-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『Hipな関係』/姫野百合(三津谷葵) | main | 2010年3月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『雀荘恋愛事情』/中原一也(宮本佳野)
本を買いたい。本を買いたい。
今日は仕事中そればっかり考えてました。
シャレード文庫、つまり『甘い運命』の発売日だもーん!

というわけで定時に飛び出して寄った勤務先の
駅の近くの書店(1)、在庫なし。
予測はしていたさ、と負け惜しみをして
乗り換え駅の書店(2)、またもや在庫なし。
先月のと間違えてぬか喜びしちゃったじゃないか!と
憤りつつ、今度は確実にあるだろうと途中下車して
寄ったアニメイト(3)、在庫なし。

発売日変わったのかしら…ともう諦め8割で
寄ったBLの棚が1つしかない書店(4)、在庫あり。
ほらやっぱり……ってうそ。あるじゃん!

うえださんのも買いましたよ

ゲットー!どうかしてるのは承知さー!
帰りの電車は別の本が途中だったので
そちらを読みましたが、これから読もうか、
それともゆっくり読める週末にしようか…。
悩めるを喜びかみ締める喜びです。


さて、「別の本」として読んでいた、
中原さんの雀荘BLが今日の感想本です。



『雀荘恋愛事情』/中原一也
リブレ出版 (2010/2/20)
【Amazon】

☆あらすじ
よくいえばおっとり美人の蒼井は、ぼんやり雀荘を経営中。
そこに個性的なオヤジが集うが、中でも色気を放つのは元AV男優、
伝説のサオ師の桃田。色気MAXでセクハラまがいに迫る桃田を、
ゆる〜くかわす蒼井。しかし部屋で拾い食いしたブツに体が火照り、
桃田の仕掛ける指遣いに何故か蒼井の体はメロメロに!?
その上、番外編では3P希望の金持ち変態男まで現れて!!

*   *   *   *   *   *

感想の前に1つ。この帯、なんですか?



なにをヤルんだ、なにを……。
いや、そりゃわかってますけれど。

まあ、ある意味、帯のとおりなのですが、
ページの総数はさほどでもないものの、
けっこうな濡れ場の数があります。(5.5回?)
また、さすが中原さんのオヤジ攻、かつ、
職業も伝説のサオ師(笑)ということで、
下品なワードが頻出し、エロいというより
スケベでねっちこいプレイが行われます。
(なお、今回の尿道挿入物は点棒でした。痛い。)

でも、不思議と全体の醸し出す雰囲気には
不健全なものは感じられませんでした。

それは、前述したとおり、第一にエロスというより
スケベと言いたくなる、思春期の男子のおバカなノリに
近いものがある(チンコって文中で何回出てきたことやら…)のと、
第二に受・蒼井のぬぼーっとした雰囲気が産む笑いと、
第三に雀荘に集う人々から出る、ダメなやつらだけど
いい人、なアットホームの空気のためだと思われます。

第二の理由である蒼井は、顔も良く、記憶力なども
いいけれど、覇気がなく、もはや『flat』の
へーすけと兄弟なんじゃ、と疑うほどの無気力さ。
ゆえに、なかなか桃田の下ネタフルパワーが通じず、
それがコミカルで、エロの雰囲気が抑えられています。

それから、第三の理由である雀荘に集う人々が、
同著者のドヤ街シリーズと近いものがあって、
表舞台に立つような立派な人間ではないけれど、
どこか愛嬌があって憎めないひとたちなのです。
端役ではあるけれど、蒼井を好ましく思い、
アクションシーンでは助け舟となったりもします。

うん、まあ、一言で言えば「全体的にほんわか」、
ということですね。金持ち変態男も多少は
エキセントリックでしたが、とある近作と違って
急にドシリアスになることもなく、
明るさと笑いに満ちた作品でした。
私は急なドシリアスにとまどったので、
こちらのほうが嬉しかったかな。

惜しむらくは、挿絵とけだるげな雰囲気は
マッチしていますけれど、攻めだけは、
もっと汚いダメなオヤジだとよかったかな……。
求めすぎですか、すみません。


なお、この本は中原さんの40冊目の本とのことです。
これからもオヤジ好きのひとりとしてついていきます!

ゆるくも明るいコメディをご所望の際は、どうぞ。
| [BL・小説]中原一也 | 22:40 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:40 | - | - |