-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『スイートルームの恋人』/暁由宇(小笠原宇紀) | main | 変化したもの、しないもの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『イノセンス―幼馴染み』/砂原糖子(陵クミコ)
睡眠時間は八時間が理想です、とはいうけれど、
0時に帰って来たらもうダメじゃんね……。

ご飯食べてシャワー浴びてもろもろ片付けて、
バナナフィッシュ読んだら2時じゃない!
や、そこでバナナフィッシュ読んじゃうのが
間違いだとは理解してるんですが、止まらないんですよねー。

1日1冊で止めるように努力してたんですが、
面白いわ、やっぱり。というわけで予告どおり、
ただいま絶賛読み返し中です。本日3週目開始です。

さて、今日の感想は砂原さんの新装版作品です。
旧版も人から借りていたのに、読まずに
新装版を買って読んでしまうだなんて…、
月日は早く過ぎるものだなあ。(しみじみ失礼)

無垢って諸刃だなと思った作品でした。
それでは以下にて。




『イノセンス―幼馴染み』/砂原糖子
幻冬舎コミックス (2010/5/17)
【Amazon】



☆あらすじ
小さな頃からずっと、乃々山睦(むつみ)の好きな人は、
幼馴染みの来栖貴文。高校卒業間近になっても
真っすぐそう主張する睦に友達は困ったように笑うが、
何故なのか睦にはわからない。女の子とのキスを目にして、
自分もしてほしいと懇願する睦に来栖は…。
来栖が上京する春、会えないまま過ぎてゆく月日、そして――

*   *   *   *   *   *

タイトルどおり、無垢というものが中心にあって、
それをとりまく汚いものときれいなものを
同時に見せられたような気がします。

受けの睦は、軽い知的障害のようで、
いつまで経っても子供っぽく純粋です。
いわれのない拒絶を受けたり、利用されても、
なぜそのような悪意を受けるのか気づけません。
そんな彼は幼なじみのクルちゃん(来栖)がずっと好きで、
その気持ちは揺るがず、まさに無垢そのものです。

で、その無垢自体に罪はないのですけれど、
まず、汚れた私には共感しにくいです。
気持ちは秋の空よりころころ変わるし、
人を恨むわ処世術で表面に出さないわ、
お金は欲しいし休みは欲しいし本は(以下略)。
なんにせよ共感とは程遠いのです。

そして、彼が無垢であるからこそ、
目の前に現れる人間の本性が丸見えです。
高校時代に話しかけてきた女性の身勝手さ、
来栖の婚約していた女性の世慣れた黒さ、
高校生の時のクルちゃんの弱さと狡さ、
嫌なところに睦よりは自分に近いものがあることは
否定できず、苦々しい気持ちになってしまいました。

これだけだったらとても読み進める気には
なれなかったと思いますが、ただ、
きれいなものも同じぶん、輝いています。
共感は出来ずとも疑いようのない純粋な睦の言葉、
傷つけて傷ついても純粋さに結局は
惹かれざるをえない来栖の感情、
これらにはがつんとやられてしまいました。
ちょっと危ない人になりそうでした。

アッシュにとっての無垢な英二のように、
諸刃の剣でも来栖にとって睦は欠かせないものなのね…と
勝手にオーバーラップして考えてしまいました。

ま、英二の無垢さとは質が違いますけれどもさ、
強く優しくなれたり、救済にもなるって
ところは同じじゃない…なんてことを考えたりして。


それにしても、『スリープ』で知りましたけれど、
砂原さんは昔から際どいラインを行ってたんだなあ。

ハッピーエンドへ繋げる展開は見事だし、
切ないけどもやっとした何かがよぎります…。
けれど読んでしまう、そんな力のある作品でした。
| [BL・小説]砂原糖子 | 23:35 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:35 | - | - |