-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『描くのは愛』/剛しいら(朝南かつみ) | main | 『ヴァージン・キラー!』/吉田珠姫(よしいくざんす) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『グリーングラス』/暁由宇(岩清水うきゃ)
本日定時退社したら雨が降っていたうえに、
時間がかぶっていたらしく、大学生の集団が
横並びにたらたらと歩いてて、あーやだやだ、と
思っていたら、集団の最後のほうに目が奪われました。

それは男同士の相合傘だったんですが、
そのさしてる傘は2人入るには小さい傘で、
そういう場合って普通は入るほう(以降A)が遠慮して
ちょっと濡れたりするじゃないですか、それが逆で
さしてるほう(以降B)が傘の下にいる面積が少なくて
肩が濡れてるんだけど何も言わないで
さしてるとかどんだけBの想いが深いの!
Bの肩の雨水は相合傘という幸せの代償?萌える!

しかもAは、さしてる子と逆側にいる子(以降C)と
楽しそうに喋ってて、でもちらちらと横にいるBも見て、
3人という微妙なポジションを配慮して……って、あ、
B→A→C で、AはBが自分(A)のこと好きだと
知っているんだけれど知らないふりして友人を続けてて
BはAの気持ちがCへ向かっているとわかっても
傍にいたい情け深い朴訥攻めってことか……おお滾る!
あれ?でもなんでCの傘にAは入らないんだ?
ああそうか、Cには臆病になっちゃうAが
本当に信頼してるのはBで、よってB×AでQ.E.D ね!
ってとこまで受信したら駅でした。恵みの雨に感謝です。
これだけで幸せになれるって幸せだなあ、妄想って。

ええっと…これだけで終わりそうな勢いで書いてしまいましたが、
本題は以下の感想です。暁さんの作品で一番好きかもしれないです。
それでは折りたたみます。




『グリーングラス』/暁由宇
マガジン・マガジン (2004/5/8)
【Amazon】


☆あらすじ
真剣な気持ちで付き合っていた恋人との別れに深く傷ついた
祀(まつり)は、ふとしたきっかけから高級デートクラブの
『グリーングラス』でバイトを始めることになる。
それぞれの事情を抱えた客たちと身体を重ねるうちに、
次第に癒されていった祀の心だったが、いつしか落ちていた
新たな恋の相手はあまりにも遠い存在で…!?

*   *   *   *   *   *

素晴らしく珍しい形式の作品だと思います。
「男娼もの」というとさほど昨今ではさほど珍しくは
ないように思われますが(BL界隈限定で)、
デリバリーされるタチであるということ、
それも、結局客=攻め1人なんてことはなく、
複数の客にデリバリーされるオムニバス形式、
ということが非常に珍しいですよね。
現実的にはそれが普通なんでしょうけれど、
一穴一棒至上主義のBLではあまり見られません。

で、ピアスノベルスなのでエロが濃いっていうより、
3分の1以上がそれではなくてはならないという
暗黙じゃないルールがあるため、濡れ場だらけです。

ですが、不思議と不潔!という気持ちにはなりません。
これがありだと思える理由があるから、凄いのです。

それは、たとえデリバリーという立場であっても、
お客さんと触れあうときは、それこそ恋人のように抱くし、
そうでないときは親身に話を気持ちに聞くからです。
女装して犯されることが目的のお客さんであれ、
心の中にまだ好きな人がいるお客さんであれ、
誠実に対応するから、退廃した雰囲気を感じません。

そして、もう1つは、祀自身も本来は受身であり、
お客さんを抱くのは「与えられた役割」であって、
心の底からの愛情表現ではないということです。

だからこそ、気持ちがふらふらとしているような
描写に見えないし、また、本来は受身だからこそ、
受身のお客さんの心情を汲み取ることができるのです。

そして、お客さんの心の傷を癒すことで自分の傷も癒え、
お客さんも祀も、臆病な心を抱えながらも恋へ向き合う、
というステップになっているのです。

いやあ……これ、ほんとうに素晴らしい。
「薄幸な美人受けが攻めに身請けしてもらう」っていう
男娼ものの構図が好みじゃなかったんですけれど、
こういう男娼ものは、断然ありです。どんとこい男娼艶笑。


ところで、作中で登場して、一部がタイトルにも
なっている曲・「思い出のグリーングラス」ですが、
45年前につくられた(!)こんな曲(↓)なんですね。



和むメロディだけど死刑囚の歌なのかあ……、
でも、なんでこの曲?死刑囚でもないのに?と
ちょっと気になって英語の単語で検索してみたら、
アルクで面白いものが見つかりました。

http://eow.alc.co.jp/green/UTF-8/
http://eow.alc.co.jp/green+grass/UTF-8/
green【形】
3.〔人が〕未熟の、経験の浅い、世間知らずの

as green as grass
草のように緑の、全く青二才で、初心の、世間知らずで、
無知{むち}で、だまされやすく
なるほど……未熟でつらかった恋を乗り越えて、
"グリーングラス"を卒業するのですね。ぴったりです。
歌詞訳は↓のサイトのが好きでした。

http://plaza.rakuten.co.jp/lyricsmusics/diary/200711090000/

うーん、当然ここまで全部考えてこのような
タイトルと構成になっているわけですよね……。
敬慕の意をこめて、暁由宇、恐ろしい子!!

上半期ベスト10入りほぼ確実です。
ピアスは手に入りにくいし、未読の方が多いかと
思いますが、手に入るようでしたらぜひどうぞ。
| [BL・小説]暁由宇 | 22:58 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:58 | - | - |