-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< マジックかファンタジーか | main | おお振り2期と3月の読書メータまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『二人暮らしのユウウツ』/夜光花(小山田あみ)
かっ、からだが痛いでござる……。

めずらしく仕事で肉体的作業をしたのですが、
立ちっぱなしだったせいでの足全体と、
前傾姿勢だったせいでの背・腰と、
反復運動を繰り返した肩・腕がぼろぼろです。

しかも単純作業だったために時間が経つのが遅く、
なんとか頭の中でこの文章を考えながら、
「立ちっぱなし・前傾姿勢・反復運動」か……、
ここだけ抜き出すといやらしいなあはははは、
などとでも考えて気を紛らわしていないと
絶えられないほどでした。(それもどうなんだ)
毎日ライン作業とかって大変だな…敬意を表するわ。

さて、日曜の前言をはや撤回します。
むちゃくちゃ萌えな作品でした!
以下、感想です。




『二人暮らしのユウウツ』/夜光花
徳間書店 (2010/03)
【Amazon】

☆あらすじ
口が悪くて意地悪で、超現実主義者の西条希一との
同棲生活も半年、霊能力を持つ天野歩に、
ポルターガイストに悩む乳児の母親が相談にやって来た。
ところが、その女性は西条と過去に関係があり、
赤ん坊は西条の子だと衝撃の告白!!さらに、
同窓会で再会した元同級生が、西条との仲を
取り持つよう迫ってきた。甘いはずの同棲生活に
不穏な空気が流れはじめて──。

*   *   *   *   *   *

口の悪い男子×ボケボケ男子、懐かしいなあ!

久しぶりに読んだはず(これは続編で、前巻は
2008/11の作品です)なのに、キャラをしっかりと
覚えている=インパクトがあった証拠です。

(あらすじから続けて)流れはじめて――いますが、
それは歩のありがちな疑心暗鬼が原因なんですけれど、
それがエスカレートするのは、中途半端な霊媒体質によって
生霊のマイナスの感情に引きずられたせいでもあり、
そこまで天然受けの勘違いがウザい……とはならずに、
ウザかわいいでとどまるのがこの歩のよいところです。

「西条とつきあっている」と言えない優柔不断さも、
歩なら、まあしかたないよね、で済まされる、
お得なダメボケ。うーん、可愛いなあ。

そして、もっと可愛いのは、口の悪い男子・西条です。

ツンデレというか、「好き」という代わりに
「バーカ」と素直になれない男子みたいな
ノンケっぽい攻め、というのが前回までの西条ですが、
これが深化しちゃっていて、「好き」と
照れを前面に出しながら言っちゃってるのです。

これが……た、たまらなく甘くて萌え!
普段とギャップがあって照れる攻め…可愛すぎだよもう!

具体的に例をあげますと、
「こんなに俺に愛されてんのに、何でうだうだ悩むんだよ」(p.182)
だと、単なる傲慢攻めですけれども、
普段ぼろくそに口が悪くてエロワードも流暢なのに、
「こんなに俺に愛…されてんのに、何でうだうだ悩むんだよ」
と「愛」のところで照れて顔を覆ってつっかえちゃうんですよ!
こっちこそ萌えすぎて顔を覆いたくなっちゃうよ!
とくに書き下ろしは甘すぎてニヤニヤしっぱなしでした。
今日私が痴漢で逮捕されなかったのは奇蹟です。


あとですね、BL初かと思われるグッズが登場しました。
その名もコックリング、しかも、挿絵を見るに幅広タイプ!
ゲイのアダルトグッズとしては目にするものですが、
BLでは出てこなかったんですよね…このアイテムを
嬉々としてつけてる西条がまたかわいいのです。
おもちゃを手に入れた子供のような…あ、おもちゃか、これ。
こういうチャレンジング、大好きです。

オカルトは怖くない(むしろ生きてる人間の
ほうが怖い)ので、苦手でも大丈夫です。
萌が特出していて何が悪い?と思えた、
自分的萌え萌えな作品でした。

P.S.
カラー画像1枚めの西条の目が優しすぎて萌える!
| [BL・小説]夜光花 | 23:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:46 | - | - |