-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 更新の話とおお振り2期2話・3話の感想 | main | 『グリーングラス』/暁由宇(岩清水うきゃ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『描くのは愛』/剛しいら(朝南かつみ)
週末は暖かくなります、と予報では言っていたけれど、
昨日も今日も、金曜に比べると暖かい、であって、
4月半ばとしては肌寒かったように思います。
私が外出できないのがその証拠です。(寒いから)

つまりは一日中家の中にいたのですけれど、
そんな折、朝食を食べたあと部屋に戻ったら、
なんだか図書館の匂いを感じました。
圧倒的な本の匂いとほのかに混じるカビ臭さ、
うーん、ちょっとノスタルジックな匂い。

積読本たち「部屋掃除してないのと何年も経った僕たちのせいかと」

はい、そうです、すみませんごめんなさい。

というわけで、今日は積読消化に勤しみました。
部屋の掃除?そんなの関係ねえ!
(↑これ、もう3年前のギャグなのね。懐かしいなあ)
表紙の過激さでなんとなく積んでいたこちらですが、
先日薦められたので、読みました。
おお、これは面白い!読んでよかった。
それでは以下、感想です。




『描くのは愛』/剛しいら
心交社 (2009/9/10)
【Amazon】



☆あらすじ
的場幸洋(ゆきひろ)は父の汚名を濯ぐため、天才贋作師である
阿久津修平の元を訪れる。すべてがうまくいくように思えたが、
完成品の存在しない作品を描く代作だということから事態は一転する。
まだ見ぬ作品のために、自分にできることならなんでもすると
決めた幸洋だったが、なぜか修平にキスされ押し倒されてしまう。
やらせるのが仕事を受ける条件だと言われた幸洋は何も言い返せず……

*   *   *   *   *   *

「剛しいらさんの作品は、数が多すぎてどれから
読んだらいいかわからない」という未読のかたは、
意外と多いんじゃないかなと思っています。
というか自分がそうだったんですけれど、
もうほんとに多すぎ。Amazonで検索すると、213件!

作品だけでなく、読んでみるとジャンルも多すぎです。
「リーマン」「料理人(フードもの)」「ミステリー調」
「演劇もの」「サスペンス調」「和もの」「時代もの」
「アホアホコメディ」「ファンタジー」「ヤクザ」「JUNE」、
ちょっと思い浮かべただけでもこんなにあって、
それも各ジャンル内でも著作が複数冊あります。

しかも、レーベルでも味付けが微妙に違っていて、
また、BLではない作品も多数あって、
たとえ読んだことがあっても非常に迷います。

そんな中、もし未読のかたにオススメするとしたら、
「演劇もの」か、今作のような「創作もの」が
いいのではないかな、と思います。
創作をされているだけあって、何かを作ったり
表現するひとが登場する話ですと、
作中に登場する創作物、いわゆる作中作や劇中劇に、
強い思いがこめられているような力を感じます。

今作でいうと、ポイズンという作家の贋作を
作成する過程が大きな流れとなっているのですが、
絵そのものがもっているドラマまで、
いかにもそれらしく設定されています。

ちょっとネタバレが過ぎてしまうかもしれませんが、
画家ポイズンとその絵に描かれていた人物に
とある背景があり、それだけで1つのドラマなのに、
それを下地にして幸洋の周囲の人間模様が交錯するのです。

あ、↑に2つが交錯しているように書きましたけど、
幸洋の父が絵を持ち出したという15年前の背景もあって、
ほんとうは3つです。たかが絵一枚、されど絵一枚なのに、
絵そのものの背景と過去と現在がトリプルクロスすることで、
まるで絵画の世界でこんなことが本当にあったんじゃあ
なかろうか、という見事なリアリティがあります。

それだけでなく、親子間のつながりだとか、
いろいろ描かれているんですけれども、
上記は創作物ものだからこそな内容で、
剛さんの面白い作品群に入るかと。
攻めの父親はなかなかいいオヤジでした。


ぜーんぜんカップリングのこととか書いてませんね。
今更このブログにそれを求めるかたは
いないと考えてパスさせていただきます。(笑)

ところで、スピリチュアルな面というか、
オカルトチックなところがありましたが、
近作だと『愛玩人形』もそうでしたけれど、
そういう(剛さんの中での)主流なのかしら?
まあ、いいか…『愛玩人形』ほど狂気を感じなかったし。

というわけで、アタリの創作もの作品でした。

P.S.
表紙は凄いけど、読むと別の意味で凄く感じます。
赤い薔薇、青い薔薇、王様の象徴、道化師の象徴…
小物のディテールが作中作と相俟ってて凄い!
| [BL・小説]剛しいら | 22:36 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:36 | - | - |