-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自分のせいで怖い話とそうでない怖い話 | main | 『立ち読み禁止!』/音理雄(いさか十五郎) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『なぜあの方に恋したのかと聞かれたら…』/小林典雅(山本小鉄子)
「BANANA FISH」を探しにブクオフへ行ったら、
なぜか1冊も置いてなくて凹みました。

いいもんマンガ喫茶行ってくるもん!となれば
よかったのですが、あ、そういえばこの本も
読みたかったのよね……と立ち読みし始めたら
いつのまにか4時間近くも過ぎていました。

あるぇー?今日は「BANANA FISH」を買って、
優雅なブランチをとりながら読んで、
スイーツな気分を味わうつもりだったのに、
結果は足腰の鈍痛とコンビニのおにぎり…。
(既にランチタイムはとうに過ぎた時間)
ていうかスイーツは「BANANA FISH」読みながら
昼食をとらないから前提から間違ってますけど、
人生とはままならないものですね。

さて、タイトル長すぎな典雅さんの新刊です。
ヒストリカル…だと…?と思いましたが、
あいかわらずでした。以下、感想です。





『なぜあの方に恋したのかと聞かれたら…』/小林典雅
白泉社 (2010/03)
【Amazon】


☆あらすじ
むかしむかしあるところに……てか、ぶっちゃけ中世後期の
欧州のとある王国の片田舎に、純真で敬虔な領主の
末息子・アルブレヒト(アル)が住んでいました。
そこへ一見黒ずくめの魔王、よく見ると大天使のような
お顔の王宮からの使者・ルトガーがやってきて、
「ぜひ王妃様の小姓になっていただけぬか」と申されました。
領主一家はすっかり使者に丸め込まれ、アルを
ホイホイ差し出してしまったのです!
アル危うし、お役目と称してセクハラされ放題?
変人ばかりの宮廷とんでもラブコメディ、始まり始まり〜♪

*   *   *   *   *   *

花丸文庫の担当者さんは典雅さんが好きなんだな、と
思わせてくれるノリノリのあらすじで、
しかもそのはっちゃけぶりがヒストリカルだけど
中身はヒストリカルにあまり関係ないよ、という
本質をあらわしていてなかなかの名文です。
(ちなみに一部修正してます。名前入れたかったので)

帯もこんな感じです。言い直す必要無え!

花丸文庫自重しろ

(ちなみに帯の裏も突っ込みどころあり。
「当代無双の4冊」って矛盾しすぎだろ)

まあ、こんなことをのたまっちゃう変態攻・ルトガーですが、
『美男の達人』箭内さんの<前世>という位置づけらしく、
純粋で敬虔なアルを言葉巧みに言いくるめまくり、
どうしようもない「おしゃべり変態野郎」(有吉的に)です。

箭内さんと違うのは変態属性もちなので、
帯のとおり、純情なアルにイヌの交尾を見せたり、
いかがわしいところへ連れて行ったり、
もちろん夜の指南をしたりと好き放題です。

それに対して「こいつヘンなんじゃ」と気づきつつも、
純情なアルがいちいち丸め込まれちゃうのが面白い!
別にアホの子ってわけじゃないんですけれども、
詐欺師が相手じゃ分が悪いよね…この言葉の巧みさ、
さすが典雅わーるどとしか言いようがありません。

なにより、一番笑ったのは、最初変態だったルトガーが、
「実はアルのことが最初から好きだった」と告白するところ。

「実は最初から好きだった」と攻が受けに告白すると、
<傲慢→告白→一途> という流れになってキュンとくる、
というのがよく見受けられるパターンですよね。

しかし、この作品では、「最初から好きだった」と
告白すると同時に、ある意味自白となっております。
「こいつヘンなんじゃ?」とアルに思われていた行為が、
まさしく変態行為だったと確定してしまうのです。
つまり、<ヘン?→告白→変態!>という流れなのです!
こ、こんなダメな流れ初めて見た!でもそれがいい!

まあ、アルも純情なわりにルトガーの変態行為に
ついていってるし、ルトガー殺しのセリフを
ぽんぽん吐くから、なんだかんだでお似合いなんでしょうね。

相変わらずラブラブになった後が短すぎるのが
いただけませんが、もう、それは典雅さんだから
しょうがないかと諦めるのがよいでしょうか。

あと、おそらく中世ヨーロッパに伝わっていない48手や、
21世紀でしか目にかかれない言葉も出てきますが、
これに時代考証等を求めるのは野暮であり、
「ここでそれか(笑)」と笑うのがよろしいかと。

長くなってしまったのでここらで切りますが、
コメディを読みたいときは、ぜひ!

p.s.
本日の典雅節:「血行をよくするのは結構」
| [BL・小説]小林典雅 | 23:37 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:37 | - | - |