-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< おお振り2期と3月の読書メータまとめ | main | 『BANANA FISH』/吉田秋生 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『無敵のまなざし』/バーバラ片桐(高久尚子)
私事でないようで私事なのですが、はや4月にして、
上半期のワースト候補作が5作品揃ってしまいました。

去年は「あんまりひどいのに当たらなかった」などと
余裕ぶっこいた(わりにぐずぐずに貶している)のに、
なぜに今期はこんなにも嫌な意味で豊作なんだ!

また、書き溜めているワースト感想の言葉がひどくて、
読み返して過去の自分の憤りに驚いてしまいます。
タイムマシンがあったら落ち着け自分、と
声をかけたいくらいの指の走りっぷり……。
残り2ヶ月でこれらを超えるものがあるかどうか、
怖いような楽しいような、微妙な心持ちです。

さて、今日の感想本は人によってはワーストに
入る作品じゃないか、と思う電波攻め作品でした。
何のことかわからないと思いますが、以下、感想です。




『無敵のまなざし』/バーバラ片桐
白泉社 (2004/12/17)
【Amazon】

☆あらすじ
岡戸八重季(おかど・やえき)は自他ともに認める平凡な高校生、
のはずが転校生の山王勲文(さんのう・いさふみ)から
熱烈求愛される。お昼はお手製の豪華ラブラブ弁当、
忘れ物対策として岡戸専用の備品を1セット用意、
「デート」のお迎えはバラの花束とヘリコプター(!!)
…山王の超個性的なアタックに岡戸はただボーゼン!
だが、山王の意外な「正体」が明らかになって…。

*   *   *   *   *   *

あらすじの「意外な正体」に小一時間悩みました。
なぜなら、あらすじにあるとおり、

・ラブラブ弁当と称して2人分作ってくる
・八重季の体操服などを万全に準備する
・強引に誘ったデートで、白スーツ+バラの花束で
 八重季宅にヘリで迎えにやってくる(もちろん着陸できない)

…を「意外ではない」と認識しているのなら、

・財力を尽くして完璧なストーキングをする
・盗撮した画像を元にそっくりのロボットを作成する

のも、「意外ではない」類だと思うんですよね。
とすると「意外な正体」は、超金持ちだ!と
いうことになるのでしょうか。いや、バレバレだから
超お金持ちなせいでいままでろくな人付き合いが
できなかった寂しい男だ!というところなのでしょうか。

いいえ、やはりそれも違います。
「意外な正体」は、電波男、だと思います。
上記だけでもおなか一杯に危ないのですけれど、
彼が登校途中の八重季を見初めた時に
のたまった言葉は、↓でした。
「伝えてきた。『ぼくのこと、好きになって』って」(p.227)
思いっきりヘンな電波受信してるーー!
「どんどんメッセージが強くなってる。『ぼくを見て、
好きになって』って。それに、『寂しい』って。
ぼくとしゃべりたいのかぁ。誘惑に負けそうだ」(p.231)
「ここは欲しがっているぞ」的な攻の理論ですね!
うん、一歩まちがえなくても電波的妄想です。

そして、妄想を形にするときのポエムがまた素晴らしい。

「きらきら岡戸さん ぼくはキラキラ欠乏症のさびしんぼうさん
ひとりぼっち置き去りにしないで ぼっちらぼっちら岡戸さん
合成しても足りなくて すねすねしてると
とろふわになるよ」(p.155-156)

信じられないだろ?これ、原文そのままなんだぜ……。
コメディとホラーの紙一重な攻ですね。


もちろん受けはこんなのを受け入れないんですが、
イヤよイヤよで結局は受け入れてしまいます。
自分の備品を作られたときに「うぜえ近寄るな」と
言えない時点で結末は見えているんですけれどもね、
電波とヌケ作でこれ以上ない割れ鍋綴じ蓋でしょう。

バーバラさんなのでレーベルのわりにはちょっとだけ
エロ多め?な気がしますが、そんなことはどうでも
よくなるくらい、攻めの電波さが際立った作品でした。

壁に投げつけない自信があるトンデモハンターの
猛者のかたにのみ、オススメします。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:18 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:18 | - | - |