-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『夢は廃墟をかけめぐる』/渡海奈穂(依田沙江美) | main | 更新の話とおお振り2期2話・3話の感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『スウィート・レクチャー』/佐伯まお(せら)
自分のレスも含めてですが、「BANANA FISH」の
コメント数が20を越えて、びっくりです。
「BANANA FISH」はいまだに人気があるのだなあ。

ちなみに、コメント数が2ケタのものですけれど、
ここ最近ですと、J庭レポート&非実在青少年の記事、
歌舞伎の記事、小説読みが少なさそうという記事など、
これといった共通点はないようです。

だからなんだということもないのですけれど、
ひとつ共通しているのは、トンデモ本感想には
2ケタのコメントはないなあ、ということ。
だがそれがいい、と思ってしまうのは業…でしょうか。

というわけで、今日は私の大好きな佐伯まおさんの
笑えるトンデモ系な作品でした。以下、感想です。





『スウィート・レクチャー』/佐伯まお
【Amazon】
プランタン出版 (2005/3/11)


☆あらすじ
身寄りのない由宇(ゆう)は、食事を奢ってくれた桑折(こおり)の
高価な壷を割ってしまい、売り飛ばされることに!
しかも、桑折が校長兼講師を務めるスクールで
エッチのお作法を訓練してからだって!?
濃厚なキスや喘ぎ方、腰使いまで巧みに教え込まれて
「さあ、おねだりしてごらん」彼に囁かれると、
由宇はなぜか素直に体を疼かせてしまう。
逃げ出したかったはずなのに、ずっと傍に
いたいとさえ思うようになって…

*   *   *   *   *   *

受けが借金のカタに売り飛ばされたのを攻めが買って、
最初のうちはイヤよイヤよだったのが次第に……
というのは珍しくもないですが(BL界隈において)、
しょっぱなから攻め自身が受けを売り飛ばそうするのは
珍しいですよね。(10ページでそこらで売れてるし)

なぜそんなことになっているかというと、
あらすじの「桑折が校長兼講師を務めるスクール」は、
「受け」の閨での振舞いを教えるスクールであるがゆえに、
そのような事態になってしまっているのです。
……うわあ、意外。(喋り方は平坦に)

しかし、桑折の教育は実に真剣です。
まず、入学式と称して、キスからペッティングで身体検査。
そののち、本格的な講義が始まります。
その授業風景をちらりとお見せしましょう。
桑折:「…(略)…朝の講義といこう。君が受けとしてどのような
タイプに属し、どう振る舞うことを期待されているか、説明をする」
由宇:「受け、ってなんですか?」
桑折:「愛を受ける男の子のことだよ」(p.45)
なんか違うけど間違ってない!っていうか
この説明、かっこいいな。一般人に聞かれたら
このように答えるのがベストですね。(嘘)
(受けには型があるという説明ののち)
「やんちゃ型はオーナー絵の反抗が過ぎると契約解除されてしまうから、
やんちゃの加減に最新の注意を払わなければならない。
ある種の細やかさがないととても務まるものではないね。
そしてクールビューティー型は比較的雇用条件がいいが、
言動や立ち居振る舞いを一から上流階級のものにしなければ
ならないから、ブラッシュアップに時間がかかるんだ」(p.48)
受けも裏では努力を欠かさないのね……ってメタすぎ(笑)
また、夜の実践編も少しだけご紹介します。
(あえぐ由宇に対して)「だいぶナチュラルでいい感じだけど……
ちょっと一本調子かな。喘ぎというのも奥が深いものだから、
もうちょっと変化を出してみようか」(p.66)
AVの監督だってこんなこと言わなさそうな完璧主義です。
(まあ、実際のBLの受けでも重要なポイントですけれど)

とまあ、1つ1つのレッスンが事細かで、かつ、
小林典雅さんのような過剰な描写ではないですが、
ツッコミどころたくさんのシーンがたびたびあり、
もう今日は電車の中で危ないひとになっていました。
さりげなく凄いこと言わせる筆力が素敵です。


残念ながら、イヤイヤから幾分か和解して、
第三者に嫉妬→気持ちに気づくがすれ違う→ハッピーエンド、の
流れは非常にオーソドックスで、ちと陳腐です。

が、とっぴな設定から、きちんとBLらしい本筋へ
持っていく力はありますので、安定感はあります。
ダメなときはとことんダメなトンデモ系への
チャレンジをしやすくしてくれる、初心者にとって、
ありがたい作者さんかと思います。

というわけで、今日は引用文章多めの感想でした。

P.S.どうせならの文言を帯にして欲しかった…。
「すごい勢いだな。綿棒を外す子、初めてみたよ……」
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 00:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:55 | - | - |