-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< ぜんぜんぶらりしていない旅 | main | 『スウィート・レクチャー』/佐伯まお(せら) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『夢は廃墟をかけめぐる』/渡海奈穂(依田沙江美)
普段は日曜日に掃除をするので、火曜日ではさほど
部屋は汚れていないんですが、今週は土曜日に掃除して、
そのうえ日曜にどっさりと本を買ってしまったため、
机の上などが非常に目障りな状態になっています。

といっても、人の背丈ほど積んでるわけでもなし、
椅子にまで物が積んであるわけでもなし、
ぜんぜんマシじゃん♪ なんてオフ会で聞いた話を
もとに判断してしまっている自分が怖いです。
ダメよ!積読200冊に慣れたら次は300よ!
300冊はさすがに積読棚に入りきらないので、
それは阻止しなくては……頑張ろうっと。

さて、今日の感想本は、廃墟オタク攻本です。
身も蓋もないですが、それでは以下にて。


『夢は廃墟をかけめぐる』/渡海奈穂
新書館 (2007/10)
【Amazon】


☆あらすじ
撮影に訪れた廃墟の島で、カメラマンの伊原木(いばらぎ)は
一人の男と出会う。周囲の景色に無理なく馴染む様子に、
伊原木は理想の“廃墟の精”を見出した。そして、
町中で再会した妖精の正体は三島要(かなめ)、
妻に離婚され会社からも不当解雇され、人生を捨てかけている
元エリートサラリーマンだった。行き場のない三島を
伊木原が連れ帰り共に暮らすうち、自由な伊原木に
影響を受け三島も変わり始める―。年下攻ストレンジ・ラブ。

*   *   *   *   *   *

ストレンジラブってなんじゃい、とつっこんでから、
英語でそういう言い方があるのかな?と検索してみたら、
映画のタイトルしか出てきませんでした。
この作品のニュアンスでは「変わった恋愛」ぐらいですが、
映画の訳は「異常な愛情」で、なんか重みが違う……。
なんでもラブで締めればいいってもんじゃないと思うよ!
って、前にも書いた気がするなあ。まあいいか。

えー、あらすじへのツッコミはそのへんでさておき。
自分の中における渡海さんの印象は、
野球なら二番打者、というような気がします。

ホームランはめったに打たないけれど、
打率自体は低くなく、堅実にランナーを
進めるバント巧者といった安心感があります。

しかし、いくつか読んだ中でこれは好みだなあ、と
思ったのは、この作品と、「たまには濃いでも」です。
それらに共通しているのは、オタク攻作品だと言うことです。

どうしても「オタク」はステレオタイプな「オタク」が
多く登場するので苦々しい気持ちで読むことが多いのですが、
渡海奈穂さんの作品だと不思議とそう感じません。

今作の攻めも、狭い領域内でしか平常の
コミュニケーションができなくて、廃墟マニアで、
恋愛よりもそっちが優先……と、十分に問題が
ありますけれど、どこか憎めないのです。
なんというか、オタク側から見た、オタクの充実ぶりと、
非オタク側から見た迷惑なオタクの側面も、
どちらも描かれていて、押し付けがましくなく、
さりとて擁護しすぎてるわけでもないのです。
この視点が、私(BLオタク)にとって嬉しいところ。

そして、それは「オタク」は当然恋愛面へもつながります。

「こんなのはじめて」ってBLでよく見かけますけど、
百戦錬磨でやりまくりだった攻めが言うより、
オタクでコミュニケーション不全の攻めが
言ったほうが身近で説得力があるように思います。

人付き合いが苦手で、まともな人付き合いを
諦めていた攻めが、はじめてちゃんと恋をして、
相手にも受け入れて貰って言うからこそ、
より言葉に説得力が増すのです。
あ、だからオタク攻めが好みなのかも……。


また、受けは受けでやぶれかぶれだったのに、
世を少し外れた攻めによって価値観を変えられ、
次第に攻めに惹かれていく過程が良いです。
(ほんとはここが主題ですがオタク攻で書きすぎました(笑))

受けがいるだけで攻めの欠如した部分が補われるし、
逆に、攻めがいるだけで受けの損失した部分が満たされ、
どちらも成長するカップリングの在り方も非常に好みでした。


ただ、もったいないなと思ったのは、
受けがオッサンという描写があるのだから、
もっと枯れてもいいのに……!とあとがきを
読んでそんなことを思いました。
皺とか白髪とか、ばっちこいだよ!

というわけで、オヤジスキー的にけちをつけましたが、
おおむね楽しんだ一冊でした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 02:37 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:37 | - | - |