-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< ゴールデンは、ひとそれぞれ | main | 2010年5月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『隷辱の人魚』/吉田珠姫(高座朗)
今日はいいお天気だったので漫画喫茶に出かけて、
2時間ほどマンガを読んだ後、BLを買い込んで、
図書館でゴールデンウィーク用に予約していた本を
受け取って、自宅でしこたまBLを読みました。
その反動で頭が痛いです……馬鹿だなあ。

そういえば、昨日の記事には書きませんでしたけれど、
一般書も上下巻を1セットと、コラム集を2冊と、
ミステリを1冊読む予定です。あとオークションで
狙っているものが1つ…ってそんなに読めるのかな?

まりしんは今日読み終えたから除外して、
昨日の予定だけで、F&B3日、JUNE全集各1日で2日、
幸村殿1日、吉田秋生のコミックス1日、か。
うん、無理ですね!なんか毎年こんなことを
繰り返しているような気がします。

それはさておき、吉田さん続きの感想です。
吉田さんのSFということで、ちょっと積んでましたが、
いつもどおりヘンに凝ってる面白い吉田作品でした。
以下、感想です。




『隷辱の人魚』/吉田珠姫
白泉社 (2010/4/20)

☆あらすじ
2000年代初頭、核戦争が勃発し、人類・生物はすべて死滅した。
月基地にいたごく少数の人間だけが生き残り、
何とか人類を増やそうと自然分娩を禁止し、
人工授精、人工子宮での大量繁殖に踏み切った。
やがて人類は人口を増やし再び地球に戻り、
他の星々に植民地を作っていった。
新暦1375年。喜多島勇(いさむ)は週に一度行われる精子採取の時、
実際の性行為の経験など誰も無いこの時代に、
なぜか少年が犯されるイメージが脳裡に浮かぶ。
これはいったい何を意味するのだろうか!?

*   *   *   *   *   *

SF…ということですけれど、ヘンな方向に
凝っているSFでした。それだけの技術があるのに、
やってるこたー精子採取かい!みたいな(笑)

精子や卵子採取という行為が是とされ、
セックスをする必要はなく、むしろ、
そんな行為はおかしいとされている世界。
仕事や採取をすることでたまったポイントで
サプリのような食事を取り、日常生活を送る。

まあ、妙ちきりんな設定ではありますけれど、
それでも、もしこんな世界があったらと
想像したくなったり、今の現実との対比を
考えてみたくなる設定で、引き込まれるものがあります。
(版権的に大丈夫なのか微妙な某猫型ロボットは欲しい)

ここまで作りこまれてるのは、BLだと
けっこう珍しいかもしれません。
というかSF設定自体が少ないですしね。
それを吉田さんが書いてくれたのが、嬉しいです。

(ただ、それだけの技術があるのに、自殺者が非常に多い、
というエラーに対して、誰もシステムを見直そうと
しないのが不思議ではありますけれど。
それを言っちゃあBLじゃなくてSFになっちゃうので、
その辺はつっこんじゃいけませんね。)


で、そんな世界の中で出会うボーイとボーイですが、
これまたぶっ飛びつつも意外な設定なんですよね……。
ネタバレになるので詳しくは書きませんが、
自分からもっとも遠い存在だったはずなのに、
実は一番近い人だった、みたいな。

ラストも、世界に影響するような展開なのに、
卑近な関係で完結するところが、うーん、
あっ、そうか、別に厳密なSFではなくて、
「もの凄いSFセカイで出会うボーイとボーイ」、
セカイ系っぽいのか!と思うと腑に落ちました。

だから、こんなにぶっ飛んでいるのに、
一見日常っぽいのに中身はハイパーぶっ飛んでる
『ピジョン・ブラッド』のように、
読後まで衝撃は残らなかったのか…。
あー、すっきりした。別にSFとセカイ系を
分別する意味は特にないんですが、
自分にはこの考え方がしっくりきました。

すみません、最後のほうは思考漏れてるだけに
なってしまいましたが、ぶっ飛んでるわりに、
さほど衝撃は受けなかったな、と言いたかっただけで、
面白いかどうかで言えば、面白い作品です。
ぶっ飛び設定カモン!な方であれば、ぜひどうぞ。
| [BL・小説]吉田珠姫 | 01:05 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:05 | - | - |