-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『Sの悲劇』/有田万里(TOKAI) | main | 全サの個人的極意と2010年2月の読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『文殊丸』/須和雪里(紺野キタ)
電池の持ちが危なくなってきたのと、
汚れやカバーの欠如が目立ってきたため、
雨の降る中ケータイを買い換えに行ってきました。

ケータイを買い換えること自体はいいんですが、
プランがオプションがどーだこーだ、
ほんともうどうでもいいことが面倒です。

帰ってからオプションを全て解約しましたが、
買い換えさせたいなら逆効果だと思うな、この方法。
でもこれがビジネスとして成り立っているならば、
そのまま使う人が案外多いってことかな…うーん。

次からケータイ写真の画質が上がるかもしれないですが、
まあ、このブログに影響はそのくらいしかありません。

さて、今日は須和さんの説話BL第2段の感想です。




『文殊丸』/須和雪里(紺野キタ)
蒼竜社 (2010/2/27)
【Amazon】

☆あらすじ
時は平安のある春のころ、天桃山の瑞調寺近くの森に
白い鳥が姿を見せるようになった。気味の悪いことに、
鳥は夜な夜な文殊丸の名をさえずり続けていた。
僧侶たちは、鳥に死霊が取り憑いているのではないかと怯え、
調伏を冬弦に頼む。そんな中、瑠璃若とウロは、興味津々で
鳥を見に出かける―。恋しい人、親、子を想う心、
人を赦し受け入れる心を、優しい眼差しで描いた愛のお話。

*   *   *   *   *   *

タイトルでお分かりのとおり、前作『花芽と狼』で
カップルとなった冬弦師匠と稚児の「文殊丸」に
焦点が当てられているため、BL寄りとなっています。

といってもほんの少しで、ふとした折に愛情を
確かめあったり、時勢によって離れなくては
ならない状況で時を惜しむなどという、
ほんとにちょっとだけよ、という量でした。

むしろ、咎は無いのに殺されてしまった僧侶や、
子を殺され復讐の一念で悪霊となったとある母親など、
受ける印象としては、こちらが大きい気がしました。
彼らのように愛ゆえに悪霊になった人々を浄土へ導く物語、
それと対比して生きている者たちの愛情や儚さを描く、
という説話BLとなっていたように思います。

BLとしては朝チュンもいいところなんですが、
全体を包む温かさに心が洗われるようでした。
今回心に沁みたセリフは以下の2つでした。
冬弦:「自分に倦むということは恐ろしいことです。陥ると、
闇の中にいるかのごとく、逃げ口が見つからなくなって
しまうようです。誰かが、一筋の光を射し入れてくれねば、
永遠にそこをさまようことにもなりかねません。」(p.160)
自己嫌悪に陥ってるときってまさにそのとおり。
ウロ:「他人が苦しもうと苦しむまいと、己には関係ないだろう」
冬弦:「いいえ、人が救われる、ということが、
   己の救いに通じるのです」(p.188)
情けは人のためならずとはよく言ったものです。

ここでは結論しか書いていないのでピンと来ないかも
しれませんが、苦難を乗り越えるエピソードを
読んだ後にこれを読むとぐっとくるんです……!

ひとが救われてよかった、と思いたいがための行為は
自己満足かもしれませんが、それでお互いに幸せなら
自己満足だろうが偽善だろうがかまわないと思いました。
うーん、読み終わってふと手を合わせたくなるBLは珍しい(笑)


清らかすぎる冬弦と文殊丸カップルのほかに、
相変わらず愛くるしい瑠璃若、ツンデレ化が著しいウロ、
唯一のエロコメディ担当円恵など馴染みの面々に加え、
霊に臆しない朴念仁風の弓月尉(ゆづきのじょう)や
しゃべくりオウムが新しく加わり、いっそう、
世界観が広がってきたように思います。

あとがきでは何も書かれていませんが、まだ続きが
出せそうな雰囲気ですし、長く続いてほしいなあ。

あと、願わくば紺野キタさんでコミカライズをしてほしい!
ホリーではコミックは木原さんのコミカライズしか
出されていませんが、つまりコミカライズ自体は
出来るということですから、ぜひお願いしたいものです。


BLに重きを置かずともかまわないんじゃないかと
思わせてくれた作品でした。心を洗いたいときに、どうぞ。
| [BL・小説]須和雪里 | 23:10 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - |