-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『なぜあの方に恋したのかと聞かれたら…』/小林典雅(山本小鉄子) | main | 2010年4月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『立ち読み禁止!』/音理雄(いさか十五郎)
昨日祝日出勤したためか今日はどうも調子がよくなく、
早退して病院へ行きました。

風邪なのか花粉症なのか微妙な症状でして、
お医者さんもすぐにはわからないということなので、
効く期間をずらして両方のクスリをもらってきました。
治れば風邪、治らなければ花粉症……できれば
前者が嬉しいですが、天気が安定しない時節、
どちらにせよ気をつけないといけないですね。
感想なんか書いてないで寝てろよという意見は
ごもっともなので、コレが終わったら寝ます。

さて、また久々にもえぎの感想です。
別に敵意はないんですけど「もえぎかあ…」と
つい思ってしまうのはなぜなんだろう…。

それでは以下にて。



『立ち読み禁止!』/音理雄
学習研究社 (2010/3/17)
【Amazon】

☆あらすじ
通称『エプロン王子』のブックアドバイザー柚木瑛久(あきひさ)。
彼の勤める書店には、不思議な常連客がいる。
毎日やってきてはマニアックな本ばかり注文していく、
職業不明の男、日比野駆(かける)。そんな日比野にある日、
「男の人とも恋愛できますか」と突然迫られてしまう!
その頃、瑛久が前々から企画していた人気マンガ家、
天道カケルのサイン会が実現することに。
しかしどうやら作者はあまり人前に出ることのない、謎の人物のようで…

*   *   *   *   *   *

「謎の人物」がこれほどバレバレなあらすじも
珍しいですね……一発でネタバレですよね、これ。
と判断して、ネタバレですが、日比野=天道カケルです。

まあ、日比野がマンガ家だとネタバレするのは
わりと早めですし、そのネタ明かしに
主眼を置いているわけでもありません。

それよか、友達になってくださいと手紙を渡すのや、
人付き合いが苦手で職業柄も含めてひきこもり気味とか、
感動すると胃液がこみ上げるタイプであるとか、
やることなすこと情けないヘタレワンコだとか、
彼は他のエピソードが結構強烈です。

ただ、逆に、しめるところはしまっていて、
頑張れば長身でイケメン扱い(これはよくあるか)、
ベッドシーンでエロワンコスイッチオン(これもよくある…か)、
ワンコ特有の強引さがありつつも相手を思いやれる、
そして、ファンに対してとても誠実なのが素敵です。
で、サイン会でファンに対して感謝の念をもって
接する態度が一番の見せ場、っていうのは
珍しいですが、凄くいいシーンだと思いました。

作中作のマンガが「面白い」と説明しても実物を
見れるわけじゃないから伝わりにくいですが、
自分がサイン会でこんな対応されたら嬉しいだろうなあ、
っていう作家としての素敵さを表現されてるんですよね。
地味ですが、これは凄くいいシーンです。(2度言う)


受も、精神的な脆さはあるものの、
書店員の仕事に対しては素晴らしく誠実で、
本選びもサイン会のアシストもプロでした。
これまた地味なんですが、仕事でのプロ精神は、
その人間の姿勢やかっこよさが現れるんですよね。
(自分の仕事とは別次元の話)

だから、私はワーキング描写が好きですし、
攻も受もとても好きになれました。
キャラとワーキングでもう勝ち!ってところでしょうか。

悲しいエピソードもありますが、あいかわらず、
淡々とした描写でふんわりした雰囲気なので、
気にならない程度だと思います。

ただ、ちょっとひっかかったのは、
ほんの少しだけ描写される腐の存在。
近親者が腐女子とか、痛いひとが登場するとかは
ないので、これも気にならない程度ですが、
これ必要なのかな?とも思ったり。
あと、タイトルの「立ち読み禁止」は
何に対して立ち読み禁止なんだろう?メタ?
……まあ、いいや、深くつっこむまい。

というわけで、地味〜に楽しんだ1冊でした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:46 | - | - |