-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< なにもないようなあるような | main | 『Sの悲劇』/有田万里(TOKAI) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『罪と罰の間』/綺月陣(AZ pt.)
えーっとG○cktさんですか?と突っ込みたい美形と、
歩道橋のうえで落ちぶれ感たっぷりにたたずむオヤジ、
というちょっとBLっぽくないけれど、素敵な表紙の作品です。

ですが、また読みがわからない絵師さん……。
えーっと、「アズ ピーティー」さんか。
そのまんまでした。

なんでこうBLに関わる作家さんの名前というのは
一発で読めない名前が多いのでしょうか。
そろそろ新しいことへの記憶能力があやしく
なってきたので、明快な名前だと嬉しいです。


さて、中身は、素敵な内容ばかりではないですが、
あたたかみのある読後感でした。
以下、感想です。




『罪と罰の間』/綺月陣
幻冬舎コミックス (2010/2/28)
【Amazon】



☆あらすじ
リストラによって会社を解雇され、家族からも
見捨てられてしまった41歳のオヤジ・高島。
生きる希望もお金もすべて失った高島は、
歩道橋から飛び降り自殺を図るが、運悪く派手な
オープンカーの中に落ち、助かってしまった。
そのまま車の運転手・三沢に拾われた高島は、
イカサマカジノで稼ぐ相棒として、
やけくそで彼の仕事を手伝うことになるが……

*   *   *   *   *   *

ダメオヤジが生まれ変わって救済と愛情を得る話でした。

ダメオヤジこと高島は、仕事ができて、従順な妻と
かわいい子供がいて、外に女を作っている……という
(高島本人の感覚では)絶頂の地点から、
実は全ては自分の見たいものだけを見ていた
哀れなピエロだったという存在に落ちぶれます。

もう、この落差がものすごい。たとえるなら、
風来のシレンで最高にきたえた武器を持って
調子に乗ってたらイアイに弾かれた、
そんな天国から地獄です。(わかる範囲が狭い!)

当初は凄くいやなやつですし、自業自得なんですが、
死に至るまでの孤独な絶望感が突き刺さります。
(「脂が乗り切っている受けオヤジ」というより
「強制的に蒸されて脂が落ちた受けオヤジ」という気がします(笑))

そんな全てをなくし、落ちぶれた高島は、
自分を助けてくれた謎めいた男・三沢が、
自分よりもなお不可抗力の罪を償い続ける姿を見て、
自らも罪を背負いながら償うという「救済」を得ます。
死ぬのではなく、金を出してくれた三沢に頼りきりな
BL展開になるのでもなく、自ら生きて償うという罰を
与えながら、生きていこうとするのです。

そういう形の救済もありだと思うんですよね。
正しいかはわかりませんし、自己満足かもしれませんが、
心を入れ替えて償おうとする高島の姿勢は本物なのだから。

また、救われたのは高島だけでなく、三沢も、
高島がいることで過去の遺恨から解放されます。
今までふたりのやってきたことは誉められたものでは
ありませんが、真剣に償おうとする2人が救済され、
愛情を得ることに凄くあたたかいものを感じました。
全体的に重い雰囲気だからこそ、その差が凄くよかった!


さて、あとはですね、ヒゲオヤジ受けがかわいかったです。
こんなのはじめて、系の描写が多々出てくるんですが、
今までがダメオヤジだったことが強調されている分、
ほんとうに今の今がはじめての交歓なんだな、と
思わせてくれるにくい演出が素敵です。

あと、いかつめのヒゲオヤジに相応しく、あえぎに、
「お」の列が交じるんです。これがいい!
可愛いタイプや美形タイプの受けが「おお…」だと萎えますが
オヤジが「おお…」だと格別のオヤジくさい響きで萌える!
つうか本物くさくなるんだな、たぶん…だがそれがいい。

いやー、いい作品でした。オヤジ受けが苦手でもない限り…、
いや、オヤジが苦手でもオススメしたいくらいオススメです。
| [BL・小説]綺月陣 | 00:35 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:35 | - | - |