-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2010年4月新刊購入予定リスト | main | マジックかファンタジーか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ソウル・トライアングル』/有田万里(栗山アニー)
昨日、マンガ喫茶から帰ってきて、昼寝をしようと
横になったら、いつの間にか今日でした。
時計の針が1日-4時間……だと……?

風邪or花粉症の症状がまだあるせいで疲れているのか、
それとも春眠暁を覚えずなせいでしょうか。
どっちにしろ寝すぎたのでしたいことが
あまりできず、残念な週末でした。

さて、今日は、最近感想が多めな有田万里さんです。
なんだか嗜好がここのところ萌え作品よりも、
マイナー・地味め傾向というか、萌えがなくても
かまわない方向へどんどんと移行している気がします。
まあ、また揺り戻しがあるんでしょうが、
なるがままに読んでいきたいと思います。

それでは、以下にて。




『ソウル・トライアングル』/有田万里
光風社出版 (2002/02)
【Amazon】


☆あらすじ
誰よりも愛した義弟・眞斗(まなと)の自殺の真相を知りたい一心で
評判の霊媒師の元を訪れた篤彦。眞斗が過去のあの日に
示した愛情はどういう意味だったのか、死に至る動機に
それは関係していたのか、どう答えればよかったのか…。
深い喪失感と罪悪感に苛まれる篤彦を癒してくれたのは、
無邪気な高校生霊媒師・出(いずる)だった!

*   *   *   *   *   *

BLでのサスペンスや謎解きって、そこがメインでは
ないがために、どうしてもB級サスペンスに
なりがちかと思いますが、それでもまあ、
面白いもんは面白いもんだなあ、と思いました。
(当たり前やんけ、というツッコミはなしで)

遠い異国の地で自殺した、新進気鋭の
プロテニスプレイヤーだった義弟・眞斗、
男子が霊媒の力を持つ反面、短命で死ぬ家系に育ち、
母親の言うとおりに育ってきた高校生霊媒師・出、
そんな出に藁をもすがる気持ちで霊媒を依頼する篤彦。

霊媒ってところでB級サスペンス臭が漂いますが、
それを使って気持ちの移り変わりを描くことで、
サスペンスからBLへの移行もスムーズです。
(霊媒が逆裁よりはワイルドカードでもないし)

当初の篤彦の目的は眞斗との再会だったのに、
次第に出へと気持ちがうつっていくのですが、
そんな中、霊媒対象だった眞斗が出張りはじめ、
なんと現世に対して執着しはじめるのです。

ただ、それが妄念になり仇をなすわけではなく、
出に対してよき相談相手になったりもしますが、
でもやっぱり2人の間に横槍を入れたくなったりと、
まあ、あんまり生きている人間と変わりません。

が、登場時はほとんど出の身体を使って登場するので、
狂言回しでありながら、主要人物でもありうる、
そんな三角関係のバランスが面白い作品でした。
(ケータイ小説的に言えば
「チガウ…今までのとはなにかが決定的に違う。
スピリチュアルな三角がアタシのカラダを駆け巡った…」
って、すみません、これを書きたかっただけです)

3人の関係のオチは、好き嫌いが別れそうですが、
ヘタに眞斗と出の2人が同居してハッピーエンド、
みたいな終わりになるよりは、この作品らしい
終わり方で、自分としては納得できました。
きっと眞斗は自分が出にかなわないことを
知っていたからこそ、潔かったんだろうなあ。

しかし、眞斗の死因は……そりゃ言えないわ。
これを知っているか否かで眞斗の印象が
90度変わりますのでご注意を。
眞斗のアホ!と誰かに言いたい!(笑)

オチは賛否両論になりそうですが、
それまでは文句なしに面白い作品でした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:41 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:41 | - | - |