-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『罪と罰の間』/綺月陣(AZ pt.) | main | 『文殊丸』/須和雪里(紺野キタ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『Sの悲劇』/有田万里(TOKAI)
「たまに早く帰ると何していいかわからなくない?
手持ち無沙汰っていうか」という衝撃的な言葉を
会社の先輩にいただきました。

いやいや、ゲームをがっつりやりたいし
(ただいま私はシレンジャー。一週間で30時間を
越えてしまった他にも2本継続中のものがある)、
たまった本の分類片付けはしたいし、
せっかく買ったDVDは3本たまってるし、
ハルヒの劇場版見に行きたいし、
いろんな美味しいスイーツのお店へ寄りたいし、
BLCD聞きたいしJ庭パンフレット読み込みたいし
BLも図書館の本も読みたいしブログも書きたいし…寝たいし。
「たいし」がゲシュタルト崩壊するくらい、
したいことがたくさんなんですけれど……。

まあ、その先輩の趣味はアウトドア系なので、
そういうことになるんでしょう。インドア万歳!

さて、今日の感想本はまたSM本です。
まともにSMに取り組んでるのにちょっと
バランスがおかしい本でした。



画像なし
『Sの悲劇』/有田万里
二見書房 (1998/11)
【Amazon】

☆あらすじ
ゲイ専門のラブホテル“レザー&レザー”の若きオーナー、
櫟(くぬぎ)洸太郎は、その界隈では名の知れた“Sの帝王”だ。
もっかのところ、瑞々しい体が美味しい美少年確(あきら)を調教中。
そんな洸太郎が会員制クラブ“ダメージ”で出会った謎のDJ・カノン。
挑発的でセクシーな肢体は勿論のこと、それ以上に洸太郎を
魅了したのは、叶の琥珀色に燃える獣の目、そして、
左肩に妖しく揺れる小さな薔薇の刺青だった…。

*   *   *   *   *   *

なんだろう、このデジャヴ感と思っていたら、
そうだ、暁由宇さんに似てるんだ!
パクリじゃなくて特徴が似てるなあ。
以下、箇条書きで書いてしまいます。

・SMの精神を真剣に書かれている
 →なんと本物のS(嗜虐的とは違い、プレイヤーとしてS)の友人から
  聞いた話を膨らませているそうです。なるほど、だからこそ、
  Mが要求するご主人様として君臨する難しさがリアルでした。

余談:最近はSMは漫才のボケ(M)とツッコミ(S)に
似ているのかな、と思うようになりました。
人に見せるものと見せないものという大きな違いはありますが、
たとえツッコミがボケを責めているように見えていても、
ツッコミはあくまでアシストであり、ボケの要求を
どれだけうまくつかめるかの役割が重要です。
また、売れた後は司会進行役にツッコミが多いように、
「トーク(=言葉責め)力」で空気を作り出すのは、
圧倒的にツッコミ側の立場という気がします。

・カップルの先が読めない
 →BLの単純な攻め受けのセオリーを逸脱しているというか、
  どっちが当て馬でどっちが本命なのかが非常にわからない。
  私は当て馬を本命だと思っていました……(表紙のせいだ!)
  これ、BL的に必要なシーンか?とか、必要なエピソードか?と
  思わなくもない部分があるんです、この作品だと当て馬の過去とか。
  でも、それは後述するテーマのために必要な
  シーンだったりして、侮れなくもあります。

・書きたいものは読める
 →テーマははっきりしているから、
  そういう作品を読みたいときは向いています。
  萌えの流れに乗っていないだけに、いま読んでも
  テーマは風化していない印象を受けます。

と、こんなところでしょうか。

SMがかなり精神的なものとして描かれており、
行為も激しいながら、精神論のところで、
なるほど!と頷くところが多かったです。
まあ、一言で言えばツボだったということですね。
これだからトンデモ本探しはやめられない!
(この本は『Yの悲劇』のインスパイヤかよ!と
思ってタイトルとあらすじだけで買ったのでした。)


というわけでSMものとして面白くはあったのですが、
それを優先させるあまり、帝王であるはずの洸太郎が
超わがままな受に振り回されてヘタレ…苦労人と
いったほうがしっくりくるかな、に見えるのです。
受の性格はお世辞にも好みではないので、
キャラ萌えや関係性萌えではオススメはしません。

また、古い作品のせいか、表現が若干前時代的です。
「新人類」「きこしめす」はまだギリですが
(きこしめすっていま使う人あまり居なさそう)、
「E…E…イッ、ちゃ、う……」(p.154) には
古いを通り越してアルファベットの未来が見えました。


奇妙なバランスに賛否両論がありそうな作品ですが、
この作家さんはマイ気になるリストに追加です!
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - |