-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『Happy Shock!』/名倉和希(かぐやま一穂) | main | 『イノセンス―幼馴染み』/砂原糖子(陵クミコ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『スイートルームの恋人』/暁由宇(小笠原宇紀)
ほぼ10時に帰宅って、ブログを書くには遅く、
かといってすぐ寝るには早すぎる微妙な時間だなあ。

ベッドの近くに
ところで、ようやく文庫版の
『BANANA FISH』を入手しました。
「あ、入札忘れた」「あ(以下略)」と
何回も繰り返してようやくの入手です。

ANOTHER STORY は『PRIVATE OPINION』が
初読みでしたが、いいですね、師匠と弟子。
いいです。ふふ。(感想を放棄)

読み返し期間に入るので更新が滞りがちに
なるかもしれませんが、ご容赦のほどを。


さて、今日は、未読本のほうが少なくなってきた
暁作品の感想です。寂しいなあ…それでは以下にて。



さて、どちらが攻めでしょう
『スイートルームの恋人』/暁由宇
イーコネクション (2003/05)
【Amazon】





☆あらすじ
刹那的な恋を繰り返していた美貌の青年実業家・野村映雪(えいせつ)は、
初恋の相手、ピアニストの若木礼音(おさなぎれおん)と偶然再会する。
一夜限りのつもりで礼音をベッドへと誘った映雪だったが、
まっすぐな情熱をぶつけてくる年下の礼音にいつしか魅了されて、
映雪は自分の身中に眠っていた獣が目覚めるのを感じるのだった。
その一方で礼音は完成された大人の男に見える映雪に対し、
ピアニストとしても今ひとつ自信を持てず、焦りや不安を
感じずにはいられない。スイートルームで
逢瀬を重ねる映雪と礼音の恋の行方は――

*   *   *   *   *   *

あらすじで、「獣が目覚めるのを感じるのだった」と
あったので、当初は「ふむ、美貌っぽいし、
画像の上の人物が攻めで年上の野村映雪で、
下の人物が受けで年下の礼音なのね」と
思っていたら、逆でした。目覚めた獣=淫乱受で、
上が攻めの礼音、下が受けの映雪でした。

黒髪で短めの髪×茶髪で長めの髪=攻×受、
という構図を勝手に描いてしまう自分の
決め付けにちょっと反省です。


受の映雪はスマートながらいやみではなく、
事業に対する勘もよく、恋の駆け引きも
オジサマ相手に積んできただけあって達者、
そして顔が広く、年下の礼音をいくらでも
サポートできてしまう受です。出木杉だ。

対して礼音は、週に何回かバーで弾くぐらいの
ピアニストで、現実のために割り切れないような
アマチュアで、残念ながら見劣りがする攻です。

で、「そのままの君でいいんだよ、チャンスは
僕が作ってあげるからね」、なんて展開だと、
スーパー攻め様と愛される受けそのまんま、
なのですが、嬉しいことにそうはならず、
どちらも相手とぶつかって成長します。

礼音は、いい意味での貪欲さを身に着けますし、
映雪も今まで年上との割り切った恋でできた欠点を
正すことで、両方とも人間として一皮向け、
カップルとしても肩を並べようと努力するのです。

成長と対等、これは暁さんらしさと言えるのかもしれません。
極端な話、SとMの話でも、「主従」という形でみれば
上下関係がありますが、同等の格になろう、
ひたらく言えば「完璧なS」「完璧なM」として、
対等な存在になろうとしているように感じます。

そして、その成長の方法が毎回違うのが好きだから、
全部の作品を読もうとしているのかもしれません。
まあ、平たく言えば暁さんの作品は好きです!(平たすぎ)


ワキ役たちも筋(血)の通った人物が多く、
映雪の元恋人や祖母など、存在感がありました。
セリフもいちいち格好いいし……。
ジーンノベルスが、今、無いのが悔やまれます。

物語そのもののインパクトはありませんでしたが、
落ち着いた穏やかな作品でした。
| [BL・小説]暁由宇 | 01:21 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:21 | - | - |