-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 2010年5月新刊購入予定リスト | main | おお振り4話の感想と4月の読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『パーフェクト・ラブ』『エクセレント・ラブ』/たけうちりうと(小路龍流)
ゴールデンウィークがはじまりました。が、
初日から寝すぎて出鼻をくじかれました。
これじゃダメだ、もっと有意義に!と奮起して、
読みたかった本を引っ張り出して、積んでみました。


う、うーん……。
諦めていいかな。

とりあえず、明日はなるべく
早くに起きて、規則正しく、
午前中から読書しようっと。
…おお振りを生で見るのに
起きられるか謎ですけれど。

あ、そうだ、溜めてしまっていた
コメント、先ほどお返ししました。
遅くなってすみませんでした。



さて、それでは今日の感想本は、
久しぶりに読んだたけうちさんの作品です。



『パーフェクト・ラブ』『エクセレント・ラブ』/たけうちりうと
雄飛 (2001/12-2002/02)
【Amazon】

☆あらすじ
「採用試験がわりにDJを抱いてみる気ない?」
レストラン兼バー『リボルバー』のオーナー・ヒロのもとへ、
問題児・瑞希が面接にやってきた。思いきりよく服を脱ぎ捨て、
脅迫まじりのセクシャルなセリフを吐き、いい匂いのする
触り心地最高の肌で誘いまくりの瑞希に、自他共に認める
『スケベなゲイ』は、まんまと攻略されてしまう。
ところがこのおしかけ子猫、威勢がよかったのは初めだけで、
その後ちっともヤラせない。そのくせ、ヒロに対する
独占欲は人一倍で…!?絶倫×ヤキモチ妬きの大恋愛、前編!
(あらすじ・画像・リンクは『パーフェクト・ラブ』のものです。
『エクセレント・ラブ』へのリンクは、こちら。)

*   *   *   *   *   *

きょうび、攻めや受けが生粋のゲイである作品は
珍しくないですけれど、ここまでオープンリーで、
自然なゲイが攻めというのは珍しい気がします。

しかし、このヒロという男、オープンな
ゲイなのにどことなくゲイらしくなく、
ノンケっぽいのです。

ゲイって公約数的には「男らしい男」が好きですが、
「男らしい男」は、突き詰めれば「ノンケ」であって、
でも、ノンケは基本的に女性が好きですから(BL世界を除き)、
そこに矛盾が発生するのですけれど、
ヒロは憎らしいほどノンケっぽい。

ちょっとやんちゃでスケベな少年がそのまま
かっこよくオトナになったというか、
いきがってる高校生とか中学生の男子が
「アニキ」(性的な意味ではなく)と
呼びたくなるであろうキャラなのです。

30才にしては決まりすぎですけれど、
こういうキャラ、好きだー!
あと10年経ったら粋(いき)なオッサンになりそう。


で、クールだけれどホットなヒロに相対して、
登場時は単なるつっぱった子供だった瑞希ですが、
ヒロが瑞希を恋愛対象だと認めるにつれ、
また、瑞希もヒロに惚れこんでいくにつれ、
パワーバランスの変化が起こるのです。

はじめのうちは、過激できかん坊な瑞希に
振り回されつつも余裕のあったヒロですが、
なんと、ヒロにとって厄介な相手である母親を
上手くあしらうほどに成長した瑞希に並ばれ、
甘やかしてもらうようになるのです。
(赤ちゃんプレイではないですよ。念のため。)

甘えたり甘やかされたりというのは、
受けと攻めが対等でなければできないことですよね。
水と油だったふたりの、パートナーの絆が深まる過程と、
その結果が2巻にわたり密に書かれていて、
とても面白かったです。


お話自体も、どちらかといえばオトナでクール
(あまり派手ではない、の意味も含めて)ですが、
全体を読んでみるとホットな作品でした。

2巻のうちには、第三者の視点の話などもあり、
お得感たっぷりです。中古しかないと思いますが、
もし見かけることがありましたら、どうぞ。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 00:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:23 | - | - |