-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 結果、更新はこんな時間 | main | 『スイートルームの恋人』/暁由宇(小笠原宇紀) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『Happy Shock!』/名倉和希(かぐやま一穂)
今月は、買う新刊が少なめなのですが、
BLラッシュのない前半は特に少ないです。

あら、来月はちょっと本代が節約できるわ、と
予定リストを作る時点では思うんですが、
そうなったらそうなったで、本が買いたくって
買いたくてしょうがなくなり、イーブクオフなどで
絶版のトンキワ本と推測できる本を
しこたま買い込んでしまうくせがあります。

どう考えても今現在人気の無い絶版トンキワを
探すなら、ネットが在庫が豊富で便利なんですもの。

若干病気じみてるなと自覚しているものの、
もう、業として諦めるしかないかな……。
というわけで日々トンデモ候補を消化するのでした。

さて、今日の感想は、料金あわせに購入した(失礼)、こちらです。
書下ろしが意外ッ!それはオネエ攻!というわけで、以下にて。





happy
『Happy Shock!』/名倉和希
ビブロス (2000/12)
【Amazon】



☆あらすじ
こんなに純朴そうな高校生がこんなにウマイだなんて…詐欺だあッ!
遊び人を自称する亜喜が予備校で出会ったのは、純情高校生・俊郎。
年上ぶって振り回していたハズなのに、こんなに
カンジさせられちゃうなんて、誰が想像できる!?

*   *   *   *   *   *

なんだかあらすじが時代を感じさせるなあ、
と手に取ってみたら中身も時代を感じさせました。
浪人生と高校生が初めての恋によって、
サルのようにやりまくってるだけです。

とくに、俊郎君。いくらやりたい盛りだからって、
会えない日は毎日3回、会える日でも先に1回、
一晩で最低3回(多いときは7回とも書いてある)って、
高校生にして腎虚になるよ!それだけやってたら、
勉強が疎かになるのもしかたないですよね…。

亜喜がカンジさせられちゃう(←イラッとくる)のも、
遠ざけられるのも、お互いに好きなせいだとわかるや、
またサルのように…と、それ以外の何でもないBLです。

いま、こういう学生ものってあるのかな…?
読んでないだけであるのかもしれませんけれど、
全体的に攻受の年齢層があがってきているから、
ある意味今は貴重なのかもしれません。


と、いうのが1〜2話めの話。重要なのは3話め、
1〜2話めに亜喜の友人以上恋人未満で登場し、
亜喜のわがままに振り回されるばかりの寺田と、
いきつけのバーのママがくっつく話です。

このバーのママがですね…オカマ攻めです。
口調はオネエだけど見た目は美青年の長髪……、
じゃなくて、口髭があって身体も逞しくて、
40歳ぐらいの、純正オカマです。

キター!と思ってしまったトンデモスキーな
自分を恥じたいですが、メインカップルよりも
よっぽど快く受け入れられるカップルなのです。

攻のママは最初こそつけ込むようにいたしてしまいますが、
かいがいしく寺田を看病したり、上げ膳据え膳で尽くしたりと、
とことんベタぼれが目に見えて微笑ましいのです。

受の寺田は、前2話でのいいひとぶりはわかっている上に、
攻だったのに強烈なママに受身にされてしまっても、
頭から拒絶せず、ちゃんと相手を理解しようと試みます。
そして、ほだされていく寺田の気持ちの描写が
緩やかで和やかで、とても心地よいのです。
メインよりむしろ私はこちらのほうが好きです。


こういったコメディ扱いでないママがちゃんと
カップリングになる作品は珍しいのでは…。
他にもあるようならぜひ教えていただきたいです。

というわけで、メインより、あらすじでは
推察できないサブが楽しい作品でした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:55 | - | - |