-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『グリーングラス』/暁由宇(岩清水うきゃ) | main | ゴールデンは、ひとそれぞれ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ヴァージン・キラー!』/吉田珠姫(よしいくざんす)
「よしいくざんす」ってよしいくぞうの進化系ですか?
ちょっとした疑問を先に書いてみました。こんばんは。

今朝、いつもどおりにオートマティックに起床して、
オートマティックに本を鞄に放り込んだんですが、
失敗してしまいました。

1冊はBLで、寝る前に3ページくらい読んでいて、
これは面白そうと思っていた本。(実際面白かったです)
で、もう1冊は、昨日から読んでいた非BLなのですが、
薄い本の7割がたを既に読んでいて、つまり、
両方あわせても帰りの電車で時間が余っちゃう量で…。
手持ち無沙汰なんですよね、何もすることがないと。

しかし、しょうがないから雑誌でも買うかー、と
帰りに本屋さんに寄ったら、『BabySteps (12)』が
売っていて驚喜です。表に入れ忘れててラッキー!(?)
それをあわせて最寄り駅までの時間を本を読んですごせました。
ううむ、やっぱり本屋はまめによっておくべきですね。

さて、今日の感想本は、前日に読んでいた本です。
すんげーくだらなくて電車の中で噴きました。
こういうアホアホ大好き!というわけで、以下感想です。




『ヴァージン・キラー!』/吉田珠姫
白泉社 (2002/06)
【Amazon】



☆あらすじ
名門男子校・聖十字学園には、男の純情を弄ぶ者を
セックスで成敗する「ヴァージンキラー」伝説がある。
だがその活躍は絶えて久しく、美貌を鼻にかける者たちの
身勝手がまかり通っていた…。高等部二年生の佐藤純太郎は、
人気No.1で、幼なじみの香山美架に振り回されてばかり。
誰の求愛にも冷たい美架が、試験問題を盗めた者の
(注*先生達は、盗みに挑戦するのを許可している。どんな学校だよ)
恋人になると宣言したから、学園は大パニック!!
美架を密かに想う純太郎も奮起するが…。

*   *   *   *   *   *

このあらすじ、ヴァージン・キラーのカラー絵、
タイトル、お値段(K-booksで157円なり)で
買わなきゃ男がすたるってもんでしょう。
そんな男はすたっていい?私もそう思います。

まあ、とにかく懐かしの学園ものなんですけれど、
話が続けば続くほどいわゆる総ホモ化してしまう、
という状況に陥りやすいものです。

がしかし、この作品は違います。
わざわざ「この学園に入学して数ヶ月経つと、
学園内の誰かに恋をしてしまうのである。」と
懇切丁寧に説明してくださるぐらい、潔く、
最初から総ホモ化している学園ものなのです。

そして、学園では、男が男の純情を弄ぶ輩がおり、
それをセックスで成敗する「ヴァージンキラー」が
過去に存在し、今も伝説として語り継がれているのです。

ナルホドくん、発想を逆転させるのよ……
「学園BLの生徒はなぜ総ホモ化するの?」ではなくて、
「生徒が総ホモ化しなければいけない学園BLとは?」と考えるの。
その真実は、『ヴァージン・キラー!』なのよ!(by千尋さん)

…………。ちょっと悪ふざけが過ぎましたが、
以上が受け入れられれば、もう勝ったも同然です。
ここから先は、爆笑の渦にのみ込まれます。

まあ、表紙にヴァージンキラーがいるんだから
おわかりでしょうが、純太郎がなんと29代目という
無駄に伝統のあるヴァージンキラーに採用され、
とんでもなくヘタレ童貞なのにビッチな子を
犯さなきゃいけないようなはめに陥ったり、
宝塚ファッションに身を包んだBL作家の母
(1行で書きましたがめっちゃ濃いキャラです)に
ヴァージンキラーについて根掘り葉掘り聞かれても
秘密を言えずにウジウジしてたら罵られたり、
ついにはヴァージンキラーの対象となる美架を
成敗しなくてはいけないという状況になったり。

悲惨に悲惨を重ねる純太郎ですが、
文体やフォントいじりもあいまって、
悲惨になればなるほど喜劇で笑えるんだ、これが!
内容そのものはベタの域を出てはいないんですが、
ツボを抑えているというか演出方法が上手いというか。

……まあ、小難しいことはなにも考えないで、
感覚であっぱらぱーと笑ったほうが楽しいですね。

300ページ以上もあるのに、セリフ(≒余白)の多さと
面白さにより、あっという間に読んでしまいました。
当然、アホアホコメディを読みたいときに、オススメです。
| [BL・小説]吉田珠姫 | 23:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:24 | - | - |