎゅっ、と詰まったものはなんなのか
 切り開いて見たい気持ちにさせられる (p.18)
→いや、肉だし。とつっこめない気迫です。
・なぜ?きみの醇美かつ絶佳なヒップのコンディションを
 チェックしておくのも私の仕事のうちだよ (p.103)
→醇美なんて言葉、初めて知りました。尻に使うのも初めて見ました。

この本物の変態め……っ!
たしかにフォルムの美しい尻は美しいけれどさ!

受も攻に流されまくりですが、おバカさんではなく、
本意でなくともちゃんとモデルをこなそうとしますし、
強い意志の持ち主であることに好感が持てました。

ただ、最初の一行目の「きゃんっっっ(ハート)」に
代表されるように、「っっっ」「〜」の多用と、
なぜかフォントが小さくて読みにくいのは減点かな…。
こんなにフォント小さかったっけ?ショコラって。

それが大丈夫なようでしたら、タイトル・帯・フェチ攻と
三拍子揃ったトンデモ本を楽しめるかと思います。

P.S.
この作家さん、あんまり読んだことないのですが、
『五十六億七千万年後も愛してる』がまた
タイトル秀逸(トンデモ的な意味)で買ってみたくて困る……!
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:48 | - | - |