-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『サンタモニカ・ボーイズタウン』(上・下)/有田万里(栗山アニー) | main | 結果、更新はこんな時間 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『50×50(フィフティ フィフティ)』/国枝彩香
今日は、え、まだ木曜日?長すぎない?
本当は金曜日で騙されてない?と
何回も自問自答した日でした。
連休前の私って、すごく頑張ってたのね……。

プロのアスリートは1日休むと取り戻すのに3日かかる、
なんてのをなにかで読みましたが、1週間休んだツケは
どのくらいで取り戻せるのでしょうか。
まあ、今日はおお振り録画を忘れないようにするとして、
ぼちぼち頑張るしかありませんな。
話が繋がってないって?ドンマイ!

さあて、久しぶりのBLコミックス感想です!
攻×攻って書いてあったのに、全然違いました。
以下、感想です。





50×50(フィフティ フィフティ)/国枝彩香
リブレ出版 (2010/5/10)
【Amazon】



☆あらすじ
イケメンリーマン・東野と川西は、高校時代から
「モテ」を競い合ってきた腐れ縁。
同時に失恋しヤケ酒をあおった夜に、勢いあまって
いたしてしまい、さあ大変!女好きの色男のはずが、
男相手に欲情なんて…有り得ねぇ!なのに、女の子を
口説いても気になるのは、やっぱりアイツのことで…
攻同士の熱いラブバトル勃発!

*   *   *   *   *   *

バカ×バカでした(褒め言葉)。
褒めてるように見えないって?読めばわかります、以上!
で終わるにはもったいない、極上のコメディでした。

二人のラブの進行具合は遅すぎる速度ですし、
ノリでいたすところはほぼ朝チュンです。
センシティブなところも特にはありません。
が、コメディだけで素晴らしく面白いです。

まず、キャラ設定からして笑えます。
あの伝説のコメディ「めぐり逢い…COSMO」とは違い、
表紙のように、ちゃんとイケメンに描かれているのに、
東野は脚フェチ、川西は巨乳フェチ、どちらも
女性の人格よりも自分フェチの部分を愛ですぎて
振られる、バカさ加減が哀れすぎて笑えるバカです。

そのうえに、10年来の腐れ縁関係がのっかります。

お互いに意地っぱりの見栄っぱりの負けず嫌い、
根っから女好きとくれば、二人のラブバトル(?)とやらは、
いっつもフラれてヤケ酒してノリでいたして不時着、
という流れです。もうこの黄金パターンだけです。

でも、その笑いは、度々登場する女性を
嫌らしく描くこともなく、誰を貶めることもなく、
すごく安定していて、純粋に楽しいです。
何にも考えないで楽しめるって素敵です。

なんで仲が続いてるのかもわからないですけれど、
現時点でもう根っこが似たもの夫婦なんですよね……。
こいつらはこうやって関係を築いてきたんだな、
と思わせる10年間の重みがあるからこそ、
安定感があるのかな。作者の力量ももちろんですけれど!


しかも、嬉しいことに、朝チュンのせいか、
攻受をまだ決定されていないとのことです。
これはバカとバカでリバ、名づけて
「リバカ」をするしかないと思いませんか皆様。

別にフィフティフィフティじゃなくても、
作者の予想のセブンティサーティぐらいでも
いいからリバカになるとうれしいな……。
それでこそ、攻×攻という看板に偽りなし、
と言えるでしょう。すみません、単なる希望です。

まだ続きがあるようなので、続きが楽しみな作品です。
無条件に笑いたいときは、オススメです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:32 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:32 | - | - |