-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 2010年3月新刊購入予定リスト | main | 『枯れない花』/京山あつき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『甘い運命』/高遠琉加(麻生海)
木曜・金曜と無駄に忙しくて更新できませんでした。
しょっぱなから仕様変更とかやめてください、もう。

そんなわけで自分のブログも見てませんでしたが、
なんかアクセス数がおかしなことになっていたようで…。

確認したところ、時たま話題にしていた、
あのカフェオレライターさんに
(悪い意味ではなく)ネタにされていました。
猿ロックと結びつけて考えるとは…斬新ですね。
どうせなら内容もレビューしてくれればいいのに♪

とまあ、期待薄ながら割と本気な要望を書いたところで、
今日の感想は『愛と混乱のレストラン』のスピンオフ本です。
泣きました。それでは、以下。





『甘い運命』/高遠琉加
二見書房 (2010/2/23)
【Amazon】

☆あらすじ
樫崎一は、子供の頃から感情を押し殺して生きてきた。
しかしアパートの隣人と知り合ったことがきっかけで
傷害事件を起こしてしまう。社会復帰しても
生きる意味を見いだせない一。
そんな時再会したのが、高校時代の担任・湯原だった。
わけありな赤ん坊・海を理由に乞われて始めた同居は、
一に初めて家族のあたたかさをもたらしてくれた。
しかし、湯原がいつか結婚するかもしれないと
思うたびに一の心はざわついて…。

*   *   *   *   *   *

更新が遅れたのは、忙しかったという理由が
主ですが、この本のせいでもあります。
行き帰りの電車の中で読むのが常なのですが、
もう涙をこらえるのが大変で!

本編では深く書かれていなかった一の過去が
明らかになる序盤では、その悲しい過去に
ぼろぼろと(心の中で)涙ぐませられ、、
中盤ではあたたかな「家族」をようやく手に入れ、
ひとに必要とされる自己肯定に涙を流させられます。

そして、終盤ではその「家族」を手放さなければ
いけない状況に、現実に涙がにじみはじめてしまい、
こみ上げてくるものをなんとか抑えようと
ちょっと進むたびにページを伏せるしかなく…。

金曜の夜に自宅に帰って、湯原との新しい関係を
得たところで、ようやく思う存分涙腺崩壊しました。
あーもう泣けるー!

で、最後まで読んで、短編を読んで幸せになった
2人を見て安心して、細切れに読んでいたところを
また読み返していた(また泣いた)ので、遅くなりました。
うー、自分こんなに泣き虫だったかしら。

そう、普段だったらどんなにトラウマが悲惨だろうが、
それ自体は(物語の中では)よくありますから、
ここまで揺さぶられることってないんです。
なのに、自分と同じところはまったくないのに、
一と湯原の感じる孤独をさも我のことのように
受け取ってしまうのはなぜなんでしょうか。

また、その逆で、ひとに肯定されたところで、
「よかったなあ」としか思わない瞬間も、
「ありがとう」という言葉ひとつで
泣きたくなるのがほんと不思議です。

なんでだろうと考えてみても、あれやこれやと
考えてしまって、まとまらないのでやめました。
これが高遠さんの言葉の力なんでしょう。
上手く言えなくて悔しいけれど、BL小説読んでてよかった!


あ、そういや大型ワンコ×オヤジで元教え子とか
自分の超萌えツボだったじゃん、と気づいたのも、
エロ的には薄めだけれどチョコレートを使った
触感と食感が効いたエロスな短編を読んだあとでした。
なんか萌えとかエロとかどうでもよくなってました。
(なんていうか、この2人って性的なにおいが
あんまりしない。子供が居るせい?)

エロの意味では人前注意ってレベルではありませんが、
涙腺崩壊の意味では人前注意ですが、オススメ!です。

P.S.
そして夜中に読むのも危険。甘いもの買いに行ってしまう……!
| [BL・小説]高遠琉加 | 00:20 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:20 | - | - |