-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 全サの個人的極意と2010年2月の読書メーターまとめ | main | 『三月花形歌舞伎染模様恩愛御書』を観てきました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『スケルトン・ハート』/いつき朔夜(あじみね朔生)
突然ですが「接待」はBLでよく見るパターンの1つですね。
隣の間に布団が敷いてある料亭で当て馬か悪代官に
脅迫されて押し倒されそうになったところに、
攻めが助けに来てラブラブ突入というあれです。

なんて縁のない世界の話、と思っていたら、
なんと初接待に行かされました…いきなり。

もちろん普通の宴会の延長ですけれど、それでも
お門違いよ!と思う反面、前述のBLの接待を思い浮かべて
ひそかにほくそ笑んでしまう自分が恐ろしい!

あんなに楽しくないお酒は珍しいので、
もう2度とご遠慮ですが、いい経験……かなあ?
まあ、ここの原料にできただけよしとしましょう。

さて、今日の感想はいつきさんのほやほやの新刊です。
ちょいと地味めでしたがこういうのも好きです。
それでは以下にて。





『スケルトン・ハート』/いつき朔夜
新書館 (2010/3/9)
【Amazon】

☆あらすじ
工学部助教授の知晶(ちあき)は、妻子ある教授と
セフレ関係にありながら、大学付属工場の
実習助手・荒牧(あらまき)に心惹かれていた。
家庭の事情で進学をあきらめた青年の挫折と、
自らの人生が共鳴したように感じたのだ。
だが、若い荒牧のプライドを傷つけて拒絶されて以来、
知晶は彼と距離を置いていた。その距離がふとしたことで
縮まったとき、荒牧から秘めた想いを告げられて……

*   *   *   *   *   *

今までのいつきさんの作品を見るに、設定や職業が
ニッチというかマニアックなものが多いですよね。

『G1トライアングル』→騎手。他は高尾さんの作品しか思いつかない
『午前五時のシンデレラ』→パチンコ釘師攻めでがっつり方言
『ウミノツキ』→日本人×外国人でアジア系の外国人
『初心者マークの恋だから』→教師×教師だけれど題材が弁論部

……例を挙げてみたら想定以上にマニアックでしたね。
今回も例に漏れず、助手×助教授となくはない組み合わせながら、
攻めがガテン系実習助手、という面白い設定です。

ただ、いつもそうなのですが、奇抜さを狙っていると
いうわけではなく、それはあくまでつかみの部分です。

たとえるなら、スキージャンプ競技のようなもので、
最初はこの設定で大丈夫なのかしら?と気にかけつつも、
滑り始めれば見入って夢中になってしまい、
バランスよく飛んだ!ときれいな放物線に心奪われ、
安定感ばっちりに着地して歓喜の声をあげてしまう。
派手さはないけれど、そんなところが魅力です。

お気に入り作家さんなのでついごひいきに
なってしまいますが、ご愛嬌ということで。
ごひいきのない人生なんてつまんないわよ!(暴論)


内容についていまさら触れますと、いつきさんにしては
珍しく、年下攻カップルの受からの視点です。
工学部助教授なので、工学部の授業などが出てきますが、
そこには実にリアリティがあり、実習助手という
攻の職業も実務的で地味ながらも興味深いです。

また、3年間ものすれ違いは長すぎるだろう、と思いつつ、
それだけの理由とも思えるような細やかな心情の描写があり、
攻と受の考え方も、両方ともすごくわかりやすかったです。

あと途中で入り混じるがっつく年下攻描写も、
親しくなってつい出ちゃう攻の方言も、
匂いを感じさせるようなエロスも、好みでした。

安定感があるから、「これだけは凄い!」というような
インパクトやアンバランスさの妙はなくても、
集中して楽しめる、そんな沁みこむような面白さです。
やっぱりこの作家さん、好きだわ。


ただ、今回はちょっとはっちゃけた部分がありまして、
それはアクリルの張り型です(笑) しかも薔薇色!
マジメな登場なだけにどういう顔をすればいいのか
わからなくなりました。このひとはトンデモ作家には
なれなさそうだな……(別になってほしいとは思わない)

というわけでひいき目が入ってることを自覚しながらも、
それでも読んだ後の率直な感想でした。
| [BL・小説]いつき朔夜 | 23:45 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:45 | - | - |