-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おお振り4話の感想と4月の読書メーターまとめ | main | 『落花流水』/凪良ゆう(石原理) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『翼あるもの』(上・下)/栗本薫
ここ3日間ぐらい、ほとんど外に出なかったら、
非常に鬱々とした気分になってしまいました。

外出しないから鬱気分なのか、
鬱気分だから外出したくないのか、
卵と鶏ですが、そんな自分に嫌気が
さしてきてちょっぴり危ない感じでした。

今日、奮起して久しぶりにひげも剃って外出したら
どよーんとした気分がだいぶ晴れました。
というか浪費したらスッキリしました。
ひきこもって植物のように生きるのもいいんですが、
たまには物欲に燃えるハンターにならないといけませんね。

とはいっても、スパコミに行くほどの
気力はなかったんですが、ね。
行かれた方はお疲れ様でした。

さて、どよーんとした気分にさせたのは、
GWの課題図書であり、今日の感想本でもある、
この本のせいだったのかもしれません。
ということで、以下、感想です。
(Rさん、オススメありがとうございました。)


『翼あるもの』(上・下)/栗本薫
文芸春秋 (1985/05)
【Amazon】→

*   *   *   *   *   *

この本は、上下巻でだいぶ印象が異なります。

上巻は、今西良(またの名をジョニー。沢○研二が
モデルだから?)が、天性の魅力で人を魅了するゆえに、
良をめぐる愛憎劇が繰り広げられる、という内容ですが、
正直、「なんでこれがJUNEとして有名なの?」と
思ってしまいました。(問題発言かな、これ)

たしかに周りのひとたちはせめぎあっているし、
暗い熱気に満ちた雰囲気ではあるんですけれど、
なんというか、信仰対象と狂信者の愛かなあと……。

うーん、上手くいえないんですけれど、
良は、理想的な対象というか崇敬の対象であって、
「絶対的に愛されるもの」以外ではないために、
ひとりの人間として実感しにくいんですよね。
そこが、自分の中にあるJUNE的な感覚と、
あんまりマッチしなかったのだと思います。
(BLがない環境(年代)において、
この作品を読んでいたら衝撃的でしょうが)

耽美的ではあるし、著者の熱量は伝わってくるのですが、
その分暗いし重いし、BLじゃないから終着点も見えないし、
固有名詞や略語(例:GS)は調べないとわかんないものも多いし、
下巻もこれならきついなあ、と思ったんですが……。


なるほど、なぜこれがJUNEなのかわかりました。
下巻は、自分のJUNE的感覚にもぴったりきました。

超おおざっぱにあらすじを書きますと、
今西良が光だとすれば、その影である森田透の話です。
この森田透という男の物語は、すごいのです。

「絶対的に愛されるもの」である良を受け入れられず、
劣等感を抱き、ちっぽけなプライドだけを頼りに
グループを抜けてソロデビューしたのはいいけれど、
うまく行かずに男娼にまで落ちぶれてしまいます。
それでも、良を意識せずにはいられないのです。

どんなに報われたくても報われないで、
愛されたくても、愛されない。
でも、肥大した自意識は変えられない。

そんな彼を包んでくれる巽という男に、
ようやく愛されることができますけれど、
でもその愛も喪います。
透にとってものすごく残酷で過酷な話です。

だが、それがいい。このコアの心理描写はすごい。
自然に感覚的に、透の痛みが沁みこんできます。

この孤独でちっぽけで愛されない青年の喪失、
これよ!おお、これこそJUNE!って印象でした。
JUNEをまともに受けてしまうころに読んでたら
けっこう危なかったかもしれません…。
今だって、ほんの少しだけあるJUNE心を
ぎゅっとつままれましたもの。


下巻だって暗くて重くて終わりもはっきり見えないのに、
上巻の3倍のスピードで読み終わったことを告白します。
でも、上下巻ってほとんど同じ時間軸で進むから、
両方の動きを把握しないとどっぷりは浸かれないかもなあ。


というわけで…、あ、最後にもうひとつ。
巽はいっぺん死ね!仮に死んでももう1回死ね!ふう、すっきり。

ちょっと重いのでもう1回は読まないと思いますが、
JUNE好きで未読なら1回読んでみて損はしないと思います。
| [その他]BL以外の小説 | 23:33 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:33 | - | - |