-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『翼あるもの』(上・下)/栗本薫 | main | 金曜日不幸100%、土曜日幸福100%の確率 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『落花流水』/凪良ゆう(石原理)
あーーーーーーお休みが終わっちゃう!

明日、ピンポイントで会社のビルだけ沈下しないかな!
連休の後はいまだにそんなことを考えてしまいます。
まあ、でも、ちょっとは半強制的にやることがないと
今以上ダメ人間になっちゃう気がするので頑張ろう。

あーーーーーーでもイヤだ!(エンドレス)
なお、挙げていたGWの予定ですが、

>一般書も上下巻を1セットと、コラム集を2冊と、
>ミステリを1冊読む予定です。あとオークションで
>狙っているものが1つ…ってそんなに読めるのかな?


↑これはミステリ以外は終わりました。
オークションは忘れてて、ようやく昨日落とせました。

>昨日の予定だけで、F&B3日、JUNE全集各1日で2日、
>幸村殿1日、吉田秋生のコミックス1日、か。


↑全部ダメ!8分の2、25%ですか。
結局新刊や別の本を読んだりゲームしたりで、
あんまり読めなかったんですよね。
よおし今度の週末は!と意気込むとまたダメに
なりそうなので、心の中に秘めておこうと思います。

さて、連休最後の感想は、凪良さんの初SHYノベルスです。
花丸で言うとBLACK系でした。以下、感想です。




『落花流水』/凪良ゆう
大洋図書 (2010/4/27)
【Amazon】


☆あらすじ
自堕落な生活を送る井上一也は、ある日、
想いを寄せていた成田夏生に再会する。
一也と夏生は五年前、生徒と教育実習生という間柄だったが、
その後偶然もあり私的に仲が良くなった。
しかし、とあることがきっかけで、軽蔑と嫌悪の眼差しをむけ、
一也の前から突然姿を消した男だった。
そして今、夏生は借金を作った婚約者の妹が風俗店で
働かされそうになるのを身を挺して助けにきたのだ。
そんな夏生に、どうすることも出来ない苛立ちを感じた一也は、
借金のカタをつける代わりに、夏生に「身体」を要求する。
期限付きの関係でいい。心まで望まない。夏生が欲しい――と。

*   *   *   *   *   *   *

BLACK凪良作品で、生徒と教師ポジションというと、
『未完成』がありますが、そちらとはまた違う味付けです。

『未完成』の攻めとは違い、攻めがだいぶオトナです。
それは学校を出て、社会に揉まれているからだと思います。

一也は、夏生とチンピラのような自分の環境が
どれだけ違うのかを、身をもって知っています。
また、一途に惚れているからといってなんでもしていい、
という未成熟な勘違いをしていないから、でしょう。
公務員である夏生に墜ちてもらいたくない、
という一心で夏生を押し留めようとするのです。

しかーし、そこは焼けぼっくい。(表現が古い)
「一也の婚約が偽装」などの諸々の理由で、
どうしても手放しきれないのです。

よって、環境的に育った理性はオトナ、けれど、
感情は昔のままな年下の一途さ、その矛盾がいいのです!
凪良さんはいい年下攻めを書くなあ、うむ。


夏生は基本的に思考が堅気で、裏社会に属する
一也の意図を読めないことも度々あります。
が、しかし、基本的に善良で、
一也にやっぱり焼けぼっくいだったため、
一也への思いやりがとても深いのです。

そしてまた、一也はその夏生に惹かれて……、
落花流水のごとくいっしょに流れてゆきます。
社会的にも(一見)落ちていってしまいます。
しかし、それでもいいじゃん!幸せじゃん!と
思わせる、痛いけれど甘い過程に魅力があります。

ヤクザものといえば若頭・組長レベル、つまり、
「金持ちで違う世界の危険な男」としての
ご登場が非常に多いですよね。
そんな中、闇社会にも属し切れないチンピラが、
恋人と一緒に落ちていく過程は珍しいですが、
これはこれで、アリです。面白ければいいよね!
(あ、木原さんもチンピラでしたね。最終的に受でしたが)

落ちた後のフォローも、ちゃんとSSで書かれました。
ちなみに「金持ちで違う世界の危険な男」は、
SSの主視点かつ本編で登場する男が担当してます。
この男でのスピンオフも出るそうです。
とても気になる引きで終わっているのでそちらも
気になります。抜かりないなー…でも楽しみです。

また、改めて思いましたが、凪良さんの文章は
一文一文が短めで読みやすいですね。
(今まで書いてなかったので書く)
今回の感想はマネして短くしてみました。
えっ、長いって?……当社比です!

というわけで、年下一途攻めを満喫した1冊でした。
| [BL・小説]凪良ゆう | 22:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:24 | - | - |