-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『月に笑う』(上・下)/木原音瀬(梨とりこ) | main | ぜんぜんぶらりしていない旅 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
マニアなレビューのマニアックな感想
木曜の夜に書いた「意外と長くなった」話が今日の記事です。

長いこと続けていると感想記事が増えてきて、
過去作品のアーカイブが増えるのですが、
それはここに限らず、感想を取り扱う場所があれば
日増しに増えていくわけです。そうすると、
「だれも書いていないマニアックな本の感想」と
呼べるものがなくなってくるわけです。

だからって別に何か困るってことはないんですが、
たまにはマニアックな感想を書きたいなあ……と
いうことで、題してマニアなレビューのマニアックな感想、
【まるごと!ゲイビデオ三昧】の感想です!



商業誌どころか同人誌でもない、雑誌の付録!
そして好きな人が少なそうなキワモノで
ブログ名ともぴったり!えーなになに、
「本誌人気コーナー『いきなりゲイビデオ三昧』」のべ71作品より
深井結己先生の選んだ歴代ベスト10作品を代発表!アンド、
ゲストの先生方による「出張!ゲイビデオ三昧」も
収録した完全保存版!

ほんとに人気のコーナーなのかなあ、知り合いの腐の人で
真剣にゲイビが好きで見てるひとを見たことがないです。
でも、付録になるくらいだし、池袋のだらけに
DVD置いてあったし、麗人とかピアスを読む人は
刺激を求めてるのかもだから意外と愛好家が
いるのかもしれないなんてことを思いつつ。

ちなみに私は一人暮らしのころはたまに見てました。
自分ひとりで親が部屋に入ってくることもないし、
安く調達できる街が近場にありましたからね。
いまは実家&BLに貢いでいるため、ご無沙汰です。


さて、中身は麗人本誌で書かれていたのを
まとめているだけなんですが……それでも面白い。
私は本誌はここ最近で買い始めたため、1つ以外が
初見ということも一要因ですが、他にも色々とあります。

第一に、作品のタイトル自体が笑えます。
「美少年ゆたか」「湘南夏色バナナ」「猥褻病棟24時」は
まあ、ありえるだろう、というレベルの面白さですが、
「僕の土瓶で君のまつたけ蒸してみない?」は
ころげまわって笑いました。

エクスカリバーやキャンディバーやお腰の剣など、
攻め側のを誇張した高名な表現はあるものの、
「まつたけ」と卑猥ながら平凡の域を出ない表現に、
「土瓶」をつけるだけでこれだけインパクトのある、
それでいてユーモラスでトンデモな表現になるとは!
これだけで見たくなります。(トンデモ好きの血)

エクスカリバーは単品であれば最強ですが、
「エクスカリバー」と「鞘」ですと、
「まつたけ」と「土瓶」のように、これといったらあれ、
という阿吽の呼吸を感じさせるものではないですね。
(本当の剣のほうならもちろん鞘も重要だけれど)


第二に、自分の感覚と違いすぎるのが興味深いです。
「ゲイビ」=「性欲を満たすもの」として見るわけで、
というか自分はそういうときしか見たくないのです。

よって三文どころかビタ一文すらやれない芝居やら、
女郎(男だけど)や病院のシチュエーションやらは
正直、萎える。邪魔。不要。と思ってしまうのですが、
けっこうそのへんを受け入れられてるんですよね…。

これは性別の違いのなせる業なのか、それとも
嗜好の問題なのか……わかりませんが、
自分のBL妄想とゲイビの妄想話はまったくもって
違う位置にあるのだ、ということが認識できました。
あ、でも実写BLもダメだな…うーん、難しい。


で、ラストの第三は、ゲスト作家の絵の詐欺っぷり。
稲荷家房之介さん、井上佐藤さん、鬼嶋兵伍さん、
ユキムラさんがゲストとして描かれていますが、
よくもこれだけフィルターを通したなあ……!
全部「あ、この通りだったら苦手な小芝居でも
見るかもしれない…」というフラグが発生します。


残念ながらネットで調べてパッケージを見ると、
「俺、この戦いが終わったらあいつと結婚するんだ……」
というフラグと同等で、絶対に見ませんけれどね。
だって、これが、これですよ?

理想
二次元

現実→こちら

(もっとも落差が低いと思われる方をセレクトしました。
ちなみに画像は流用元から18禁部分を削除しました。→元画像(18禁注意))

深井さんの絵は美しい!とは褒めがたいんですが、
少なくともこのレビューは、妄想が入りすぎず、
現実に近くてよかったのかも……。


と、なんだかんだ言いつつ、オススメはしませんが
これだけ書いてるんだから面白かった付録でした。

P.S. 一番の詐欺師は個人的には井上佐藤さん。
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 01:11 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:11 | - | - |